子供ができない時のスピリチュアルな意味とは?不妊はカルマの法則?

スピリチュアル

結婚すると、子供が欲しいと思う人も少なくはありません。

しかし、世の中にはすぐに子供を授かる女性もいますし、なかなか子供ができなくて不妊症に悩んでいる女性も多くいます。

子どもが欲しいと思っているのに、なかなか子宝に恵まれない時には、どうしてできないんだろうと落ち込んでしまいますよね…。

子供がなかなか授からない場合も、実はスピリチュアル的に関係しているようなのですが、どのような意味があるのでしょうか?

ここでは、

・子供ができない時のスピリチュアルな意味とは?
・不妊はカルマの法則?

これらについてお伝えしていきます。

妊娠に対するスピリチュアルな意味

不妊で悩む人は多いですが、不妊にはスピリチュアルな意味があるようです。

ここではまず、妊娠とスピリチュアルな関係についてお伝えしていきます。

 

子どもから親へ気づきを与える

妊娠することで、子供になる魂が親へ気づきを与える役割を果たします。

子供を授かることで親となり、これまでの視点では気づくことができなかった物事に出会い、新たなスタートを踏み出します

子どもを授かるという事は、人生の新たな試練と言うわけですね。

親としての新たな試練を受け入れる体制を作ることで、自然と子宝に恵まれるようになります。

子宝に恵まれないことを自分自身を責めるのを止め、自然体で充実した生活を過ごしましょう。

 

過去世での魂同士の約束

母体と子供の魂は、実は過去世でつながっていることが多いと言われています。

過去世では恋人同士だったのか、親子だったのかなんらかのつながりを持っている者同士、来世でも一緒になろうと約束をしているとも言われています。

または、過去世で2つの魂が来世で親子として生まれる約束をし、お互いに決められた時期に妊娠する形で再び出会うのです。

妊娠は自然とするものとも言われていますが、過去世の魂同士によって妊娠は決められていることもあるんですね…。

 

子どもが出来ない時のスピリチュアルな意味とは?

妊娠に対してのスピリチュアルな意味についてお話ししましたが、ここでは不妊にもスピリチュアルな意味があるという事についてお話していきます。

妊娠していないこととスピリチュアルとどんな関係があるのでしょうか。

 

別の使命がある

妊娠、出産をすると、親として子供を立派に育て上げるという使命が出来ます。

しかし、子供を望んでいるのに子宝に恵まれない場合には、スピリチュアルな観点から見ると、「子育て」とは別に使命があると言われています。

 

過去世で出会ったことのない魂とのご縁

これから妊娠する魂とは、過去世で出会ったことのない、新たなご縁であるため、引き寄せられるまでに時間がかかってしまうと言われています。

より2つの魂のご縁を引き寄せるために、全国各地にある自分に合った子宝に関する神社などをお参りすることも一つの方法です。

しかし、お参りする際に執着する気持ちを強く持ちすぎると、返って引き寄せられにくくなってしまうので広い心で待っている感じで構えているといいかもしれませんね。

 

親側にフィルターがかかっている

今妊娠できないスピリチュアル的理由の1つに、親側が潜在意識の中で不安な気持ちが大きく、顕在意識の中でいくらほしいと願っていても、潜在意識の中では拒否反応を示しているのです。

自分自身の幼少期に、親との良い思い出がない場合や、自己肯定感が低い場合など、様々な新しい出来事を無意識のうちにブロックしてしまうのです。

今まで不幸だった自分はこの先本当に幸せになっていいのだろうかと言う気持ちが大きく、幸せになりたいと思っていながらも、幸せになることを自分で受け入れていないんですね。

また、親から愛情を十分に受け取ることが出来なかった人は、自分の子供にちゃんと愛情を注ぐことが出来るのかなど、子供との接し方に不安になることもあるでしょう。

幸せを受けることに資格なんてありません!自分自身が幸せを受け入れる許可をすることで、波動が上がり、これまで叶わなかった願望もどんどん実現へと向かっていくことでしょう。

 

不妊はカルマの法則?

不妊に至る原因にはカルマの法則が深く関わっていると言われています。

カルマの法則とは、自分が行ったことが自分に返ってくることを言います。

いい行いをすればいいことが返ってくる、悪い行いをすれば当然悪いことが返ってきます。

不摂生のような生活習慣に問題があるケースや、過度のストレス、子宝を授かることへの大きな不安など、不安に思う事もまた自分に返ってきます。

なかなか子宝に恵まれないと悩んでいる人には、一度自分のこれまでの生活習慣を見直してみるといいでしょう。

その中からおのずと何かが見えてくるのではないかと思います。

不妊の原因をカルマの法則で探っていくうちに、前世の記憶やエネルギーが深く関与しているという事に繋がるんですね…。

また、2人目がなかなかできず、2人目不妊と言う言葉もよく耳にします。

2人目の不妊についてもスピリチュアルと何やら関係が深いようですが、どんな意味合いがあるのでしょうか。

 

2人目不妊とスピリチュアルな関係

2人目の不妊は、1人目の不妊の時とは意味合いが変わっていきます。

1人の時はすんなりと子宝に恵まれたのに、2人目はなかなか授からなかったと言う事はよく聞きます。

身体的に大きな問題がある可能性は低く、過去世で子育てに苦労したことが原因だと考えられています。

子どもが多く、1人1人としっかり向き合うことが出来なかったなど、子育てにおいて過去世の魂が後悔をしていて、来世では多くは望まないでおこうと決めてしまうのです。

1人の子どもへの育児に専念できるように、来世で生まれ変わる時に自分の中で決めているんですね!

とは言え、2人目の不妊の原因は必ずしも過去世に原因があるというものではなく、何かしらの原因があることも考えられるので、原因を追究してみるのもいいかもしれませんね。

 

子供ができない時のスピリチュアルな意味とは?不妊はカルマの法則?まとめ

今回は、「子供ができない時のスピリチュアルな意味とは?不妊はカルマの法則?」についてお伝えしました。

不妊で悩んでいる時は辛い日々が続いていると思います。

しかし、不安な気持ちでいると、全てにおいてマイナスな考え方に繋がり、余計に妊娠しにくい体になってしまいます。

心身共に健康下いなければ子宝を授かったとしても大変だと思うので、常にポジティブな気持ちでいるように心がけるようにしましょう。

今この瞬間を精一杯明るく生きていることで魂はどんどん磨かれていき、毎日が充実して過ごすことが出来るようになってきます。

すると、本来引き合わせられる魂を引き寄せやすくなり、子宝にも恵まれる可能性が高くなるのではないかと思います。

スピリチュアル
Good Mix

コメント

タイトルとURLをコピーしました