ちむどんどんはいつの時代設定?時代背景とモデルはいるの?

ちむどんどんはいつの時代設定 ちむどんどん

2022年4月11日からスタートをする、NHN朝の連続テレビ小説・第106作目「ちむどんどん」。

「ちむどんどん」は沖縄の本土復帰50年を記念し制作をされていますが、どのような時代設定やストーリーなのか気になりますね?

そこで今回は「ちむどんどん」の

・言葉の意味は?
・モデルはいる?
・時代設定や時代背景

について調べてみました!

キョウ
キョウ

つい、口に出して言いたくなる言葉「ちむどんどん」!どんな物語なのか気になるよね!

ちむどんどんの意味って?

タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄方言で「胸がワクワクする気持ち」を表します

「ちむ」は「肝」という言葉がなまった言葉です。

「肝」とは、心情や情などのことを指します。

そのため、「ちむ」の後ろに「どんどん」を付けると胸が高鳴る様子を表して、胸がドキドキする(心臓がバクバクする)という意味に!

沖縄では幅広い年代が知っている有名な言葉のようですね♪

 

ちむどんどんにモデルはいるの?

「ちむどんどん」の主人公・比嘉暢子さんにモデルは存在するのでしょうか?

結論として、モデルは存在しないキャラクターであり脚本もオリジナルです。

作家・羽原大介氏の脚本によるオリジナル作品で、2014年度後期の『マッサン』以来2作目となります!

 

ヒロインは女優の黒島結菜さんで、オーディションを行わずに直接のキャスティングで選ばれました。

黒島結菜さんは、沖縄出身なのでヒロインを瑞々しく演じてくれることに期待が高りますね!

キョウ
キョウ

はつらつとした印象の黒島結菜さんにぴったりの役だね!

 

ちむどんどんはいつの時代設定?

「ちむどんどん」はいつの時代設定なのでしょうか?

ドラマのあらすじは、以下のようになります。

沖縄県の北部・やんばる地方のとあるひなびた村にて、サトウキビ農家の次女として生まれた比嘉暢子はすくすくと育っていく。
暢子は本土復帰となる1972年に高校を卒業すると、上京してレストランで修行に励み、そこである男性と運命の出会いをする。
彼女は沖縄料理に夢をかけ、東京の地で奮闘していく。

 

ヒロインの比嘉暢子さんが産まれた1954年はまだ沖縄はアメリカ施政権下にありました

1972年、沖縄が本土復帰を果たした年に東京で働き始めると説明されています。

キョウ
キョウ

沖縄県の北部・やんばる地方ですくすくと元気に育つところから始まるんだね!綺麗な沖縄の自然を見れるのは楽しみだな~!

 

ちむどんどんの時代背景は?

「ちむどんどん」の時代背景はどうでしょうか?

ドラマの時代設定、1970年代は高度経済成長期の後半にあたります

日本では、このような出来事が起こっていました。

・大阪万博を開催。
・団塊ジュニア世代と呼ばれる第二次ベビーブームが発生。
・電子レンジや電動ミシンなどの電化製品が発売。
・オイルショックによってインフレが起こる。   など……

経済的にも人口的にも大きく発展をした時代ですが、その後勢いは失速していきます。

 

沖縄が本土復帰したことで東京に移住をした比嘉暢子さん。

「時代背景的に苦労を強いられながらもたくましく生きていく様子を描かれるのでは?」と予想をします!

 

ちむどんどんはいつの時代設定(背景)?どんな話でモデルはいるの?まとめ

今回は「ちむどんどんはいつの時代設定(背景)?どんな話でモデルはいるの?」について書きました。

【「ちむどんどん」って?】
・沖縄方言で“胸がワクワクする気持ち“という意味。
【モデルはいる?】
・いない。ヒロインも脚本もオリジナル。
【時代設定】
・1954年はまだ沖縄はアメリカ施政権下。1972年に沖縄が本土復帰。
【時代背景】
・1970年代、日本は高度経済成長期の後半。

「ちむどんどん」は、沖縄で育った主人公・比嘉暢子さんが料理人を目指して東京で奮闘をするドラマとなっています。

朝ドラらしく、前向きで明るいエネルギーをもらえそうな作品になりそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました