チョコザップとエニタイムを比較!どっちがいいのかコスパ調査!

フィットネス

運動不足を解消するために、スポーツジム通いを検討されている方も多いのではないでしょうか?

24時間営業のジムで、大きなシェアを獲得しているチョコザップエニタイム

今回は、この2つのスポーツジムを徹底的に比較してみました。

チョコザップとエニタイムに関して、

・それぞれの特徴
・料金の比較
・設備の比較
・口コミの比較

についてまとめて紹介します。

コスパはどっちが良いのかも解説しますよ!

キョウ
キョウ

2つのジムは何が違うのかな?

\ 簡単なアプリ登録 /
▼24時間・全店舗利用可能

chocoZAP ジム&家トレアプリ!理想の身体と健康習慣

chocozap ジム&家トレアプリ!理想の身体と健康習慣
開発元:RIZAP株式会社
無料
posted withアプリーチ

▲今なら入会金・事務手数料が無料▲

 

チョコザップとエニタイムの違いは?

簡単にまとめると、

・チョコザップ…初心者向け
・エニタイム…アスリートや運動が習慣になっている人向け

といった違いがあります。

チョコザップとエニタイムは、コンセプトが全く違うジムなんですよ!

さっそく、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

チョコザップの特徴

チョコザップは、CMでもおなじみのRIZAPが監修している24時間営業のスポーツジムです。

1日5分のちょいトレ習慣」というコンセプトのジムで、軽い運動やストレッチの習慣を作りたい人がターゲットになっています。

専用のアプリで入会や退会ができるので、気軽に始めることができそうですよね。

QRで入退室ができ、店舗は無人になっていますよ。

 

エニタイムの特徴

エニタイムは、アメリカで誕生したフィットネスクラブです。

日本でも1,000を超える店舗があり、アスリートやボディビルダーだけでなく、一般の人も通えるジムとして急速に人気が広まっているんですよ。

スタッフがマシンの使い方を教えてくれるため、初めての人でもしっかりとトレーニングをすることができます。

初心者のフィットネスから、プロのアスリートなどの本気のトレーニングにも対応しているのが、エニタイムです。

 

チョコザップとエニタイムの料金を比較

チョコザップとエニタイムは、どちらも初期費用と月額の料金がかかります。

料金システムを比較すると、以下の通りです。

チョコザップ エニタイム
月額料金 3,278円(税込) 8,000円前後
(店舗により異なる)
初期費用 入会金2,000円+事務手数料3,000円 セキュリティキー発行手数料5,500円
支払い方法 クレジットカードのみ クレジットカード
口座振替

エニタイムは店舗ごとに設備やサービスが異なるため、料金も変わるようです。

初期費用も少しチョコザップの方が安いですが、月額料金がエニタイムの半分以下ということがわかります。

キョウ
キョウ

料金はチョコザップの方が断然安いんだね!

 

チョコザップとエニタイムの設備を比較

それぞれのジムの設備を比較して見てみましょう。

チョコザップ エニタイム
鍵付きロッカー ×
シャワー ×
トイレ
パーソナルトレーナー ×
セルフエステマシン ×
セルフ脱毛マシン ×
更衣室
無料Wi-Fi
駐車場・駐輪場 ×

△は、店舗によるという意味です。

自由に使えるオープンロッカーはどちらのジムにもありますが、鍵付きのロッカーやトイレ、シャワーなど、しっかり時間を取って運動したい場合に必要な設備は、エニタイムの方が充実しています。

使えるマシンの種類も、エニタイムの方が豊富です。

ただし、全てを使いこなすのは難しいようですね。

一方のチョコザップは、セルフエステやセルフ脱毛の機械が使えるのが大きな特徴ですよ!

 

\ 簡単なアプリ登録 /
▼24時間・全店舗利用可能

chocoZAP ジム&家トレアプリ!理想の身体と健康習慣

chocozap ジム&家トレアプリ!理想の身体と健康習慣
開発元:RIZAP株式会社
無料
posted withアプリーチ

▲今なら入会金・事務手数料が無料▲

 

チョコザップとエニタイムの口コミを比較

チョコザップとエニタイムは、どんな人が利用しているのでしょうか。

それぞれの口コミを比較してみましょう。

チョコザップは、初心者でも始めやすいと評価している声が多く見られました。

エステの機械を使えるのも良いポイントですよね。

着替えずにトレーニングすることができ、スーツと革靴のままでも通えるのも高評価のようでした。

 

エニタイムの口コミを調べてみると、マッチョな方々のトレーニング報告が多く見られました。

地域や店舗にもよるのかもしれませんが、本格的にトレーニングしている人が多い印象です。

やはり、多くの種類のトレーニングマシンが魅力になっているジムですね。

 

コスパが良いのはどっち?

ここまで、チョコザップとエニタイムの違いについて解説してきました。

単純に月額の会費が安いという意味で、コスパが良いのはチョコザップです。

 

・ジムに通うのが初めて
・1人で短時間のトレーニングをしたい
・セルフエステやセルフ脱毛マシンに魅力を感じる
・仕事終わりに気軽にトレーニングをしたい

という方には、チョコザップがおすすめです。

 

・多くのマシンを試してみたい
・トレーニングの後はシャワーに入ってから帰りたい
・トレーナーに色々と教えてほしい
・トレーニング経験者でがっつり通いたい

という方には、エニタイムがおすすめですよ。

自分に合ったジムを選択すると良いでしょう。

 

チョコザップとエニタイムを比較!どっちがいいのかコスパ調査!まとめ

今回は、チョコザップとエニタイムを比較し、どちらの方がコスパがいいかについて書いてきました。

・チョコザップ…料金が安く、セルフエステなどもできるジム
・エニタイム…料金は比較すると高く、様々な設備やマシンが充実しているジム

といった特徴がそれぞれあります。

ジム初心者の方には、アプリから入会できるチョコザップがおすすめです。

どちらの方が自分にとってコスパがいいかを考えて、ぜひジムに通ってみてはいかがでしょうか。

 

\ 簡単なアプリ登録 /
▼24時間・全店舗利用可能

chocoZAP ジム&家トレアプリ!理想の身体と健康習慣

chocozap ジム&家トレアプリ!理想の身体と健康習慣
開発元:RIZAP株式会社
無料
posted withアプリーチ

▲今なら入会金・事務手数料が無料▲

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました