カウコンが当たりやすいfcは?当選確率を上げる方法はある?

カウコンに当たりやすいファンクラブ ジャニーズ

ジャニーズカウコン2021→2022が開催されます。

一年越しの開催ともあって、ファンとしてはなんとしても行きたいですよね。

一方で、カウコンはその当選倍率の高さでも有名。
なんとかして当選確率を上げる方法が知りたいところです。

そこで、今回は、カウコンの当選確率を上げる方法についてご紹介します。
カウコンが当たりやすいfcはどこかもまとめていきますよ!

ジャニーズカウコン2021→2022の当選倍率は?

ジャニーズカウコンの倍率は100倍以上になると考えられます。

以上の数字は歴代のカウコンの倍率を考慮しての数字ですが、どうしてそのように考えられるか、一緒に見ていきましょう。

まず、歴代のカウコンの倍率は以下のとおりです。

2019年開催 2019-2020 53.29倍

2018年開催 2018-2019 75倍

※2020-2021は新型コロナウイルス感染症対策のため中止

歴代のカウコンから考えれば、倍率は50倍から70倍程度になりますね。

ただし、今回の開催は新型コロナウイルス感染症対策のため、大規模イベントの人数に規制が入ります。

具体的には、大声の声援等が想定されるイベントは収容定員の50%以内で行うようにとされているんです。

つまり、収容人数は例年の半分。
単純に、もともと50倍〜70倍程度の倍率は二倍になり、100倍〜140倍程度になるということですね。

50倍程度でもかなりの高倍率ですが、これが100倍を超えるとかなり当選確率は低くなってしまうように思われます。

ジャニーズカウコンが当たりやすいfcってあるの?

グループ枠というのがあるらしく、グループごとにまんべんなく当選するよう、人数を調整することをいいます。

グループによってファンの人数に偏りが生まれないように、という考えから、こうした枠が設けられるんですね。

カウコン2021-2022でグループ枠があるのかについては、現時点では不明です。
あくまで噂の域を出ません。

ただ、上記のように、グループごとのファンに偏りが生まれないための対策として、このグループ枠を設けている可能性は十分あります。

もしこのグループ枠があるとすれば、会員数が少ないfcの名義で購入した方が、当選確率は高いことになります。

自担とは違うfcの名義で購入することも、当選確率を上げる一つの方法のようです。

ジャニーズカウコンのfcごとの倍率

通常55000人収容のところ、新型コロナの関係でその半分の27500人が収容でき、各グループで同じ人数が当選すると仮定します。

2人に1人申し込みをしたと仮定して倍率を出しました。
なお、会員数については、あくまで目安として参考にしてください。

グループ 会員数 倍率
KinKi Kids 596,000 10.84
NEWS 393,000 7.15
関ジャニ∞ 750,000 13.64
KAT-TUN 254,000 4.62
Hey! Say! JUMP 672,000 12.22
Kis-My-Ft2 549,000 9.98
Sexy Zone 400,000 7.27
A.B.C-Z 78,000 1.42
ジャニーズWEST 393,000 7.15
King & Prince 743,000 13.51
sixTONES 440,000 8.00
Snow Man 568,000 10.33
なにわ男子 233,000 4.24
ジャニーズJr. 1,350,000 24.55

fc会員数の多い関ジャニ∞やKing&Princeはかなりの高倍率になっていますね!

ただし、逆にこの事実を知っているファン同士で、fc会員数の少ない名義から申し込むと倍率は上がるかもしれません。

意外と戦略が大事なのかも知れませんね。

カウコンが当たりやすいfcまとめ

カウコンの当選確率や、当たりやすいfcについてまとめてきました。

もしグループ枠があるとすれば、fcによって当たる倍率は大きく変わってきますね。
一方で、会員数の少ないfc名義で申し込みが殺到すれば、それ以上に倍率が高くなる可能性もあります。

今回の記事が、カウコンチケットを獲得するための参考になれば幸いです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました