冷凍カニがスカスカなのはなぜ?中身のない蟹の見分け方や購入時期!

カニ通販

カニ好きの方の中には、お正月に向けてカニの購入を考えている人も多いのではないでしょうか。

カニは食卓に上がるだけで、一気に豪勢になり気持ちも高まりますよね。

しかし、いざ食べようとする冷凍カニの中身がスカスカだった!という経験はありませんか?

 

スカスカなカニはなぜ存在するのでしょうか?

また、購入時にスカスカなカニを見分ける方法や、身が詰まった旬の時期はあるのでしょうか。

ぎっしり身が詰まった旨味たっぷりのカニを買えるように、カニの見分け方や購入時期をまとめました。

カニ購入で失敗したくない方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね!

 


カニをお求めなら、カニ通販人気No.1の「 かに本舗 」選べば間違いないです!
10L〜8Lの特大ズワイガニは圧巻!
年末年始は美味しいカニをたらふく食べましょう!

 

冷凍カニはスカスカなの?

冷凍カニは本当にスカスカなのでしょうか?

ここでは、冷凍カニが実際にスカスカだったという方の口コミをまとめてみました。

このように、実際スカスカなカニに遭遇した方もいるようですね!

ではなぜ、スカスカなカニが存在するのでしょうか?

そこには、カニの生態に理由があるようですよ。

 

スカスカなカニがあるのはなぜ?

カニの殻を剥いたら、中身がスカスカということがありますよね。

これはいったいなぜなのでしょうか?

その理由は、カニの生態にありました。

カニは半年以上の時間をかけて、脱皮を繰り返しながら成長をしていきます

脱皮をするには長時間かかり、体力を奪われやせ細っていくそう。

そのため、脱皮直後のカニはスカスカであるということのようです。

 

ちなみに脱皮直後のカニのことを「若ガニ」と呼びます。

反対に脱皮から時間が経ち、身が詰まったカニを「堅ガニ」と呼びます。

つまり買ってきたカニをいざ食べようとしたときにスカスカだった場合、この若ガニという可能性が高いですね。

若ガニの方が違った甘味を味わうことができると、好んでいる人も一部いるそうですよ!

 

中身のないカニの見分け方とは?

若ガニをあえて食べたい!という人でない限り、せっかくカニを食べるならしっかりと身入りのいいカニを購入したいですよね。

そんな時に役に立つ、若ガニを購入時に見極める方法があるって知ってましたか?

 

カニが脱皮してから時間が経っていない場合、カニの甲羅は実は柔らかい状態。

なので甲羅部分を軽く押してみて、硬さがないカニは若ガニだと見分けることができますよ。

またスカスカ具合を見たい場合は、一番太い脚を掴むと身が入っていないような柔らかさを感じることができます。

ただ上記の見分け方は、実際に触れるカニにのみ限り使える技ですね。

 

見た目で判断するには、カニの甲羅にフジツボやカニビルの卵がついているという点です。

これらは堅いものに付着する生物なので、フジツボなどがついている場合は堅ガニと判断できますよ。

 

ネットなどで買う場合に見るポイントとしてはランク表記に注意しましょう。

カニのランクには大きさを表すS、M、Lという表記のほかに、「特」という表記が存在しています。

堅ガニは極上ガニであり、1特~4特に振り分けられているんです。

この数値が高いほど、実入りがよく品質の良いカニということになります。

3特~4特あたりを購入すれば、スカスカなカニということはないでしょう!

 

身入りのいいカニを買うのにおススメの時期は?

カニは種類によって脱皮時期が異なります。

そのため、カニの種類によって身入りのいいシーズンに違いが出てきますよ。

いくつかのカニのおススメシーズンをご紹介しますので、購入時期の参考にしてみてくださいね。

タラバガニ 4月~5月、11月~2月
毛ガニ 12月~2月ごろ
ズワイガニ 11月~3月

 

タラバガニのおススメシーズンは、1年に2度あることがポイントです。

毛ガニが最もおいしいシーズンは12月~2月ごろですが、1年を通して異なる産地で収穫が可能なのでオールシーズン美味しく食べることができます。

ズワイガニは雄と雌でおいしいシーズンが異なり、雌のズワイガニは11月~1月と少し短くなっています。

 

カニ選びで失敗しない通販3選!

カニ選びで失敗するとガッカリしますよね。

そこで品質のいいカニを安心して買える通販を3つご紹介します!

・かにまみれ
・北国からの贈り物
・北海道網走水産

かにまみれ

かにまみれはYahoo!ショッピングで、「毛ガニカテゴリ」デイリーランキングで第1位になるなど、とても人気のある通販ショップです。

鮮度・身入りに自信を持っており、足し脚などもないため重量もきちんと保証されています。

ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ・花咲ガニの4大カニセットを販売しています!

生商品・ボイル商品に分かれているので、食べたいカニ料理で選ぶことが可能ですよ。

 

>>「かにまみれ」のカニを見にいく

 

北国からの贈り物

北国からの贈り物では、フジツボつきの堅ガニなど厳選したカニのみを仕入れています。

自宅用、贈り物用、食べ比べなど目的に応じて探すことが可能です。

量から選ぶこともでき、なんと4.8kg(10-15人前)の食べ比べセットもありますよ!

 

>>「北国からの贈り物」のカニを見にいく

 

北海道網走水産

網走水産は、昭和51年創業、通販実績40年以上の安心できる会社です。

北海道各地から品質のいいカニを買い付け、可能な限りのコスト削減を目指し、高品質低価格を実現!

食べ比べセットも販売していますし、他の海産物も絶品。

おせちセットもあるので、お正月の料理をすべて買いそろえることもできてしまいそうです!

 

>>「北海道網走水産」のカニを見にいく

 

冷凍カニがスカスカなのはなぜ?中身のない蟹の見分け方や購入時期!まとめ

今回は、「カニがスカスカなのはなぜ?中身のない蟹の見分け方や購入時期!」についてまとめてきました。

スカスカなカニは原因は、脱皮の影響だったのですね。

最後に見極めのポイントをおさらいしておきましょう。

・甲羅部分を軽く押してみて、硬さがないカニは若ガニ
・スカスカなカニは、一番太い脚を掴むと身が入っていないような柔らかさを感じる
・甲羅にフジツボやカニビルの卵がついているカニは、堅ガニ
・「特」表記がされている商品を探し、3~4特は高品質の堅ガニ

せっかく豪勢なカニを食卓に並べるのなら、これらの情報を駆使してなるべく身がぎっしりつまったおいしいカニを食べたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました