DeFiはやめとけとなぜ言われる?仮想通貨のやり方やメリットは?

DeFiはやめとけとなぜ言われる Crypto

最近よく耳にする「DeFi(ディーファイ)」とは何のことなんでしょうか。

DeFiは、仮想通貨を利用した新たな金融サービスです。

「怪しい」「やめとけ」という声もあるようですが、なぜそのように言われるのでしょうか?

今回は、DeFiについて調査し、

・DeFiとは何なのか
・メリット
・デメリット
・始め方や稼ぎ方

について解説していきます。

キョウ
キョウ

簡単に始められるのかな?

 

DeFiとは何なのか解説!

DeFi(ディーファイ)とは、「Decentralized Finance」の略称で、中央管理者を必要としない「分散型金融」と言われる新しい金融サービスのことです。

これの対にあるのがCeFi(Centralized Finance)で、「中央集権型金融」。

銀行や証券会社、保険会社といった、我々がこれまで利用していた金融機関はこのCeFiで、お金や仮想通貨を中央集権者に預け、それをサービスを運営している会社自体が管理して融資や投資などが行われるという仕組みです。

 

DeFiでは、金融資産を管理する中央集権システムを必要とせず、無人のシステムによって管理されています。

これによって、非常に自由度が高く、これまでになかったサービスが生まれているのです。

新しい領域だからこそ、一獲千金のチャンスがごろごろ転がっているとも言えるかもしれません。

現在は、開発の容易さからほとんどのDeFiアプリケーションはイーサリアムのブロックチェーンを基盤として構築されています。

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。

 

DeFiのメリットは?

DeFiのメリットや人気の理由を簡単に紹介していきます。

今回紹介するメリットは以下の通りです。

・手数料が安い
・本当の意味での資産管理
・世界中で利用可能

 

手数料が安い

DeFiでの取引は、ブロックチェーンを利用することで、当事者同士で直接行われます。

金融機関などの仲介が必要がないため、不要な手数料が発生せず、取引のコストを下げることに繋がります。

また、DeFi上で資金を貸す場合にも、手数料がかからない分だけ高い金利を受け取れる可能性があります。

ただし、

・手数料はDeFiのサービスによって異なる
・取引時に、既存の金融機関では支払う必要がなかったガス代(イーサリアムなど仮想通貨を使う時にかかる手数料)が発生する

といった点には注意が必要です。

 

本当の意味での資産管理

DeFiは中央管理者がいない金融サービスです。

普段は意識していませんが、CeFiは本来、預けた資産を管理者が管理して運用するという仕組みです。

滅多にないものの「預金封鎖」などで預けたお金が引き出せなくなったり、悪質な仮想通貨の取引所が顧客の資産を持ち逃げするというケースもあります。

DeFiではそもそも資産を預ける必要がなかったり、預けるのが無人のシステムなので、自分の意志決定のままに資産管理ができます。

資産を預けることによるリスクが極めて少ないのがメリットのひとつです。

 

また、管理者が自分であり当事者同士でのやり取りが可能なため、24時間365日リアルタイムで取引することができます。

価格変動によるリスクを小さくできるというメリットもありますよ。

 

世界中で利用可能

DeFiは、金融機関などを通さずに取引が可能です。

地域に左右されず、インターネットさえあれば取引ができるという点もDeFiのメリットです。

アフリカなど、これまで銀行口座を持てなかった人が多く住む地域でも、仮想通貨取引が普及しています。

 

DeFiはやめとけと言われる理由やデメリットは?

一方で、DeFiにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

始める前には、しっかりとリスクについても把握しておきたいですよね。

今回紹介するデメリットは以下の通りです。

・補償制度無しの自己責任
・バブル崩壊のリスク
・参入障壁が高い

補償制度なしの自己責任

DeFiでは、システム障害などのバグやミスなどで起こったトラブルは、全て自己責任となります。

CeFiでは、金融機関などの運営者が一定の補償制度などを設けることが多いですが、管理者のいないDeFiにはそういった補償制度は無いというリスクがあることを認識しておきましょう。

 

DeFiはまだまだ発展途上であり、まだまだ新しいものが生まれています。

そんな中、ハッキングの被害も少なからず発生しているようですね。

サービスのハッキング被害を予防することは難しいですが、そういったリスクを認識したうえで商品を選ぶことをおすすめします!

キョウ
キョウ

まずは少額のお金から扱ってみるのがいいね。

 

バブル崩壊のリスク

DeFiは仮想通貨や暗号資産業界で注目を集めている金融サービスですが、まだ歴史は浅いサービスです。

今後大きなトラブルが起こったり、バブルがはじけて利用者が一気にいなくなってしまい資産価値が急激に下がるといったリスクがあります。

 

参入障壁が高い

覚えてしまえば、決して参入障壁が高いことはないのですが、よくわからないものは不安になりますよね?

DeFiを始める際にはウォレットを作成したり、海外の仮想通貨取引所を利用したりと、最初はとっつきにくいと感じることが多いと思います。

ですが、勉強しておいて損はないので、少しずつでも始めて見ることをおすすめします。

実際にDeFiで稼いでいる人も、最初は何もわからないところからスタートしてますからね!

 

DeFiの始め方や稼ぎ方!

DeFiで稼ぐ方法としては、

・「流動性マイニング」…仮想通貨を預けてDeFiのサービスに流動性を提供する見返りとして報酬を受け取る
・「レンディング」…持っている仮想通貨を貸して利息を受け取る

などがありますが、仮想通貨初心者にとっては、必要となる知識量も多いため難しい方法です。

 

比較的始めやすいのは、DeFi関連の銘柄に投資をするという方法。

DeFi市場が拡大すれば、DeFi関連銘柄の価値が上がる可能性は高いという考え方です。

その中でも、仮想通貨イーサリアムは、国内最大級の仮想通貨取引のCoincheck(コインチェック)で取り扱いがあるので特におすすめですよ。

コインチェックでは、最低約500円から購入することができます。

慣れてくれば、他の仮想通貨取引所での購入などで仮想通貨の知識を付け、保有している仮想通貨を分散型取引所内で運用してみるのが良いでしょう。

 

DeFiはやめとけとなぜ言われる?仮想通貨のやり方やメリットは?まとめ

今回は、DeFiについて、メリットとデメリット、やめとけと言われる理由ややり方について書いてきました。

DeFi(ディーファイ)とは、中央管理者を必要としない「分散型金融」と言われる新しい金融サービスのこと。

・手数料が安い
・本当の意味での資産管理
・世界中で利用可能

といったメリットがありますが、その分トラブルが全て自己責任になってしまうなどのリスク・デメリットがあります。

まずはコインチェックなどの国内取引所でイーサリアムといったDeFi関連銘柄を購入するのが簡単ですが、慣れてくればDeFi内で仮想通貨取引を行ってみてはいかがでしょうか。

Crypto
しゅとブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました