共働き夫婦の生活費の平均はひと月どのくらい?しっかりとお金を貯めるコツを紹介

お金

近年共働きの夫婦が増えてきていますが、実際に共働き夫婦のひと月の生活費はどのくらいなのでしょうか。

1人で働いている家庭よりはお金を貯めることはできると思いますが、しっかりと貯金はできていますでしょうか。

僕は圧倒的に共働きを推奨する側の人間ですが、今回はどのように生活費を管理すれば貯金が増えるのかを、僕の家も例にあげてお伝えします!

共働き夫婦のひと月の平均生活費は?

共働きの夫婦のひと月の平均生活費は約29万円と言われており、内訳は以下のようになっています。

内訳

金額

食料 80000円
住居 18000円
光熱費 20000円
家事用品 12000円
衣服 11000円
保険医療 15000円
交通・通信 43000円
教育 11000円
教育娯楽 30000円
その他 50000円
(小遣い・交際費)

住居に関しては、持家や家賃の低い社宅などに住んでいる世帯も含めた平均であるため、かなり低く感じますよね。

ただ賃貸に住んでいたり、家をローンで購入している方は、実際にはローンの支払いがあるので、支出はもっと大きくなります。

ほとんどの項目は共働きであっても、1人で働いていても同様にかかってくる金額なので、やはり1人でこれらの金額を稼ぐのは、なかなか負担が大きいですよね。

ちなみに僕らの生活水準も載せておきますが、ひと月の生活費は約23万円です。

内訳

金額

食料 50000円
住居(賃貸) 100000円
光熱費 10000円
家事用品 5000円
衣服 10000円
保険医療 5000円
交通・通信 20000円
教育娯楽 10000円
その他 20000円
(交際費/美容院)

都内23区内に住んでいまして、子どもはおらず、それぞれが自由にお金を使うスタイルで過ごしています。お互いそんなにお金のかかる趣味はないため、結構貯金はできるんですよね。

ひと月の理想的な貯蓄額は20%ほどと言われてる中、僕らは50%以上貯蓄しています!ただそんなに我慢しているという感覚はなく、必要なものだけ買っているというイメージです。

合計の手取り収入は62万円ほどあるので、毎月40万円近くは貯金ができていますね!

どうやってお金を管理すればいい?

2人で暮らす際に、お金の管理の方法は家計共有型家計独立型に分けることができます。世の中では80以上%以上が家計共有型を採用しているみたいですが、僕らは独立型です!

基本的には女性の方が現実思考で、しっかりと貯金できるので、女性の方がお金を管理しているケースが僕の周りでも多い印象です。

ただ一つ言えるのは、お金にうるさい人が管理すればお金は必ず貯まります!

僕も非常にお金にはシビアで、わざわざ共有の口座を作ったりしてませんし、お金の貯め方や投資にこだわりがあるので、お互いが自分でお金を管理するようにしています。

生活費も多く払った払わないでもめたくないので、基本的には折半にしていますね!

効率よく貯金するためのポイント

お金を貯めるには、いくつかべきポイントがあると思いますが、大きく以下の2点を意識しておきましょう!

固定費の見直し

1つ目は固定費の見直しです。

払いすぎているケースが多いのは保険ですね。日本人は保険が好きで、85%以上の人が民間の保険に入っているのですが、個人的には1人5000円前後で十分です。保険で積み立てるのであれば、資産運用を勉強しましょう!

仮に共働きではなく、1人で働いてるのに何万円も保険をかけている場合は、男性の負担が大きすぎます!

あとは通信費ですね。何となくでキャリアを選んで知る人は要注意です。セット割りなどをして本当に安くなっているか確認してください。

見直すだけで、僕は毎月5000円くらい安くなりましたよ!

先取り貯金

2つ目は先取り貯金です。

1ヶ月生活した後、お金が余ったら貯金しよう、ではなく給料を受け取ったらまず先に毎月一定額で良いので貯金しましょう!人はお金がある分だけ使ってしまいますからね。

仮に生活がギリギリだった場合は、共働きをするという選択が必要かも知れませんね。

2人暮らし夫婦のひと月の生活費のまとめ

いかがだったでしょうか。

夫婦2人で暮らしているならまだ良いですが、子どもの教育費なども考えると出費も増えてくるため、効率よく貯金したいのであれば、やはり共働きという選択は必要になりそうですね。

一度ご自身のひと月の生活費に無駄がないかを見直していただき、夫婦2人でお金を貯める方法を話し合ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました