ファイトソングのキスシーンは何話?出演者の過去作品から考察!

ファイトソングのキスシーン ドラマ・映画

2022年1月11日(火)から新ドラマファイトソングが始まります。

淡い恋の模様を描いたヒューマンラブコメディーということですが、恋といえばやっぱり気になるのはキスシーン。

特に、今回重要な役所となる相手役がジャニーズの菊池風磨くんなので、ジャニーズファンの方は気が気じゃないですね。

そこで今回は、

ファイトソング原作漫画やドラマのイメージから、キスシーンがあるのかを考えてみたいと思います。

ファイトソングのあらすじは?

ファイトソングは、夢破れたスポ根ヒロイン・木皿花枝(清原果耶さん)が、一発屋のミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗さん)と一途な幼なじみ・夏川慎吾(菊池風磨さん)との不器用な三角関係を描くラブコメ。

花枝は空手の日本代表を目指して、練習に明け暮れる日々。しかし、突如夢破れ無気力となった花枝は、ダラダラとした毎日を送るようになっていった。

そんな中、花枝がいつも空手の試合前に聞いていた勝負曲の作者と運命の出会いを果たすが、芦田春樹はすでに落ちぶれた一発屋のミュージシャンになっていた。

花枝にずっと好意を抱き続ける夏川慎吾と共に、どのような恋が展開されていくのか。

そして、花枝が抱えている”秘密”とは何なのでしょうか?

 

ファイトソングに原作はある?

ドラマ「ファイトソング」に原作はありません

ドラマの脚本を担当するのは脚本家の岡田惠和さん。

ファイトソングは、これまで多くのヒット作品を生み出してきた、岡田惠和さんによるオリジナルストーリです!

岡田惠和さんの主な作品はこちらです。

・泣くな、はらちゃん
・にじいろカルテ
・姉ちゃんの恋人
・セミオトコ
・この世界の片隅に
・ひよっこ
・心がポキッとね

恋愛モノから、朝ドラや劇場アニメまで幅広く手がけていますね。

あなたも知っている作品が多いのではないでしょうか?

 

ファイトソングにキスシーンはある?

やはり気になるのは、ファイトソングにキスシーンはあるのかというところ。

すでに多くの方が気になっているようです!

やはり菊池風磨くんのキスシーンに注目が集まっていますね!

菊池くんがキスしたら、泣くファンの方が続出しそうです。

ただ、個人的にはキスシーンはないのでないかと考えます。

その理由として、まずはドラマのイメージから考えると、ヒューマンラブコメということで、重きを恋愛に置いてないと思われます。

あらすじからもわかるように、大人の恋愛模様というよりは、恋愛下手な3人が繰り広げる恋愛ストーリーのため、キスまでいかないのではないかということです。

ファイトソングというドラマは、明るく元気なヒロインが恋愛という要素を取り入れつつ、何かしらの秘密を抱えながら、明日への希望を見出すような内容になると予想します!

仮にあったとして、菊池風磨くんのキスシーンではなく、間宮祥太朗くんとのキスシーンになるのではと思われます。

だいたいこの手のドラマは、鈍感なヒロインが幼なじみの気持ちに気づかないパターンが多く、気持ちを伝えてたとしても、「気持ちは嬉しいけど、やっぱりそういう関係には•••」的な展開がほとんどですからね(^^)

菊池風磨くんの過去のキスシーンは?

菊池風磨くんはいくつも恋愛作品に出演していますが、過去にキスシーンはあったのでしょうか?

調べて見ると、「時をかける少女」でキスシーンがありました。

このピュアなキスシーンに、多くの風磨ファンが叫んだはずです!

ここでもヒロインの幼なじみ(本当は未来人)という役柄でしたが、ファイトソングの関係性と似ていますね。

本作品でも木皿花枝(清原果耶さん)と夏川慎吾(菊池風磨さん)のキスは描かれるのか気になるところです!

 

岡田惠和の過去作にキスシーンは?

では岡田惠和さんの過去作から考えたらどうでしょうか。

先述したように、岡田惠和さんの作品には恋愛モノも多いです。

その中でも、ジャニーズが主演の作品に絞ってみると、「セミオトコ」という作品は山田涼介さんがセミオトコを演じていました。

この作品では、実はキスシーンがはあったのです!

この時は、相手の頬にキスをするというシーンでしたが、キュンキュンしたファンの方も多かったと思われます。

キョウ
キョウ

もしかしたら、菊池風磨くんのキスシーンあるかも。

 

ファイトソングのキスシーンまとめ

今回はファイトソングのキスシーンについて考えてみました。

私の考えでは、こうですね。

・ストーリー的にはキスまではいかない
・キスシーンがあったとしても、幼なじみとはくっつかない

どうでしょうか。

皆さんもぜひ予想してみてください!

ドラマの展開がとても楽しみですね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました