冷凍おせちはまずいの美味しいの?冷蔵おせちとどっちが人気?

おせち

新しい年を迎えるのに欠かせない、日本の伝統料理「おせち」

作るものから購入するものへ変わりつつあるおせちですが、最近では冷凍状態で販売・宅配されるものも多く存在しています。

しかし、冷凍おせちをはじめ冷凍食品全般に対して、「おいしくない」というイメージがある方もいらっしゃるでしょう。

さまざまなメーカーによって販売されている「冷凍おせち」は、実際のところおいしいのでしょうか?

 

そこで今回の記事では、

・冷凍のおせちってどう?
・冷凍おせちと冷蔵おせちそれぞれのメリットデメリット
・冷凍おせちをおいしく食べるコツ
・おすすめの冷凍おせち

などについて、詳しくリサーチ・わかりやすく解説していきますね!

 

<在庫のこりわずか> ★人気おせち
らでぃっしゅぼーやのおせち>>:福来(税込10,800円 → 【早割】税込10,476円)
匠本舗のおせち>>:珠天箱(税込25,000円 → 【早割】税込19,800円)
小僧寿しのおせち>>:海鮮おせち(税込27,800円 → 【早割】税込26,300円)

 

冷凍おせちはまずいの?美味しいの?

さっそく本題ですが、冷凍おせちがまずいのかおいしいのかという点についてです。

結論から言うと、最近の冷凍おせちは非常においしくなっていて、冷蔵おせちとの差はほぼありませ

最近の冷凍おせちがおいしい理由は、進化を遂げた冷凍技術にあるようです!

 

おいしさの秘密は「急速冷凍」で、食材が変質しないよう急速に冷凍しているとのこと。

冷凍品がおいしくない原因のひとつである「解凍時に水分が出る」という現象も少なく、最近の冷凍おせちはおいしく仕上がっているんです♪

 

このように、冷凍おせちと冷蔵おせちの味の差は、ほとんどなくなってきていると言えます。

味や風味を考えて冷凍か冷蔵かを選ぶよりは、お正月の過ごし方やおせちを食べるタイミングなどを考えて、冷凍か冷蔵かを選ぶのが賢明ですよ♪

次の見出しから、冷凍おせちと冷蔵おせちそれぞれのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきますね!

 

冷凍おせちのメリット・デメリットは?

一般的に「冷凍おせち」とは冷凍で販売・宅配されるおせちのことで、自宅で解凍してから食べる形になります。

では、そんな冷凍おせちのメリットとデメリットを確認していきましょう!

 

冷凍おせちのメリット

まず、冷凍おせちを購入するメリットがこちら。

・盛り付け済みだから解凍するだけ
・薄味で、素材本来の味を楽しめる
・添加物使用が少ない傾向にある
・保存期間(賞味期限)が長い
・比較的お手頃な価格

 

冷凍おせちは基本的に盛り付け済みの完成形で冷凍されているので、自分で盛り付ける必要がなく、解凍するだけで食べられます!

濃い味付けや添加物で日持ちさせる必要もないため、安心して素材本来の味を楽しめますよ♪

また、冷凍のままであれば保存期間(賞味期限)も長く、比較的お手頃な価格で購入できるのも嬉しいですよね!

 

冷凍おせちのデメリット

続いて、冷凍おせちを購入するデメリットがこちら。

・解凍に時間がかかる
・風味や食感が落ちる場合がある
・見た目が比較的暗い傾向にある
・冷凍庫を占領してしまう

 

冷凍おせちは便利な一方で、解凍には12~36時間と結構な時間がかかるため、計画的に解凍を始める必要があります。

また、食材によっては風味や食感が落ちたり、色味が暗くなり鮮やかさに欠けてしまう場合もあるでしょう。

大きな冷凍おせちは冷凍庫を占領してしまうため、スペースの確保も必要になります。

 

冷蔵おせちのメリット・デメリットは?

対して「冷蔵おせち」は冷蔵で販売・宅配されるおせちで、中には「生おせち」と呼ばれるものも。

では、そんな冷蔵おせちのメリットとデメリットを確認していきましょう!

 

冷蔵おせちのメリット

まず、冷蔵おせちを購入するメリットがこちら。

・できたての味が食べられる
・冷凍に不向きな食材も入っている
・見た目が色鮮やかで美しい
・解凍の手間がない

 

冷蔵おせちでは、作りたての状態を楽しむことができます!

冷凍に向かない食材も入れられるためバラエティ豊富で、見た目も色鮮やかで美しい傾向にありますよ♪

解凍する手間がなく、そのまま食卓に並べられるのも嬉しいですよね!

 

冷蔵おせちなら「匠本舗」で選べば間違いないでしょう!

↓   ↓   ↓

>>今すぐ匠本舗のおせちを見てみる

 

冷蔵おせちのデメリット

続いて、冷蔵おせちを購入するデメリットがこちら。

・盛り付けがセルフの場合がある
・味付けが濃い場合がある
・保存期間(賞味期限)が短い

 

冷蔵おせちは高品質な一方で、真空パックなどの個別包装の商品だと、自分で盛り付けなくてはならない場合があります。

また、冷蔵状態で日持ちさせるために、どうしても味付けが濃くなりがちという点も。

冷凍しないため保存期間(賞味期限)も基本的に短く、2~3日しか持たない場合が多いです。

 

冷凍おせちをおいしく食べるコツは解凍方法?

味以外ではさまざまな違いがあるものの、「冷凍おせちと冷蔵おせちの味の差」はほとんどないことがわかりましたね♪

しかし、冷凍おせちは解凍の仕方や保存方法を間違えると、一気に品質が落ちてしまう可能性もあります。

こちらでは、そんな冷凍おせちをおいしく食べるためのコツを紹介していきますね!

 

購入時・受取時のコツ

まず、冷凍おせちの購入・受取をする際のコツがこちら。

・配送日時の確認
・おせちのサイズ確認
・冷凍庫のスペース確保

当然ではありますが、確実に受け取れるように配送日時を確認しましょう。

そして最も重要なのがおせちのサイズ確認と、そのサイズに合わせた冷凍スペースの確保です。

年末年始のごちそうが詰まった冷蔵庫・冷凍庫におせちのスペースを確保するのは大変ですが、解凍するまではしっかり冷凍保存したいところですね!

 

解凍時・解凍後のコツ

続いて、解凍時や解凍後に、冷凍おせちの品質を下げないコツがこちら。

・解凍方法を守る
・解凍時間に余裕を持つ
・解凍後は冷蔵庫へ

基本的に冷蔵庫や冷暗所での「低温解凍」で、常温解凍や電子レンジ解凍はNGです!

指定時間が経っても解凍しきれない場合もあるため、時間に余裕を持って解凍を始めましょう。

解凍後すぐに食べない場合は必ず冷蔵庫に入れる、そして食べ残した場合も必ず冷蔵で保存するのが鉄則ですよ。

 

おすすめの冷凍おせちはコレ!

解凍の手間や時間はかかるものの、味も良く保存期間も長い冷凍おせちはおすすめです。

適切な味付けで保存料使用も少なく、配送時の型崩れの心配もないため、通販でも安心して購入できますよ♪

こちらでは、特におすすめしたい冷凍おせちの通販を紹介していきますね!

 

安定の人気のおせち

「博多久松」は特に味・おいしさが評価されている名店で、「おせちが苦手な人でも食べやすい」といった声が多数あります!

「おためしおせち」以外のおせちは全国送料無料です。

ジャンルは【和風・洋風・和洋折衷・オードブル】など、幅広く取り扱っていますよ♪

「料理がみっちり入っていた」との口コミが多数あり、見た目も非常に華やかなおせちとなっています。

\  人気おせちは早い者勝ち /

 

【博多久松】九州・博多のから美味しいおせちをお届け!

 

完売続出!

「Oisix」は毎年売り切れが続出していて、子供からお年寄りまで多くの人にとって食べやすいおせちと言われています!

Oisixのおせちは送料込みの価格で販売されていますよ♪

ジャンルは【和風・洋風・中華風・和洋折衷・和洋中】など、かなり幅広く取り扱っています!

「おいしくて食べやすい」「見た目がおしゃれ」との口コミが多数あり、子供からお年寄りまで家族全員で楽しめる印象です。

 

\  毎年売り切れ /

 

食材にこだわったおせち

らでぃっしゅぼーやのおせちは、無添加で国産にこだわっています。

主原料は全て国産で、うまみ調味料や保存料を一切使用していません。

素材の美味しさを最大限に生かしたおせちです。

らでぃっしゅぼーやはオーガニック野菜を届けてくれる食材宅配サービスですが、野菜にこだわっているのがわかりますね!

 

\ 毎年大人気のおせち /

らでぃっしゅぼーやのおせちを見てみる>>

 

 

他にもコスパが最強なおせちを紹介しているので、覗いてみてください!

 

冷凍おせちはまずいの美味しいの?冷蔵おせちとどっちが人気?まとめ

以上、「冷凍おせちはまずいの美味しいの?冷蔵おせちとどっちが人気?」でした!

冷凍おせちのおいしさや、冷凍・冷蔵それぞれのメリット・デメリットなどについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

最近の冷凍おせちは冷凍技術の進歩によって質が上がっており、冷蔵にも劣らぬおいしさを実現しています。

保存期間が長く、適切な味付けで保存料使用も少なく、配送時の型崩れの心配もない、嬉しいこと尽くしの冷凍おせち、とってもおすすめです!

ぜひ便利でおいしい冷凍おせちとともに、良いお年をお迎えくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました