箱根駅伝で一番きつい区間は?花の2区5区や各コースの特徴を紹介!

箱根駅伝の一番きつい区間 陸上

箱根駅伝2022の開催まで、もう少しです。

毎年の恒例ということで、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

一方で、箱根駅伝で走る選手をみていると、一つ気になることはありませんか?
「どのコースを走る選手が一番きついんだろう」と。

そこで今回は、各区・各コースの特徴についてまとめていきます。

その中で一番きつい区間はどこか、「花の2区」「花の5区」なんて呼ばれるけど、なんで?
という疑問についてもお答えしていきますよ!

箱根駅伝の各区間の特徴を紹介!

箱根駅伝のコースの特徴を紹介します。
第1区〜第10区まで、区間ごとにわけて解説していきますよ。

箱根駅伝第1区間の特徴は?

距離は21.3kmです。
大手町から鶴見中継所までの区間になります。

コースの特徴ですが、前半は平坦で真っ直ぐな道、後半はアップダウンが多くなります。

最初は高低差が少ないため、あまり各校であまり差が出ません。
そのため、集団で走る事になります。

勝負は後半のアップダウンが激しくなってからですね。

第1区はその日最初の走りになるため、一度差が付いてしまうと追い上げも難しくなります。
出遅れないために、例年スピードのある選手が起用されることも多いそうです。

箱根駅伝第2区間の特徴は?

距離は23.1kmです。
鶴見中継所から戸塚中継所までが区間になります。

コースの特徴ですが、距離が長く、権太坂があります。
例年、各校のエースが起用されるため「花の2区」とも呼ばれているんです。

距離は第1区と比べても、2km近く長いですよね。
加えて権太坂という難所があったり、ラスト近くにも厳しい上りもあります。

厳しいコースである分、すごい選手たちの活躍が存分に見られる区間となっています、

箱根駅伝第3区間の特徴は?

距離は21.4kmです。
戸塚中継所から平塚中継所までの区間になります。

コースの特徴は、約9kmにも渡る緩やかな坂道。
坂道を終えると富士山や相模湾が一望できる、綺麗な景色も見どころです。

海の近くでは風によって、選手の体力が削られます。
その日の天候に左右されるのも、第3区の特徴です。

ただ、第2区で作られた流れを維持したり、修正したりする重要な区間でもあります。

厳しい環境に立ち向かう選手たちの活躍が光るコースのようです。

箱根駅伝第4区間の特徴は?

距離は20.9kmです。
平塚中継所から小田原中継所までの区間となります。

コースの特徴は、平地区間のなかでもっとも短いということ。

テレビで見る分には平坦な道を走っているようにみえますが、実は細かいアップダウン続いています。
コース自体は短いですが、実は複雑な区間のようです。

選手もさすがにばらけてくるため、一人でペースを維持できる強さが求められますね。

箱根駅伝第5区間の特徴は?

距離は20.8kmです。
小田原中継所から、芦ノ湖までの区間になります。
往路の最後を飾る区間ですね。

コースの特徴は、最大の難所と言われている、山を上るところにあります。
標高約870mほどの上り坂を駆け上るんです。

コースとしては20.8kmと、第4区よりもさらに短め。
実は10区間の中でも最短になります。

しかし、長く厳しい上り坂が続くという点では、かなりきついコースのようです。
平坦な道を走るのとも違い、何が起きるか分からない区間でもあります。

箱根駅伝第6区間の特徴は?

距離は20.8kmです。
芦ノ湖から小田原中継所までの区間となります。
ここから、復路のスタートです。

コースの特徴は、なんといっても長い下り坂。
第5区でそびえ立っていた上りが、第6区では長い下りとなります。

下りはとにかく足への負担が大きいんです。
下りきった後に足が前にでなくなってしまう選手もいます。

技術面が重要になってくる区間ですね。

箱根駅伝第7区間の特徴は?

距離は21.3kmです。
小田原中継所から平塚中継所までの区間になります。

コースの特徴は、細かいアップダウンと寒暖差。

平坦に見えてやや下り気味のアップダウンが続きます。

また、スタートのころは箱根の山から冷たい風が吹き下ろします。
かと思えば太陽が上がるにつれて気温も上昇。

刻々と変化する環境・気候に対応する力が問われます。

箱根駅伝第8区間の特徴は?

距離は21.4kmです。
平塚中継所から戸塚中継所までが区間となります。

コースの特徴は、続く上り坂と追い風。

上り坂では選手の体力が物を言います。
第8区にも厳しい上り坂があり、ここが勝負どころになりそうです。

また、第3区では向かい風だったのが、ここ第8区では追い風になります。
追い風なら走りやすそう、と思いがちですが、その分自身のペースを維持するのが難しいんですね。

箱根駅伝第9区間の特徴は?

距離は23.1kmです。
戸塚中継所から鶴見中継所までの区間になります。
いよいよ復路も終盤ですね。

コースの特徴は、やはりその長さにあります。

「花の2区」と呼ばれるコースの裏です。
第2区では厳しい上りだった権太坂も、ここ第9区では長い下り坂。

アップダウンも激しく、ペース配分が重要になってきます。

終盤ということもあり、ここから優勝争いも本格化。
第2区同様、各校のエース級選手が配される区間でもあります。

箱根駅伝第10区間の特徴は?

距離は23.0kmです。
鶴見中継所から大手町読売新聞社前までの区間になります。
箱根駅伝もいよいよラストスパート。

コースの特徴としては、全体として平坦な道が続くことが挙げられます。

都心のコースになるので、ビル風や上昇する気温等にも対応しなければいけません。

もっとも、襷を繋いできた選手全員の想いがかかっている第10区。
数字では表せない重圧がありそうです。

思わぬアクシデントがあったり、最後まで粘り強く走る選手の姿に、目が離せない区間ですね。

箱根駅伝で一番きつい区間は?

箱根駅伝における第1区から第10区までの、区間ごとの特徴をまとめてきました。
では、この中で一番きつい区間はどこなのでしょうか?

おそらく、第5区が一番きつい区間であると言えます。

各区間の特徴を見ていただければ、どこもそれぞれ違った過酷さがあることが、わかっていただけるはずです。

第2区のようにとにかく長い区間、気候の影響を受けやすい区間……。

しかし、800mを超える高さの「山上り」は、最大の難所と言われるだけあり、特に過酷なようです。

箱根駅伝に出場する選手は、誰もが走りについて研鑽してきた猛者たち。

そんな彼らでさえ、何が起こるかわからないと言われる第5区は、まさに「一番きつい」といって差し支えないでしょう。

箱根駅伝ではなぜ花の2区や5区って呼ばれる?

各区ごとの特徴をご紹介した中で、「花の2区」という言葉が出てきましたね。
同じように、第5区についても「花の5区」という呼び方があります。

これは、第2区や第5区が難所であるため、そのように呼ばれているのです!

長いながらも難所があり、強靭なスタミナと的確なペース配分が求められる第2区。

とにかくきつい上り坂が続き、「山上り」と称される第5区。

どちらも生半可な知識では走り切ることもできません。

言い換えれば、これらの区間をどう乗り越えるかが、記録にも繋がってきます!

そのため、各校から特に優れた選手が配されることから、「花の2区」「花の5区」などと呼ばれるようになったのですね。

箱根駅伝で一番きつい区間まとめ

ここまで、箱根駅伝の各区ごとの特徴や、一番きつい区間等についてまとめてきました。

第2区や第5区は特に、「花の」とつけられて呼ばれますが、そのように称される理由もおわかりいただけたかと思います。

ですが、どのコースにも特徴があり、それぞれ違った難しさがあることもわかりました。

今回開催される箱根駅伝2022では、今回ご紹介したようなコースの特徴を意識しながら応援すると、よりアツくなれるのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました