※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ハムスターを飼わなきゃよかった?飼わない方がいいと言われる理由!

小さくてかわいいハムスターは多くの人に大人気です!

しかし、実際に飼った人の中には、ハムスターを飼ったことを後悔している人も少なくはないようです。

「ハムスターを飼わなきゃよかった?」と言われている理由について気になりますよね?

ここでは、

・ハムスターを飼わなきゃよかった?の声
・飼わない方がいいと言われる理由!

についてお伝えしていきます。

 

ハムスターを飼わなきゃよかった?の声

可愛い子だた動物としてすごく人気の高いハムスターですが、その一方で「飼わなきゃよかった」との声も少なくはありません

ここでは、「ハムスター飼わなきゃよかった」の声を集めました。

ハムスター飼わなきゃよかったの声は少なくはないようです。

その理由も人それぞれのようですね。

しかし、ハムスターは人間よりも寿命が短く亡くなった時は悲しいけれど、「飼わなきゃよかった」と後悔したことはないと言った声もありました。

 

ハムスターを飼わない方がいいと言われる理由!

ここでは、ハムスターを飼わない方がいいと言われる理由について調査しました。

・ストレスに弱くすぐ死んでしまう
・なかなか懐かずめんどくさい
・臭いがキツイ
・夜中うるさい
・ペットロスがキツイ

 

ストレスに弱くすぐ死んでしまう

ハムスターは体が小さくデリケートでストレスに弱いです。

飼育環境の変化や大きな音が鳴ったなど、些細な事でも大きなストレスを抱え、ショック死してしまうことは多々あります。

 

特にお迎えしたばかりのハムスターは、飼育環境がガラリと変わって強く警戒し、非常にストレスがかかっている状態に。

そんな状態で、さらにビックリしてしまうようなことがあれば、それが原因でショック死してしまうことも…。

とは言え、ストレスだったのかについては見た目では分かりませんよね。

 

なかなか懐かずめんどくさい

小さくてかわいく、見ていて癒されるハムスターですが、実際にはなかなか懐いてくれずめんどくさくなる人も少なくはないようです。

自分の思うようにハムスターが行動してくれないと、落ち込みますよね。

ハムスターが実際に懐くようになるのには2ヶ月ほど時間がかかると言われています。

 

とても警戒心が強い生き物ですが、懐くようになってからは手のひらの上に乗るなど可愛い一面を見せてくれますよ!

ハムスターがどういう生き物なのか、どう感じているのかなど、ハムスターについて知り、意識して接することで心を開いてくれるようになっていくのではないでしょうか。

嫌がらない程度にほどほどに遊んであげると良いですね。

 

臭いがキツイ

ハムスターを飼っていて、臭いがキツイと思う人も多いです。

キツイ臭いの原因は、アンモニア臭の強い濃いおしっこが一番の原因だと考えられますね。

他にも、ご飯の食べ残しを放置したままにしていると、食べ残しから臭いが発生する場合があったりと、衛生的にも不衛生な状態になるため、こまめなお手入れが必要になります。

臭いがキツイこともストレスの原因に繋がるようですね。

 

夜中うるさい

ハムスターは夜行性の生き物なので夜中に回し車の音が聞こえ、回し車の走る音がうるさく、眠れない飼い主も多いです。

夜行性であるハムスターは、飼い主がそろそろ寝ようと思う時間帯になって活発になるんですね。

ハムスターが夜行性であることを知ったうえで飼う、回し車の音の対応策を考えるなどをすることで、ストレスを軽減させることが出来るのではないでしょうか。

 

ペットロスがキツイ

愛するハムスターを亡くしてしまい、落ち込んだまま立ち直れない飼い主さんも多いです。

「ハムスターを飼わなきゃよかった」といった声のほとんどの理由だそうですが、それでも飼ってよかったという声も多いですね。

飼い主さんの気の持ちようで、ほんの少しはマシになるかもしれません。

 

ハムスターを飼わなきゃよかった?飼わない方がいいと言われる理由!まとめ

今回は「ハムスターを飼わなきゃよかった?飼わない方がいいと言われる理由!」についてお伝えしました。

ハムスターを飼わない方がいいと言われる理由について

・ストレスに弱くすぐ死んでしまう
・なかなか懐かずめんどくさい
・臭いがキツイ
・夜中うるさい
・ペットロスがキツイ

これらが挙げられます。

ハムスターを飼おうと検討されている方、本当に後悔しないかをよく考えてから買うようにするといいですね。

生活
Good Mix
タイトルとURLをコピーしました