早川漣の旦那(夫)は?母親父親・兄弟などの家族構成や経歴を調査!

早川漣 旦那 両親 アーチェリー

2012年のロンドンオリンピック女子団体で注目を集めたアーチェリー競技。その銅メダルに貢献した選手の1人が早川漣選手です。

一時は競技引退を考えましたが、周りの声に後押しされ現役復帰し、東京オリンピック出場を決めています。

そんな大注目の早川漣選手の旦那(夫)や両親(父親母親)、兄弟(姉妹)の情報を書いていきたいと思います!

早川漣の旦那(夫)は?

早川漣 旦那(夫)

気になる旦那さんの情報ですが、早川漣さんは金星辰さんと2019年夏頃に結婚しています!

金星辰さんは韓国でトップクラスの実力を持っていた元アーチェーリーの選手であり、現在はJOCエリートアカデミー男子のコーチを務め、九州を拠点に指導者としての生活を送っているようです。

JOCエリートアカデミーというのは、オリンピックなどの国際大会で活躍できる競技者を育成するために、日本オリンピック委員会(JOC)が設置した組織であり、競技能力だけでなく、語学や生活力を高めることができます。

こういった組織で指導者をやっているので、金星辰さんはかなりの人格者な感じがしますね!

早川漣さんが言うには、金さんの指導は結構厳しいようです。五輪メダリストでもある早川さんにもダメ出しをするとのこと。

そんな金さんは普段、早川さんを「漣ちゃん」と呼び、家では料理を担当する素敵な旦那さん。栄養バランスを考えた食事で、早川さんの体づくりをサポートしています。

出会った当初は筋力が足りなかったようですが、2年間で10キロ以上の増量に成功し、「弓が軽くなった」と早川さんは語っています!

キョウ
キョウ

夫婦二人三脚で掴んだ東京オリンピックだね!

早川漣の両親(父親母親)はどんな人?

早川蓮 両親

早川漣の両親について調べてみたところ、幼い頃に両親はしており、早川漣さんは韓国の父方の元で育っています

母親は日本に帰国後、日本人男性と再婚をしています。両親は一般の方なので詳しい情報は公開されておりませんでした。特にスポーツの選手などでもなさそう。

早川漣さんは母が日本にいるということもあり、2004年に来日した姉を追うようにして、2007年に来日。2009年には日本国籍を取得し、姉と同じ日本体育大学を卒業しています!

キョウ
キョウ

父親は韓国で元気に暮らしていますかね。

早川漣の兄弟(姉妹)は?

早川蓮 姉妹

ご兄弟については先ほどちらっと書きましたが、早川漣さんには3つ上の姉がいます!

そして姉は、早川浪さんというアーチェリーの選手なのです!姉妹そろって世界選手権の代表に入ったこともあり、当時注目を集めました。

早川浪さんは北京オリンピックにも出場しており、団体8位入賞個人戦でも6位入賞という好成績を残している実力のある選手です!

キョウ
キョウ

姉妹でオリンピック選手ってすごいな。

早川浪さんは韓国の実業団で、練習することすら疑問に感じるほどハードに競技をこなしていたとか。ただその鍛錬の甲斐あって、いい結果を残せたのでしょう!

お手本の教材と称される、早川浪さんの射形の動画がありました。すごくキレイなフォームってわかりますね!

2013年には日本人男性と結婚し、今は二児の母でだそうですよ!

早川漣のプロフィール・経歴

名前:早川漣(はやかわ れん)
韓国名:嚴 惠漣(オム・ヘリョン)
生年月日:1987年8月24日
年齢:33歳(2021年7月時点)
身長:180cm
体重:75cm

あまりイメージがなかったですが、身長は180cmとかなり大きいですよね!

「アーチェリーの選手ってみんな高いのかな?」と気になって調べたところ、日本代表の中村美樹(なかむら みき)さんは162cm、山内梓(やまうち あずさ)さんは159cmでした。

また年齢も33歳と他のメンバーと比るとベテランの選手です。人あたりがよく、日本チームとしても早川選手の精神的な支えになっているそう。

早川漣の主な戦歴

早川選手の主な成績はこちらです!

2010年 : 全日本選手権で優勝
2011年: 世界選手権でベスト16
2012年 : ロンドンオリンピック女子団体戦で3位(日本初の銅メダル
2014年 : 長崎国体で女子団体優勝
2017年 : 上海W杯で個人戦3位
2017年 : ソルトレークシティW杯で団体戦3位

早川選手は数々の好成績を残しています!

2014年の長崎国体の後しばらく競技から離れ、指導者として選手を育成する側にまわっていました。しかし周りから復帰を望む声が多く、再度東京オリンピックを目指すことを決めたようです!

そして宣言どおり、東京五輪の代表に選ばれました。

キョウ
キョウ

有言実行だね!

早川漣の旦那や両親・姉妹まとめ

いかがだったでしょうか。

早川選手はアーチェリーをもっと多くの人に知ってほしいという思いがあるそう!ロンドンオリンピックに続き、東京オリンピックにも出場することで、間違いなくアーチェリーに注目が集まっていることでしょう。

彼女の好きな言葉は「やればできる」。早川漣さんは、まさしくそれを体現している選手であると言えますね!

東京オリンピックの結果を楽しみにしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました