ヒノマルソウルは実話なの?西方役・原田役・他キャストを一挙公開!

ヒノマルソウル 実話 西方 ドラマ・映画

2021年5月7日に予定されていた映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」の公開日が延期になりました。

当初は2020年6月19日に公開される予定でしたが、このようなご時世ということもあり公開が延期になっておりましたが、今回再び延期になっています。

公開への期待が高まりますが、この時間を使って映画の予習をし、より本編を楽しむことができるようにしておきましょう!

この記事では

・ヒノマルソウルは実話なの?
・西方仁也・原田雅彦・他主要人物は誰が演じる?

について書いていこうと思います!

ヒノマルソウルは実話なの?

この作品は1998年の長野オリンピックで、日本が金メダルに輝いたスキージャンプの団体戦を題材にした実話映画です。

主人公のモデルはスキージャンパーの西方仁也(にしかた じんや)さん。

ヒノマルソウルのあらすじ

西方は1994年のリレハンメル五輪に、エース原田雅彦(はらだ まさひこ)と共に日本代表選手として出場し、日本代表での最高飛距離となる135mを飛びました。

金メダル目前のところまできていましたが、原田がジャンプを失敗したことで、銀メダルという結果に終わってしまったのです。

西方は4年後の長野五輪での雪辱を誓い練習に励むが、ケガにより代表を落選。悔しさに打ちひしがれる中、西方にテストジャンパーとして長野五輪に参加して欲しいという依頼がきます。

テストジャンパーというのは、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った場合には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのことをいいます。

西方は屈辱を感じつつも、テストジャンパーとして裏方でみんなを支えることに決めたのです。

そして迎えた五輪本番。団体戦の1本目のジャンプでまたもや原田が失敗し、日本は4位に後退してしてしまいます。

さらに猛吹雪により競技が一時中断。そのまま競技が終れば、1本目のジャンプの結果のみで順位が決定してしまいます。

そんな中、審判員たちの判断は「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技を再開する」という残酷な条件でした。

命の危険も伴うほどの悪天候の中、金メダルへのほんのわずかな希望は西方率いる25人のテストジャンパーに託されることに。

西方と原田の熱い友情と絆、そして4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、それを支える家族や関係者たちの想いを知った時、誰もが心を打たれます!

西方役・原田役・他キャストを紹介

それぞれモデルとなった人物を演じるのは誰なのでしょうか。

西方仁也役 / 田中圭

 

この投稿をInstagramで見る

 

KIKI(@kei_one5551)がシェアした投稿


モデルとなった主人公西方仁也役は、「おっさんずラブ」「あなたの番です」などに出演する、大人気俳優の田中圭さん。

西方の揺れ動く内面を、圧倒的な演技力で力強く演じ切っています。

初めは「こんなところで何をやっているんだろう」「何のためにいるんだろう」と思い、原田に「おまえの金メダルなんか見たくない」などと吐き捨てるも、次第に・・・。

原田雅彦役 / 濱津隆之

原田雅彦役は「カメラの止めるな!」で一躍有名になった濱津隆之さん。

原田は長野オリンピック代表選手であり前回五輪では自分の失敗で銀メダルになったという思いから、西方と気まずい関係になっていきます。

本作品では西方と原田の関係はどのように描かれるのでしょうか。

高橋竜二役 / 山田裕貴

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

高橋竜二役は、様々な映画やドラマでクセのある役を演じる山田裕貴さん。彼にサイコパスの役をやらせると天下一品ですよね!

今回の高橋竜二という人物は聴覚障害のあるテストジャンパー。明るくまっすぐな好青年であり、チームのムードメーカーです。

南川崇役 / 眞栄田郷敦

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takaaki Nagano(@takaaki_nagano)がシェアした投稿

南川崇役は、眞栄田郷敦さん。父は千葉真一、兄は新田真剣佑という超イケメンDNA家系の人気俳優。

南川崇はテストジャンパーチームのことを「完全に寄せ集め」と言うほどの、実力派で強気のテストジャンパーです。彼には忘れらない大きなトラウマがあることが明らかになっていきます。

小林賀子役 / 小坂菜緒

 

この投稿をInstagramで見る

 

小坂菜緒(@kosakanao0907)がシェアした投稿

小林賀子役は、日向坂46の絶対的センターであり、「Seventeen」の専属モデルも努める大人気アイドルの小坂菜緒さん。

今回の小林賀子は唯一の女子高校生テストジャンパー。当時は女子スキージャンプがオリンピック種目になかったのですが、テストジャンパーとしてでも長野オリンピックに参加したいという想いを持った実在の選手、葛西賀子がモデルになっています。

神崎幸一役 / 古田新太

 

この投稿をInstagramで見る

 

ケンTAMA(@hinap2002)がシェアした投稿

神崎幸一役は、どんな役でも味のある演技を見せる実力俳優の古田新太さん。

神崎幸一はテストジャンパーのコーチであり、西方や原田を学生時代から育てた人物。西方を「地味な上にキツい」テストジャンパーに誘ったのも神崎幸一です。

西方をテストジャンパーに誘った真意とは・・・。

葛西紀明役 / 落合モトキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

落合モトキ(@motoki_ochiai)がシェアした投稿

葛西紀明役は、子役としてデビューし今でも一線で活躍を続ける落合モトキさん。

葛西本人は1992年アルベールビルオリンピックに19歳で初出場してから、史上最多となる計8回の冬季オリンピックに出場しており、”レジェンド葛西”として知っている方も多いのではないでしょうか。

西方幸枝役 / 土屋太鳳

 

この投稿をInstagramで見る

 

土屋太鳳(@taotsuchiya_official)がシェアした投稿

西方幸枝役は、ドラマだけでなくCMやバラエティでも大活躍の土屋太鳳さん。体育大学出身であり、活発な女性というイメージがありますよね!

西方幸枝は主人公西方仁也の妻であり、幼い息子を育てながら民宿の仕事を手伝っている、優しくも芯のある女性。

テストジャンパーとしての道に希望を見いだせない夫を叱咤激励する、ヒューマンドラマには欠かせない、頼もしい役ですね!

船木和喜役 / 狩野健斗

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keita Hachisuka(@keita_hachisuka)がシェアした投稿

船木和喜役は、舞台俳優としても活躍する狩野健斗さん。

当時22歳で若きエースとしてマスコミの注目を浴び、長野五輪では個人で金メダルをとった実力のあるジャンパー。

ジャンプフォームが「世界一美しい」と称されたのだとか。

ヒノマルソウルまとめ

いかがだったでしょうか。

1人1人が個性と魅力を持った人物を演じており、それぞれの思いに胸を打たれる映画になっています!

映画の公開が早くも楽しみになってきましたね。次回の公開予定日はまだわかっていませんが、期待に心膨らませ待ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました