サラブレッドの維持費は?個人と一口馬主の違いや条件が気になる!

サラブレッド 維持費  競馬

「馬を飼いたい!」と思っても、犬や猫のように簡単に飼うことはできません。

サラブレッドを飼うには高い維持費がかかるというのはなんとなくわかりますが、どれくらいのお金が必要なのでしょうか?

また、そもそも馬主になるにはどのような条件があるのか気になりますよね!

この記事では、

・馬主になるための要件は?
・サラブレッドの維持費は?
・馬主活動での収入

について書いていこうと思います!

馬主になるには厳しい条件がある

馬主になる条件

馬主登録には個人馬主組合馬主法人馬主と3つの種類があり、JRA日本中央競馬の個人馬主になる要件はこちらです。

<中央競馬>
・今後も継続的に得られる見込みのある所得金額が、過去2年間でいずれも1,700万円以上あること
・継続的に保有する資産の額が7,500万円以上あること

資産は預貯金や有価証券、国内の不動産でも問題ないようです。

所得金額を年収で考えると、年収3000万円が必要になりますので、一般の方ではほぼほぼ手の届かない数字であることがわかりますね。

ただ、地方競馬に限ってはこれより敷居が低くなります

地方競馬の個人馬主になる要件はこちらです。

<地方競馬>
・原則として、直近年における所得金額が500万円以上であること

つまり年収700万円くらいあれば良いのです!

これなら全然手が届きますよね。

キョウ
キョウ

ちなみに競馬の主催者側や調教師、犯罪者や危ない世界の人は馬主にはなれないみたい。

一口馬主という方法も

個人馬主は無理でも、一口馬主であれば特に要件はありません。

一口馬主とは、1頭の競走馬を40~500口程度に分割して出資を募集する形態の擬似馬主システムであり、レースでの賞金も出資口数に応じて分配されます。

完全に自分の馬ということにはなりませんが、「自分もこの馬に出資しているんだ」という感覚は味わえると思います!

サラブレッドの維持費は?

サラブレッド 預託費

馬主になる要件を満たすのも難しいですが、サラブレッドを維持するのはさらに大変です。

馬の購入価格は?

まず馬を買うだけでもそれなりの値段がします!

サラブレッドは血統がものをいうスポーツですので、血統のいいサラブレッドを購入しようとすると、それこそ億を超える馬も出てきますね。

ここは本当にピンキリで、安い馬だと200万円ほどで購入できます。

たとえば、サマーセールと呼ばれるセリでのサラブレッドの平均価格は600万円ほどになります。

馬の預託費は?

購入した馬は専門技術を有する調教師に預け、飼育や競走馬としての調教を任せることになりますが、この費用が「預託費」です。

預託費は預け先によって多少異なることもありますが、基本的な相場は1頭あたり月額60~70万円程度です

つまり、1頭あたり年間で750万円ほどの維持費はかかると思った方がいいでしょう!

それから、馬を1頭だけ所有しているという人はあまり聞きませんので、やはりそれだけお金に余裕がある人でないと、維持することは難しそうですね。

ちなみに、地方競馬の場合は月額20~30万円程度です!

仮に1歳馬を購入すると、2歳のデビューまでに毎月維持費がかかりますし、もちろんデビューしてからもお金はかかってきます。

確かに大きい金額ではありますが、馬が病気になったときの薬代・蹄の打ち替え代金なども含まれていることを考えると、それほど高額な費用でもないかも知れませんね。

また、1口馬主であれば60万円の月額がかかっとしても40口で分割しているので、1万5000円ほどで収まるということになります!

馬主活動の収入は?

馬主の収入源

サラブレッドを飼う場合は、ただ費用がかかるだけじゃありません。

ここまでお金をかける醍醐味は、やはりレースでの賞金でしょう!

レースでの賞金は馬主に80%分配されますので、それこそ重賞レースで上位に入れば、大きな額になっていきます。

本賞

本賞はレースで1~5着に入った馬に交付される賞金であり、着順により配分率が決められています!

・1着…100%
・2着…40%
・3着…25%
・4着…15%
・5着…10%

出走奨励金

出走奨励金は6着から8着まで(重賞競走は10着まで)が対象となり、1着本賞に所定の比率を乗じた額が支払われます!

・6着…8%
・7着…7%
・8着…6%
・9着…3%
・10着…2%

特別出走手当

特別出走手当は、全出走馬に着順にかかわらず支払われる手当です!

金額は一律30万円前後と言われています。

キョウ
キョウ

競馬は18頭で競い合うから、半分以上の順位であれば比率に応じた賞金がもらえ、半分以下の順位でも、一律で手当がもらえるんだね。

上記の収入以外にも、事故が起きた時は事故見舞金が支払われ、引退を迎えた馬に対しても出走実績に応じた金額の支払いがあります!

サラブレッドの1頭平均の年間収入は約723万円と言われていますので、維持費とさほど差がない気もしますね!

サラブレッドの維持費まとめ

サラブレッドの維持費はいかがだったでしょうか。

中央競馬であれば、サラブレッドの1頭あたり年間750万円ほどの維持費がかかることがわかりましたね!

それなりに大きな額を安定的に稼ぐ必要がありますので、馬主になるにも要件を満たす必要がありますが、要件を満たしていなくても一口馬主という形で出資することで、競馬に関わることができます!

馬主活動に興味がある方は、収入や支出を参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました