やりたいことがない人はどの業界がいいのか!迷った時はITエンジニアがおすすめ

就職・転職

就職活動をする段階で「私はこういう仕事がしたい」と心から思っている人はそれほどいないと思っています。

僕も実際そうで、とにかくラクして生きていきたい!と思っていた意識低い系の学生でした。

そんな僕がたまたまIT業界に就職し、色々な経験を積む中で感じた、IT業界に携わるメリットというのを、僕の考えと共にいくつかお伝えしようと思います!

やりたいことを見つけるには

僕が本当にやりたいことを見つけるためにおすすめするのは、きっかけをつくること、要はまずはとにかくやってみることだと思っています!実際に経験したことでないと、やってみたいとも考えないですし。

例えば学生の頃に何かを企画して発表したところ、先生に褒められたから、そういった企画ができる会社で働きたいとか、居酒屋で接客のバイトしてる時に、お客さんに「笑顔が素敵ですね」と言われたから接客の仕事を続けたいとか、そのようなきっかけで仕事を選ぶこともあるかもしれません。

「そうはいっても簡単にやりたいことが見つかったら苦労しないよ」

もしあなたがそう思っているのであれば、僕は迷わず「IT業界」を選ぶことをおすすめします。

なぜIT業界なのか

僕が、迷った時にIT業界を選ぶべきだと思っている理由は、大きく2つあります。

伸びている産業であり、需要が高まっている

まず1つ目は、今後も伸びていくであろう産業であり、需要が高まっているところにあります。

現状、成長する企業が採用したい人材の数に対して、そもそもIT人材の人手が足りていません。つまり需要が供給より大きい状態なのです。

企業は少し高いお金を出してでも優秀なIT人材は欲しいので、自ずと年収が高くなります。

稼ぎが高いことで、色々なことにお金を使え、それだけ多くのもの触れる機会をつくることができるため、本当に自分がやりたいことを見つける近道になることも事実だと思います。

現に僕も同世代の方達より年収が高いので、色々な経験を積むことができています!

働き方が多様かつ選択肢の幅が広がる

2つ目は、働き方が多様かつ選択肢の幅が広がるところです。

ITといっても色々ありますが、イメージしやすいのはプログラマーでしょうか。

あなたが使っている何かしらのシステムも、プログラマーの方がプログラミング言語を駆使してつくり上げています!プログラマーは基本的にはパソコンが1台あれば仕事ができてしまうため、今流行りのリモートワーク(在宅)ができ、わずらわしい朝の通勤から解放されたりします。

また金融×IT、飲食×ITのように、今やどの産業でもITは切り離せないので、IT業界で技術を身につけておけば、たとえ別の業界に移ったとしても仕事に困ることはないでしょう!

それから「正社員」ではなく「フリーランスエンジニア」として働けるのが魅力ですね!

フリーランスエンジニアの方は会社には所属せずに、業務委託という形でプロジェクトに参画し、成果物をお客様に納める仕事をしています。

僕の周りで聞いてみたところ、フリーランスエンジニアになると正社員の頃のおよそ2.5倍ほどの手取りになっている方が多く、一般的にIT業界は残業が多いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、残業もほとんどしません。

このように今、IT業界で技術を身につけておけば、向こう20年くらいは問題なく食べていけると思いますし、色々な可能性と選択肢が広がる思います。

やりたいことで悩んだら、IT業界をおすすめする理由のまとめ

いかがだったでしょうか。

今就職活動をされている方も、就職したけど悩まれている方も、問題ありません。少しでもIT業界に興味がわいた方は、今からでもIT業界に携わることをおすすめします!

なんとなく選んだ就職先だったけど、今ではこの業界で本当によかったとさえ思っています!

ぜひあなたも人生の選択肢を広げてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました