紅白は口パク禁止?口パク歌手は誰で生歌との見分け方も紹介!

紅白で口パクの理由 テレビ番組

2020年12月31日に第71回NHK紅白歌合戦が放送されたのを見て、ネットでは口パクで歌っている歌手に残念な声や批判的な声が聞かれるようになりました。

紅白歌合戦をリアルで見に来ている観客もいる中で、やはり生歌で聴きたいと言う方も少なくはないようです。

そもそも紅白では口パクは禁止されていないのでしょうか?

そこで今回は、

・紅白は口パク禁止?
・生歌じゃない理由
・口パクの見分け方
・紅白歌合戦口パク歌手

について書いていこうと思います!

紅白は口パク禁止?

紅白歌合戦といってるので、全員生歌を披露するのかというとそうではないようです。

紅白では口パクは特に禁止されておらず、毎年口パク歌手に批判的な意見が集まります!

毎年紅白歌合戦では、口パクを否定するような声が続出します!

上手く歌えなくてもいいから、口パクはやめてほしいとの声は、批判する人のほとんどが共通して思っているようです!

キョウ
キョウ

せっかくだから、歌って欲しいよね。

 

 

なぜ生歌じゃなく口パクなのか理由を考察

紅白の口パク理由

そもそも、なぜ紅白歌合戦では生歌ではなく口パクになってしまうのでしょうか?

今回は以下の3つの理由を考察してみました。

・パフォーマンスしながら歌をうたうのは難しい
・紅白歌合戦はあくまで宣伝であり、綺麗な歌を聞いて欲しい
・年越しの放送事故は縁起が悪い

それぞれ見ていきましょう!

パフォーマンスしながら歌をうたうのは難しい

1つ目の理由は、パフォーマンスしながら歌をうたうのは難しいということです。

Perfumeの場合は、歌が人気なのももちろんなのですが、ダンスパフォーマンスで人気を呼んでいます。

ダンスパフォーマンスに力を入れると、歌唱力が落ちてしまう…と考えて口パクにしていると言った理由も考えられます。

その点で言うと、口パクではないかと疑惑を持たれているほとんどの人が、ダンスパフォーマンスをされている方が多いように感じます。

紅白歌合戦はあくまで宣伝であり、綺麗な歌を聞いて欲しい

2つ目の理由は、紅白歌合戦はあくまで宣伝であり、綺麗な歌を聞いて欲しいということです。

生歌で披露した際に歌が下手すぎるなど、批判的な声があった時期があったようです。

紅白歌合戦では、あくまでも宣伝と割り切って、口パクであってもうまい歌を披露しようと言う考え方もあるようです。

その為、紅白では口パクで歌う歌手が増えたとも言われています。

紅白側の意見もあるようですが、視聴者はそれについて理解できないようですね…。

年越しの放送事故は縁起が悪い

3つ目の理由は、放送事故は縁起が悪いということです。

放送事故は縁起が悪いと言うのは、歌手自身も思う事だと思います。

常に最高のパフォーマンスで挑んでいると思いますが、1年の締めくくりに失敗をすると縁起が良くないのでは…との声も少なくはないようです。

それでもきっと、このような理由で口パクで歌うように紅白から歌手に指示を出しているような気もしますね。

放送事故が起こることを考えたとしても、プロの歌手であれば、そのようなことがないように日頃から練習をすると思うので…。

不本意ながら口パクで歌われている歌手もいると思います。

放送事故はないに越したことはありませんが、仮にあったとしてもそれも思い出として残るのではないでしょうか。

紅白での口パクの見分け方は?

参考情報として、生歌と口パクの見分け方を紹介します。

・口と音楽がズレている
・息継ぎが聞こえない
・イヤーモニターをつけていない
・CDと音程が同じ
・激しいダンスで歌が乱れていない
・マイクの位置がブレブレ
・喉動きや表情があまり変わらない

多くの人が口パクと判断するのは、口と音楽があってない違和感からでしょう!

実際に歌っている場合、途中の息継ぎや生歌ならではのアレンジ、音を外すことだってありえますよね。

紅白歌合戦2021年の口パク疑惑歌手

ここでは紅白歌合戦で2021で口パクの疑惑があった歌手を見ていきます。

紅白口パク疑惑①:まふまふ

今回初出場となった歌い手のまふまふさんですが、喉を痛めてるといった意見がありました。

ただ、高すぎるキーと歌がうま過ぎることから、「口パクじゃない」と言ってる人もいました。

歌が上手いと口パクを疑われることもあるようです。

➡︎まふまふさんのwikiプロフィールはこちら

紅白口パク疑惑②:NiZiU

毎年のように出るNiZiUの口パク疑惑ですが、今年はおそらく生歌でしょう!

ところどころ音程が不安定な部分や、息遣いが聞こえた部分があったという意見が多くありました。

一部被せという形で音源が入っていたかもしれませんが、歌っていたことは間違いないでしょうね。

紅白口パク疑惑③:日向坂46・乃木坂46・櫻坂46

未だに絶大な人気を誇る坂道系アイドルグループ。

彼女らも口パク疑惑は多いですね!

特にダンスが激しい歌だと、歌に集中できないこともあるでしょう。

確かに、音源を被せている部分も多かったが、ちゃんと歌っている部分もあったという意見が多かったです!

紅白口パク疑惑④:YOASOBI

YOASOBIは紅白では生歌を披露していたようです。

普段は口パクという声も多くありましたね。

歌唱力が低いと言われていましたが、どうなんでしょか。

紅白口パク疑惑⑤:キンプリ

キンプリに関しては、2020年の紅白で口パクが疑われていましたが、今年は生歌を披露していたようです!

音をところどころ外しながらも、真剣に歌う姿がかっこいいという意見が多かったですね!

 

紅白歌合戦2020年の口パク疑惑歌手

2020年の紅白歌合戦で、口パクではないかと疑われたのは以下の方達です。

・Foorin
・乃木坂46
・日向坂46
・Perfume
・松田聖子
・NiziU
・嵐
・King & Prince

乃木坂46、日向坂46は口パクなのにどうして声量が小さいんだろうと言う声も少なくありませんでした。

松田聖子さんに関しては、歌唱力がもともとあるので、口パクなのかどうかは分からないと言う声と、安定の口パクと言う声がありましたね!

松田聖子さんは個人的に生歌で聴いたら更なる感動を生み出すのでは…と思うくらいに、歌唱力をリスペクトしている歌手です。

嵐はメドレーを歌った際に、前半は生歌だったけど、後半は口パクだったと言う声も多いです。

このように様々な歌手が口パクをしていると疑惑を持たれていますが…2021年の紅白歌合戦ではどのようになるのでしょうか…。

紅白で口パクを禁止して欲しいまとめ

紅白で口パクを禁止してほしいについてお伝えしました。

口パクの理由についても勝手ながら考察してみましたが、もし、紅白が口パクで歌うことを推奨しているとするなら、視聴者に納得のいく理由があってもいいのではと思います。

出来るなら視聴者目線も考慮してほしいなと思いますね。

それでも、私は今年の紅白を楽しみにしていると思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました