3大キャリアから格安SIMに乗り換えてみて不便に感じたことは?

生活

最近よく聞く格安SIMですが、実はまだそんなに浸透していないみたいです。

2020年時点ではおよそ75%の方が、まだ3大キャリアを使っているようで、サブブランドを除くMVNOのシェアはおよそ15%です。

これを聞くと案外格安SIMに移行すべきか迷われている方が多そうですね!

なので今回は、格安SIMに乗り換えすることによって何ができなくなるのかを、僕が実際に使ってみて感じた部分をふまえてお伝えしようと思います。

格安SIMはなぜ3大キャリアに比べて安いのか

はじめに格安SIMがなぜ安いのかがわからないって方のために簡単に説明しておくと、

3大キャリアは全国に自前の通信設備を持っており、巨額の維持費が必要になります。格安SIMはそれらの設備を持たず、回線を借りているだけなのでサービスの運営コストを安く抑えることができ、安い月額料金でサービス提供ができている、ということになります。

イメージとしては50車線のうち、2車線を借りている状態。つまり同時に使う人が多くなればそれだけ通信も遅く感じることもうなづけますね。

格安SIMでできなくなること

格安SIMはもちろん安いのが売りなんですが、使えなくなる機能もありますので、とりあえずその部分を書いていきますね。

・ほとんどがクレジットカード決済 ・キャリアメールが使えない ・LINEのID検索ができない

・通信速度が遅くなりやすい ・設定は基本自分で行う ・家族割などのプランが少ない

ざっとこれくらいになります。ただ実際のところ僕も格安SIMを何年も使ってますが、上述したデメリットってほとんで感じてないんですよね。

普通に使ってて通信速度も一度も遅いなと感じたことはありませんし、ショップに並ばなくてもすぐに設定ができるのもむしろメリットだと思います!

あなたもパッと見、困るところは少ないのではないでしょうか。

実際に格安SIMを使ってみて感じた部分

格安SIMに乗り換えることによってできなくなることはあるのですが、そこに関連して私が感じた部分をお伝えします。

強いていうなら、少しだけ不便だなと感じた部分は以下の3つですね。

キャリアメール

1つ目はキャリアメール。

一時期インターネットバンキングのサービスをする際の認証コードにキャリアのメールアドレスを使っており、変更した時に使えなくなったのですが、すぐに他の方法で対応できました。

ただ今どきキャリアメールのみのサービスってありますかね。ほとんどがフリーメールアドレスで対応可能ですし、ここまで利用ユーザが増えているので、何かしらの対応はとっているはずです。

なのでキャリアメールで困ることは今後あまりないのかなって個人的には思っています。

LINEのID検索

2つ目はLINEのID検索です。

こちら一時期は不便だと思ってのですが、他にも自分のLINEを教える手段があることに気づいたので、全く困っていません。

直接会えば、バーコードを読みとることができるのはもちろん、バーコード自体も遅れますし、URLを送ることで友達に追加することもできます。

ギガ数が足りない

3つ目はプランです。

そもそも今まで使用していなかったギガ数を減らして、月額料金を抑えようという考え方なので、データを使いすぎる人は格安SIMには向いていないのですが、たまたま超えることもありますよね。

その時のギガの追加料金はかなり割高になり、1GBを500円で追加できます。

僕も5GB、SNSフリーのプランを月額2200円で契約してたのですが、一時期動画をスマホでみる機会が多くなり、半月で超えた時がありました。

その時は追加せず、遅いまま過ごしましたが、スマホ自体でデータを多く使う人は契約する会社とプランを考える必要がありそうですね。

ちなみに乗り換えの3大キャリアから格安SIMへの乗り換えタイミングは月末がベストです。というのも請求額は日割りなんですが、ギガ数はまるまる翌月に繰り越せるからです。

初めの1ヶ月で自分はどれくらいデータを使うのかを確認するといいと思います!

3大キャリアが新プランを発表

ここまで聞くと、格安SIMいいなと思った方が多いと思いますが、実は3大キャリアが2021年に新しい料金プランの提供を始めます。

ドコモが「ahamo」、ソフトバンクが「SoftBank on LINE」、auが「povo

ahamo」と「SoftBank on LINE」は20GBで月額2980円。どちらも5分間までの国内通話が何度でも無料となっています。ソフトバンクだとLINEはデータフリーです。

それから「povo」は20GBで月額2480円、5分間までの国内通話が何度でも無料となる「5分以内通話かけ放題」が500円のオプションになっています。

これらのプランはキャリメールが使えないなど、ほとんど格安SIMと使い勝手が同じです。なので使い分けるとしたら、

毎日スマホで動画を30分〜1時間くらい見るって方は3大キャリアのこちらの新プラン。ほとんど動画を見ない、もしくは家のWiFiだけで十分って方は格安SIMで安いプランを契約するのがいいのではないでしょうか。

格安SIMに乗り換えてみて感じたことのまとめ

大手キャリアから格安SIMに切り替えて今まで使ってきましたが、本当に何かに困ったことはありません。それなのに毎月3000円以上は安くできています。

格安SIMがよくわかっていない、乗り換えが面倒くさいという理由だけで大手キャリアを使っている方は、ぜひ一度プランを見直すことをおすすめします!

必要のない支出はしないよう、しっかりと固定費を抑えて生活していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました