人を苦しめた人の末路は自分に返ってくる?スピリチュアルな意味!

スピリチュアル

因果応報と言う言葉は聞いたことがあると思いますが、その意味を知っている人はどれくらいいるでしょうか。

因果応報とは「人を傷つけた人の末路」と言う意味。

そして、因果応報とスピリチュアルにも深い意味があると言われています。

自己中心的な発言や思いやりのない行動で人を傷つけてしまった場合、その人の人生の末路について気になりますよね。

 

ここでは

人を苦しめた人の末路は自分に返ってくる?
因果応報とスピリチュアルな意味!

これらについてお伝えします!

人を苦しめた人の末路は自分に返ってくる?

人を苦しめた人の末路がどうなるのか気になりますよね。

簡単に言うと、人を苦しめた人の末路は2つのパターンがあると言われています。

・罪悪感にさいなまれて後悔しながら生きていく人生
・罪悪感を感じずに生きていく人生

後者の人も少なくはありません。
だからイジメはどの時代になっても世の中からなくなることはないのかもしれませんね。

2つのパターンについて下記で詳しくお伝えします。

 

罪悪感を感じて後悔する人生

人を苦しめた人の末路の1つに、自分がしてきたことへの罪悪感に押しつぶされ、後悔しながら生きていく人生があります。

若気の至りや未熟なために人を傷つけてしまった場合が多いです。

 

自分が大人になっていくにつれて、あの時どうしてあんなことをしてしまったのか…など、自分の行いについて大きく後悔するようになります

後々になって気が付くので、誤るタイミングを逃してしまうんですね。

そして、罪悪感と後悔で押しつぶされながら過ごすことになります。

 

罪悪感を感じずに生きる人生

人を苦しめた人の末路の2つ目は、罪悪感を全く感じることなく生きる人生

人を苦しめたにも関わらず、全く罪悪感を感じないまま生きる人は少なくはありません。

イジメをした人がそのことを忘れてしまうパターンは多いですよね…。

 

このような人は、スピリチュアル観点から言うと、今でも魂が未熟であり、中には何らかの形で大きな恨みを買ってしまい、悲惨な想いをすることになる場合も。

罪悪感がない人にとっては、自分の行いを忘れているため、理不尽だと思う事でしょう。

しかし、自分の日頃の行いが返ってきただけなのです。

これぞまさしく因果応報ですね!

 

因果応報とスピリチュアルな意味

因果応報とスピリチュアルにはどんな関係があるのでしょうか。

ここではケース別にこれらについてまとめました。

・嘘つきと因果応報
・イジメによる因果応報
・恋愛と因果応報

下記で詳しく見ていきましょう。

 

嘘つきと因果応報

嘘をついてばかりいると、そのうちだれからも信用されなくなり、孤独な未来が待っています。

そればかりか、今まで嘘をついてきた分、因果応報でその人も周りから騙され、誰からも信頼されなくなるのです。

嘘と言っても、その人のための嘘と言う嘘もありますが、ここでいう嘘は周りを不幸にする嘘を言います。

そんな未来にしないために、世のために貢献しましょう。

 

人の役に立つことを積極的に行うことによって、自身の魂を成長させ、生きる意味を見いだすことが出来るようになります。

人に気付かれないところで奉仕活動や寄付活動を行ったり、些細な人助けでもいいですね。

 

イジメによる因果応報

いじめや悪口を言う人は、本人に相当なストレスが溜まっているから。

しかし、それを言葉や行動にして人に当たっても、何らかの形ですべて自分に返ってきます。

人は自分の鏡と言われているように、人を傷つけているようで自分自身を傷つけているんですね。

自分の心が満たされないから相手を傷つけてします。

 

相手に優しくすることで相手からも優しくされ、お互いに心が満たされていくのです。

自分が人からどのようにされたいかを見返りを求めずに行うことで、何らかの形で返ってくることでしょう。

 

恋愛と因果応報

恋愛においても因果応報が関係するようですが、どんなことが起こるのでしょうか。

恋愛においても、相手を傷つけてしまった場合、それは自分に返ってくるどころか、それ以上の裏切りを受けることになります。

前世で誰かを裏切った行いがカルマの法則として、前世の分も今世で現れている可能性もあることを意味しており、倍になって返ってきます。

 

また、同じような恋愛を繰り返している人は、自分自身を見つめ直す必要があります。

同じような恋愛を繰り返すのには何か理由があります。

その理由を知ることで、そこから学び、魂を成長させることが出来、今までよりもより良い恋愛ができるようになるでしょう。

 

人を苦しめた人の末路は悲惨とは限らないという事実


人を苦しめた人は、必ず悲惨な末路を受けると言われていますが、必ずしもそうではないとも言われています。

悲惨な末路を受けるとは限らないのは、因果応報にはなりません。
どういう意味なのか気になりますよね!

 

苦しめられた側からすれば、その苦しみから一生逃れることが出来ず、人生が終わるまで苦しみ続ける人も少なくはありません。

許すことは出来ず、一生後悔に苦しんで反省してほしいと言った思いは大きいと思います。

または自分ではそんなつもりはなかったけど、知らぬうちに人を苦しめ、後になっても気がついていなこともありそうです。
これは若い人に多い出来事かもしれません。

自覚があったとしてもなかったとしても、それがどれほどの苦しみを与えたのかの度合いにもよって、人生の末路は変わります。

 

人を苦しめれば、必ず自分に返ってきますし、同じように自分も苦しめられる経験をすることでしょう。

ですがそれが今生に返ってくるとは限らないと言います。

 

もしかすると亡くなった後や来世で苦しむ場合もあるとも言われており、何も苦しい経験をすることなく生涯を終える人も中にいるようですね。

もし、来世で返ってきた場合、前世の記憶はないのでどうして自分ばかり…と精神的に止んでしまうケースもあるかもしれません。

そう考えると、何だか理不尽な感じもしますが…どうなんでしょうか…。

 

人を苦しめた人の末路は自分に返ってくる?スピリチュアルな意味!まとめ

今回は「人を苦しめた人の末路は自分に返ってくる?スピリチュアルな意味!」についてまとめました。

因果応報とスピリチュアルには深く関係があったことが分かりました。

人を傷つけてしまった分は自分に返ってきますが、それがいつの時期なのかについては人によって時期は違うそうです。

今世ではなく、来世に返ってくることもあると言います。

来世に返ってくる場合には、倍になって災難が降りかかると言われているので、日頃からの行いはものすごく大事ですね!

災難が続いたときは、今一度自分自身を見つめ直しましょう。

スピリチュアル
Good Mix

コメント

タイトルとURLをコピーしました