MetaMask(メタマスク)とは?登録や入金・ネットワーク設定!

Crypto

仮想通貨で欠かせない存在である、MetaMask(メタマスク)

2020年9月4日からスマホアプリが正式にリリースされ、多くのユーザーに利用されるようになりました。

メタマスクは初心者の方でも使いやすく、今注目されているウォレットの1つでもあります。

そこで今回は、MetaMask(メタマスク)についてや登録や入金・ネットワーク設定をご紹介します。

この記事では

・MetaMask(メタマスク)やメリットについて
・MetaMask(メタマスク)の登録方法(ブラウザ版)
・MetaMask(メタマスク)の使い方
・MetaMask(メタマスク)と連携できるサービス
についてまとめています。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク)とはイーサリアム系の仮想通貨ウォレットのことです。

web上でトークンやNFTを一括管理できるため、初心者で仮想通貨を始める人は、MetaMask(メタマスク)から始めている人が多いようですね。

仮想通貨の保管・管理だけでなく、分散型取引所やdApps、ブロックチェーンゲームへ連携・利用が可能となっています!

 

過去にもありましたが、仮想通貨取引所に購入した仮想通貨を置いておくと、ハッキングのリスクがあります。

そのようなリスクを回避するためにも、MetaMask(メタマスク)のような仮想通貨ウォレットに、仮想通貨を移動させておくことが望ましいのです。

また、もしトラブルやバグがおこってしまっても、かなり早い段階で発見される可能性が高いとも言われています。

 

MetaMask(メタマスク)のメリット

では、MetaMask(メタマスク)のメリットについてご紹介していきますね。

 

イーサリアムやNFTまとめて管理できる

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアムのブロックチェーン技術を用いて作られている仮想通貨ウォレットです。

そのため、主に「イーサリアム系」の仮想通貨やNFTの保管・管理が可能となっています。

もちろん、イーサリアム系以外のBSCやPolygonなどのブロックチェーンも設定をおこなうことで、トークンを保管・管理するこも可能です。

 

MetaMask(メタマスク)が対応しているトークンはこちら。

ETH、ERC-20、ERC-721

ERC-20・・・イーサリアムブロックチェーンと互換性のあるトークを作ることができる規格のこと
ERC-721・・・NFTの取り扱いをするための規格のこと

ガス代を調整できる

MetaMask(メタマスク)にはガス代(手数料)を調整できます。

イーサリアム系の仮想通貨をする際、ガス代は時期や時間によって送金速度が変わります。

そのため、MetaMask(メタマスク)には速度を調節できる機能があり、急ぎの際はガス代を高く設定し、通常の時はガス代を遅くし安くする工夫もできます。

 

ブロックチェーンを使ったサービスに接続できる

MetaMask(メタマスク)は、ブロックチェーンを使ったさまざまなサービスに接続可能。

ブロックチェーンを使ったサービスには、分散型取引所(DEX)やNFTマーケットプレイス、ブロックチェーンゲームなどが存在します!

今はPlay to Earnと呼ばれる、遊ぶことでお金を稼ぐことができるNFTゲームが人気ですよね。

 

メタマスクを持っていれば、ほぼこれらのサービスを使用できると思っていいでしょう!

 

MetaMask(メタマスク)の登録方法【ブラウザ版】

MetaMask(メタマスク)の登録方法【ブラウザ版】についてご紹介します。

1番のオススメはGooglechromeです。

 

①メタマスクをブラウザにインストールします。公式ホームページからメタマスクをダウンロードします。

 

②ダウンロードが終わったら、「Install MetaMask for Chrome」を選択します。

選択が終わったら「ウオレットの作成」を選びます。

 

③パスワードを入力し、シークレットカリバーフレーズが割与えられるので入力しウオレットが完成します。

 

MetaMask(メタマスク)の使い方!

 

 

続いて、MetaMask(メタマスク)の使い方についてご紹介します。

 

STEP①:取引所の口座開設をする

まずは取引所の口座開設をします。

1番のオススメがコインチェック。

取引所には海外と国内のものがありますが、海外のものはハッキングのリスクが高いので、あまりオススメはできないですね。

 

STEP②:取引所で仮想通貨を購入する

取引所で仮想通貨を購入する。

チェックコインでイーサリアムを購入してみます。

購入する「数量」や「交換する通貨」が問題なければ完了します。

 

STEP③:メタマスクに送金する

購入したイーサリアムをメタマスクに送金します。

コインチェックの会員からページから「コイン送金」に進み「Ethereum」を選択します。

 

STEP④:各種サービスに送金する

MetaMask(メタマスク)は各種サービスに送金することもできます。

 

STEP⑤:イーサリアムブロックチェーン以外を追加する

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアムブロックチェーン以外を追加することもできます!

BSCはとても便利で「PancakeSwap」や、NFTゲームなどでも多く使用されています。

 

MetaMask(メタマスク)と連携できるサービス

では、MetaMask(メタマスク)と連携できるサービスをご紹介します。

 

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)は世界最大規模のマーケットプレイスです。

有名アーティストのレアな作品や、ブロックチェーンでのゲームなどが購入できます。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は分散型取引所の1つです。

2つの仮想通貨をペアで配当金を貰うことができます。

>>パンケーキスワップでできることや、メリットやデメリットを解説!

 

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)は、世界で最初に開発されたゲームをプレイすることで仮想通貨を稼げます。

メタマスクと簡単に連携ができます。

 

MetaMask(メタマスク)とは?登録や入金・ネットワーク設定!まとめ

今回は「MetaMask(メタマスク)とは?登録や入金・ネットワーク設定!」について書きました。

メタマスクはさまざまなメリットがある仮想通貨ウォレットです。

とりあえずメタマスクがあれば、ブロックチェーンを使ったさまざまなサービスはほぼ使えるといっていいでしょう!

MetaMask(メタマスク)は近年注目されている仮想通貨ウォレットですので、この機会に始められみるといいかもしれませんね。

Crypto
しゅとブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました