Monkey Leagueの始め方は?初期費用や稼ぎ方を解説!

NFT

2022年中にはリリースされるお猿さんのサッカーチームを結成して遊べるNFTゲーム・モンキーリーグ。

リリース前から注目されているゲームですが、遊ぶ前にどうやって始めるか?という疑問をクリアしたいと思いませんか?

 

そこで今回は、モンキーリーグの始め方について見ていきましょう!

また初期費用・稼ぎ方・特徴・将来性を解説します。

新感覚のNFTゲームだって噂があるよね!
どんなゲームなんだろう?

 

モンキーリーグを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

今なら口座を開設後、アプリで本人確認&72時間以内に1円以上の入金完了で1500円分のビットコインがもらます!

コインチェック

モンキーリーグ(Monkey League)とは?

まず始めに、モンキーリーグとはどういうゲームなのか?という疑問にお答えしていきましょう。

 

モンキーリーグの概要は?

モンキーリーグは、4人の猿のNFTキャラでサッカーチーム(FW/MF/DF/GK)を結成し・敵チームと勝負して勝つことで仮想通貨が得られるNFTゲームのこと。

タイトル名 モンキーリーグ(Monkey League)
対応機種 PC・android・IPHONE
仮想通貨 MBS、SCORE、SOL
リリース予定日 2022年後半の予定
公式サイト https://www.monkeyleague.io/

 

モンキーリーグの特徴は?

モンキーリーグの特徴は、以下の3つが挙げられます。

・NFTとDeFiが融合!Play-to-earn型サッカーゲーム
・新感覚のスタジアムNFTゲーム
・仮想通貨MBSがトークンである

 

サッカーゲームって珍しいシステムだね!

 

モンキーリーグ(Monkey League)の初期費用は?

モンキーゲームを始めるに辺り、気になるのは最初にかかるお金はいくらか?ということだと思います。

 

モンキーリングに登場をする猿のNFT1体は、価格は4SOL~10SOLの間くらいです。

つまり、日本円で換算をすると約2万~5万円と言えるでしょう。

 

ゲームを楽しむには猿を4体揃える必要があるので、最安値でも約8万円くらいかかりますね。

結構かかっちゃうんだね💦
でも原資回収できるだろうし初期投資としては安いかな?

 

モンキーリーグ(Monkey League)のゲーム内容

ここでは、モンキーリーグのゲーム内容についてご紹介したいと思います。

 

モンキーリーグはモンキーNFTを購入して、チームを結成する必要があります

モンキーNFTは以下のポジションごと用意する必要があり、最低4人のチームを結成。

・ストライカー
・ミッドフィルダー
・ディフェンダー
・ゴールキーパー

 

モンキープレーヤーには、

・パスの出し方
・コントロール
・正確さ
・ディフェンス

と、いったスキルが設定。

それぞれ現在のステータスレベルと到達可能な最大レベルが決められています。

 

試合に勝ってランクを上げることで稼げる仕組みだね!

 

モンキーリーグを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

今なら口座を開設後、アプリで本人確認&72時間以内に1円以上の入金完了で1500円分のビットコインがもらます!

コインチェック

 

モンキーリーグ(Monkey League)の始め方は?

ここでは、モンキーリーグの始め方について見ていきましょう!

・仮想通貨取引所の口座を開設する
・仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する
・バイナンスの口座を開設する
・バイナンスに仮想通貨を送金する
・バイナンスでBNBを購入する
・メタマスクに登録する
・メタマスクにBNBを送金する
・NFTを購入する

1つずつ、順番に説明をしていきたいと思います。

 

STEP①:仮想通貨取引所の口座を開設する

まずは、仮想通貨を準備する必要があります。

国内の仮想通貨取引所で口座を開設しましょう!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

 

STEP②:仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する

ゲームを始める際にはイーサリアムが必要となり、コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

 

STEP③:バイナンスの口座を開設する

海外取引所のバイナンスを口座開設をしておきます。

理由としては、ブロックチェーンゲームをプレイする際に利用する仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

バイナンスの口座開設がまだの方は、こちらの記事を参考にしてください。

>>バイナンスとは?メリット・デメリットや口座の開設方法まで紹介!

 

STEP④:バイナンスに仮想通貨を送金する

コインチェックかビットフライヤーで準備をした仮想通貨を、バイナンスに送金していきます。

イーサリアムでも可能ですが、お好みの仮想通貨(ビットコイン、リップルなど)でもOK。

コインチェックからバイナンスに送金する方法の記事で、送金におすすめの通貨についても説明しています。

 

STEP⑤:バイナンスでSOLを購入する

仮想通貨SOLは猿を買うために必要な通貨となります。

先程のSTEPで送金した仮想通貨はSOLに変えられるので、バイナンスで換金しましょう。

バイナンスの場合、国内取引所から送金した仮想通貨を「コンバート」することで、SOLを手に入れることが可能です!

 

STEP⑥:ファントムウォレットを作成する

先程のSTEPで手に入れたSOLを入れるために必要なお財布=ウォレットを作成しましょう。

ファントムウォレットはSolanaを使ったNFTゲームをやる上で必須ですので、この機会に作っておくといいですね。

 

STEP⑦:ファントムウォレットにSOLを送金する

ファントムウォレットに、バイナンスからSOLを送金しましょう。

 

STEP⑧:NFTを購入する

仕上げはモンキーリーグ公式サイトにアクセスし、メタマスクを接続して好みの猿を買えばゲームで遊べます!

 

この順序でモンキーリーグを遊べられるようになるんだね!

 

モンキーリーグ(Monkey League)の進め方・稼ぎ方は?

ここでは、モンキーリーグの進め方・稼ぎ方を見ていきましょう!

 

まずはプレーヤーとなる

モンキーリーグのプレイ方法には3つあります。

・Player vs Environment(プレイヤー対コンピュータ)
・Player vs Player (プレイヤー対プレイヤー)
・Team vs Team(チーム対チーム)

全ての試合にプレイヤー・スタジアムNFTのホスト・観客が存在。

 

ゲーム終了後は報酬としてMBSトークンを入手でき、勝利チームとなれば報酬全体の75%を獲得できます!

 

観客かスタジアムNFTの保有者となる

ゲームを遊ぶ時間が十分に確保できない場合は、ゲームの観客かスタジアムNFTのオーナーとなることで稼ぐことも可能!

 

MBSトークンのステーキング

2022年6月27日から、モンキーリーグ公式サイトでMBSトークンのステーキングが開始されました。

今回のステーキングに用意されているMBSトークンは、90日間で合計5,000,000枚となっています。

特徴としては、早い時期に預けるほどAPY(年率)が高くなりより多くのMBSトークンを獲得!

いろいろな稼ぎ方があるんだね!

 

モンキーリーグ(Monkey League)の将来性は?

モンキーリーグの将来性についてですが、結論から言うと将来性があります

というのも、リリース前にも関わらずモンキーリーグはすでに様々な企業・プロジェクトと提携をしているのです!

 

例を挙げると、BGA・RANKER DAOなどなど…有名企業・プロジェクトの名前が!

今後も増える見込みなので、将来有望なNFTゲームと言えるでしょう。

リリースされてすぐ始めたら稼げそうかも!?

 

モンキーリーグ(Monkey League)の始め方は?初期費用や稼ぎ方・特徴や将来性を解説!まとめ

今回は「モンキーリーグの始め方は?初期費用や稼ぎ方・特徴や将来性を解説!」について書きました。

ここまでをまとめると、以下のようになります。

・初期費用…猿のNFT1体は、価格は4SOL~10SOLの間くらい。日本円で換算をすると約2万~5万円。
・稼ぎ方…まずはプレーヤーとなる。観客かスタジアムNFTの保有者となる。MBSトークンのステーキング。
・将来性…あり。すでに様々な企業・プロジェクトと提携。今後、増える見込み◎
となります。
ゲームを開始するには、国内・海外の仮想通貨取引所の口座を開設する必要があるのでそこは押さえておきましょう♪
まだリリース前のゲームとなりますが、楽しくプレイしながら稼ぐことができると言えますね!
興味がある方は、是非公式サイトをチェックしてみて下さい!

モンキーリーグを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

今なら口座を開設後、アプリで本人確認&72時間以内に1円以上の入金完了で1500円分のビットコインがもらます!

コインチェック

 

NFT
しゅとブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました