村上茉愛の子役時代がかわいい!深キョンとドラマ「ウメ子」で共演?

村上茉愛 子役時代 かわいい 体操

東京オリンピック2020で銅メダルを獲得したことで注目を集めた村上茉愛(むらかみ まい)選手。

村上茉愛さんは3歳の頃から体操を始めて、これまで体操一筋かと思いきや、実は子役としてドラムに出演した過去があります!

そしてその子役時代が非常にかわいいと評判。

そこでこの記事では、村上茉愛さんの子役時代の写真エピソードについて書いていこうと思います!

村上茉愛の子役時代がかわいい!

村上茉愛さんは、小学3年生の頃にドラマ「ウメ子」に出演しています

上の写真で真ん中の女の子ですね。

このドラマは阿川佐和子さんの長編小説を映像化したもので、ある小学校教師が幼い頃に出会った個性的な少女(=ウメ子)との思い出を振り返ることを通じて、様々な人間模様を映し出す作品です。

この小学校教師役を務めたのが「深キョン」こと深田恭子さんで、ウメ子を演じたのが村上茉愛さんなんです!

この時の村上茉愛さんの演技は子供ながらにして、大人顔負けの演技だったとか。共演者の薬師丸ひろ子さんも「泣きの演技がすごい!」と大絶賛したといいます。

キョウ
キョウ

村上茉愛さんは子供の頃から表現力が高かったんだね!

そして最近の彼女の活躍を見て、「ウメ子」を思い出す人が多いようです。

これ以降は特にドラマの出演はありませんので、体操の方に集中したということですね!

村上茉愛が子役活動を行った理由は?

3歳から体操を始めた村上茉愛さんですが、なぜ子役活動を行ったのか気になりますよね?

調べてみると、そこには2つの理由がありそうです。

①人前に出るのが好きだったから
プレッシャーに強くなるための訓練

人前に出るのが好きだったから

1つ目の理由は人前に出るのが好きだったからです。

村上茉愛さんは幼い頃から目立つことが好きな子だったようで、誰にでも人見知りしなかったそう。

5歳の頃、テレビ番組の企画で「30秒間連続逆上がりチャレンジ」に挑戦する際も、堂々と披露したエピソードがありました!

また「ウメ子」のオーディションの時は、600人の応募者の中から選ばれたのですが、特技の「バク宙」を見せるなど、1人だけオーディションを楽しんでいたといいます!

阿川佐和子さんも「彼女の野生的な魅力に惚れ込んだ」と語っていたのだとか。

キョウ
キョウ

昔から人を惹きつける何かがあったんだね!

プレッシャーに強くなるため

2つ目の理由はプレッシャーに強くなるためです。

村上茉愛さんはずっと「池谷幸雄体操倶楽部」で指導を受けていましたが、このドラマ出演は池谷コーチの方針だったそう。

人目にさらされることや緊張感に慣れることで、重圧のかかる場面でも力を出せるようにする狙いがあったと言います!

体操は特に緊張感の高い競技でもあるので、そういったメンタルトレーニングが大事だということですね。

そういった訓練の甲斐あって、4年に一度のオリンピックという場でも結果を残せたのでしょう!

村上茉愛のプロフィール

名前:村上 茉愛(むらかみ まい)
愛称:ゴムまり娘
生年月日:1996年8月5日
年齢:24歳(2021年7月時点)
出身地:神奈川県相模原市
学歴:日本体育大学卒業
身長:148cm
体重:48kg

村上茉愛の子役時代まとめ

村上茉愛の子役時代のエピソードはいかがだったでしょうか。

ウメ子は非常に可愛らしかったですね!今もそうですが、昔から表現力は高かったということがわかりました!

今回のオリンピックで最後と噂される村上茉愛さんですが、この先の進路に注目が集まっているそう!

彼女は体操選手としての実績はもちろん、かわいらしいルックスを持ち合わせていますからね。

子役時代の経験を活かして女優活動体操競技の指導者運動系バラエティーに出演するタレントなど、さまざまな道が考えられそうです。

現役を卒業した後も、彼女の姿を見れることを楽しみにしています!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました