年賀状じまいする時の文例は?40代の親戚・友達・寒中見舞い!

生活

毎年のように年賀状を送り合うのが煩わしくなり、卒業したいと考えている40代の方も多いのではないでしょうか?

年賀状じまい」や「終活年賀状」に興味がある人も少なくないでしょう。

ただ、実際に年賀状じまいするとなると、どのように書けばよいかわかりませんよね?

そこで今回は、40代の年賀状じまいの文例を紹介します。

親戚や友達、寒中見舞いなど、シチュエーションごとの文例をお教えしますよ!

キョウ
キョウ

面倒なら早めに年賀状じまいしたいよね。

 

 

年賀状じまいとは?

年賀状じまいとは、今後の年賀状を辞退する旨を伝える最後の年賀状のことを言います。

終活年賀状とも言われ、終活の一環として人間関係を整理する意味でも広まっているんですよ。

急に連絡を取らなくなるよりは、お互いに気持ちがスッキリしますよね。

 

40代で年賀状じまいしても大丈夫?

結論から言うと、40代で年賀状じまいすることは全く問題ありません。

終活をはじめるには若い年代ですが、スマホやSNSなどの普及に伴っていつでも連絡を取れることから、年賀状の習慣を辞めようという人も増えています。

そのため、若い年代の人でも年賀状じまいをする人は増えているんですよ。

黙って年賀状を辞めるよりは、年賀状じまいをした方が誠実で義理を通すことになるでしょう!

 

年賀状じまいするメリット

年賀状じまいをすることで、

・人間関係や連絡先を整理できる
・年賀状を作る手間や費用をなくせる
・新しい連絡手段に切り替えられる

といったメリットがあります。

年賀状でしかやりとりしていない人も多いですよね。

そういった人間関係を整理できるのは、年賀状じまいの大きなメリットです。

 

いきなり年賀状を辞めるより、段々と出す量を減らしていく人もいると思いますので、年賀状の枚数が少なくても印刷できるおすすめサービスをこちらでご紹介しています!

 

40代の年賀状じまい文例

40代は、終活を始めるには若い年齢です。

そのため、年賀状じまいで人間関係にひびが入らないよう、今後も付き合いは変わらないことを伝えましょう。

また、送る相手によって文面を変えることも必要です。

 

今後も関係を続けたいと思う相手には、連絡の代替手段を提示しておきましょう!

年賀状じまいの構成は以下のようになります。

・挨拶
・年賀状じまいの理由
・連絡の代替手段
<文例>
明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。今年も変わらずに宜しくお願いいたします。
(理由)により、本年を最後としましてどなた様とも、年賀状での挨拶を控えさせていただくことといたしました。
ご無礼をどうかお許しください。今後は〇〇までご連絡頂けると幸いです。

次からは、送る相手ごとの文例や気を付けたいポイントを紹介しますよ!

 

親戚に出す年賀状じまいの文例

普段会わない親戚との付き合いでは、子供の成長を知るための手段として年賀状が活躍していることも多いものです。

子供が成人したり独立したりするタイミングを理由にするのも良いでしょう。

また、祝い歳に合わせて年賀状じまいするのも自然ですよ!

おかげさまで子どもたちも立派に成長し、末の息子も成人を迎えました。
誠に勝手ではございますが、今年をもちまして年賀状じまいとさせていただきます。
私自身、〇歳(祝い歳)を迎え、年波には逆らえません。
誠に勝手ながら、本年をもちまして年始のご挨拶状を控えさせていただきたく存じます。

他の親戚にも同じように年賀状じまいしていることを伝えることもポイントです。

「どなた様も」「皆様にも」などの文言を入れておくと良いですね。

 

友達に出す年賀状じまいの文例

気の知れた相手であれば、メールなどで年賀状じまいをお知らせしても構いません。

相手が年賀状を書いてしまわないように、12月のはじめまでには連絡するようにしましょう。

ただし、メールでの連絡は失礼だと考える人もいるので、注意が必要です。

 

昔の友人などに年賀状じまいを出す際は、時代の流れや忙しさなどを理由にすると自然ですよ。

毎年頂いておりました年始のご挨拶ですが、時代の移り変わりもあり、誠に勝手ではありますが、今年をもちまして年賀状を最後とさせていただくことになりました。
今後はSNSを通じて変わらないお付き合いをしていただければ幸いです。
大変恐縮ではございますが、高齢の両親との時間を作りたく、本年をもちまして年賀状での挨拶を最後とさせていただきます。

 

寒中見舞いで出す場合の文例

喪中などの理由で年賀状が出せなかった場合は、寒中見舞いで年賀状じまいの旨を伝えることも可能です。

寒中見舞いの場合は、松の内とも言われる1月7日から、立春の2月4日までに出すことがマナーです。

寒中お見舞い申し上げます。
お変わりなくお過ごしでしょうか。我が家はみんな元気に過ごしております。
(近況報告など)(理由)により、本年を最後としましてどなた様とも、年賀状での挨拶を控えさせていただくことといたしました。
今後はメールにて変わらぬお付き合いを続けていただけると幸いです。

まずは近況報告などの一般的な挨拶を書き、年賀状じまいの報告から切り出すことのないように気を付けましょう。

 

年賀状じまいする時の文例は?40代の親戚・友達・寒中見舞い!まとめ

今回は、40代の年賀状じまいについて書いてきました。

基本的な文例は以下の通りです。

明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。今年も変わらずに宜しくお願いいたします。
(理由)により、本年を最後としましてどなた様とも、年賀状での挨拶を控えさせていただくことといたしました。
ご無礼をどうかお許しください。今後は〇〇までご連絡頂けると幸いです。

親戚や友達など、相手との関係性によって言い方を変えて、トラブルのないように気を付けましょう。

寒中見舞いで年賀状じまいを伝えることも可能ですよ!

生活
Good Mix

コメント

タイトルとURLをコピーしました