【年賀状をやめる時の文例】友達ならラインでOK?ポイントはある?

生活

メールやLINEで気軽に挨拶をすることが出来、時代の変化とともに、年賀状じまいをする方が増えてきました。

そろそろ自分も年賀状をやめようと決心してみても、いきなり送るのを止めると相手に失礼なのでは?と思いますよね。

とは言え、年賀状をためる時にはどのような文章を書いて送ればいいのかなど、意外と分からないものです。

 

ここでは

・年賀状をやめる時の文例は?
・友達ならラインでOK?ポイントはある?

これらについてお伝えします。

 

年賀状じまいとは?

年賀状じまいとは、年賀状を今年で終わらせる旨を伝えるための「最後の年賀状」のことを言います。

一般的には、高齢の方が人生の節目で年賀状じまいを送ることが多いですが、メールやLINEなどインターネット環境の普及や家庭の事情などを理由に、若い世代でも年賀状じまいを送る方が増えてきています。

 

年賀状のやり取りしかしていないような関係では、年賀状を止めると自然消滅してしまい、関係が断ってしまう事も…。

そうならないためにも、年賀状じまいをすれば、気持ちよく終わらせることができますね。

 

年賀状をやめる時の文例は?

年賀状じまいを送りたいけど、いざ送ろうとするとどんな文章を送ればいいのか迷いますよね。

年賀状をやめる時の文面のほんの一例を挙げましたので参考にしてみてください。

 

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
年賀状でのあいさつは今年で終わりにし、来年からはメールやLINEでの挨拶に切り替えることにしました。
新年のあいさつに限らず、今まで同様これからはメールやLINEで、メッセージのやり取りができればと思っています。
いつまでも変わらずにお付き合いをしていただけると嬉しいです。

メールやLINEなど、時代を感じさせる文面を取り入れてみるのもいいですね。

私も個人的に、年賀状を止めて新年のあいさつはLINEでしています。

 

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
誠に勝手ながら、毎年の年賀状は今年限りで失礼したいと思います。
今後は電話やメールでやり取りができれば嬉しいです。
皆様にとって幸せな一年でありますように。

これは、今後のお付き合いをシャットアウトしたい人に向けた文例です。
年賀状だけズルズルとやり取りしているけれど、それ以外の関りは特に…と思っている人がいるなら、この文章はあとくされなくていいのではないかと思います。

特に年賀状だけでしたやり取りをしていない人の場合はメールや電話はなかなかしないですよね…。

 

友達に年賀状じまいを伝える方法は?

友達に年賀状じまいを伝える方法には年賀状で伝える方法やメールやLINEを使った方法などがります。

ここではその方法について詳しくお伝えしていきます。

 

年賀状で伝える

長い間やり取りしていた年賀状をやめる際に、友人関係を悪くしないようにしたいですよね。

いくら親しい関係であっても、きちんと礼儀正しくやめる気持ちを伝えることで、これまで同様に気持ち良くお付き合いをすることが出来るのではないでしょうか。

 

メールやLINEで伝えることもできますが、これまでの締めくくりとして最後に年賀状を出す方法もいいと思います。

年賀状の文言には、翌年からは誰にも年賀状を出さない旨を入れ、送った相手に不快な思いをさせないようにしましょう。

 

年賀状のやり取りのみだった友人関係は、これをきっかけに自然消滅する可能性も考えられます。

年賀状はやめても友人関係は続けたい人には、連絡先を記載しておくといいですね。

 

メールやLINEで伝える

友人関係ならば、年賀状じまいをメールやLINEで伝える人も少なくはありません。

メールやLINEで知らせる場合は、あまりに早すぎて縁切りの印象を与えてしまう恐れがあるので、11月位に送るようにしましょう。

11月位に送るについては下記で詳しく説明いたします。

 

友達に年賀状じまいを伝える時のポイント

どれだけ仲のいい友達であっても、マナーを守ってやり取りをしたいものですよね。

ここでは友達に年賀状じまいを伝える時のポイントについてお伝えします。

 

LINEで伝えるときに気を付けること

年賀状じまいのLINEを送るのは11月頃がおすすめな理由として、年賀状の発売日が毎年11月1日(土日の場合を除く)だからです。

早い人であれば既に我が家を計算に入れて購入なさっている方もいたかもしれません。

 

年賀状を送ろうと早々と作成している人もいると思うので、年賀はがきを購入する前にお知らせしておくといいですね。

 

年賀状じまいの理由

・このたび我が家では時代の流れから、年賀状をやめることにしました。
・本年を持ちまして年賀状での年始のご挨拶を止めることにしました。

など、どうして年賀状を止めるのかをしっかりと理由を書くことが大事です。

 

やめるタイミングを明確に書く

年賀状じまいの理由で触れたように、このたびや本年を持ちましてと今回の年賀状で最後にする旨を伝えることが大事です。

メールやLINEなど、年賀状以外で伝える場合には、いつから年賀状をやめるのか分かりやすく書いておくと親切ですね。

 

【年賀状をやめる時の文例】友達ならラインでOK?ポイントはある?まとめ

今回は、「【年賀状をやめる時の文例】友達ならラインでOK?ポイントはある?」についてお伝えしました。

年賀状じまいは若い世代の人にも自然と増えています。

メールやLINEなど、手軽に連絡することが出来るようになったと言う時代の流れや、忙しいなどの家庭の事情など、さまざまだと思います。

どんな理由であれ、年賀状じまいをするときには、友達付き合いにひびが入らないようにしたいですよね。

いつ、どうして止めるのかを明確に記入し、今後の付き合いはこれまでと変わらない旨もしっかりと伝えておくことが大事と言えるでしょう。

生活
Good Mix

コメント

タイトルとURLをコピーしました