NFTアートの作り方とアプリ3選!無料でアンドロイド版とiPad?

NFTアートの作り方とアプリ3選 NFT

SNSやテレビ・ネットニュースなどでも話題となっている『NFTアート』。

「興味はあるけど絵を描いたことがない…」「NFTアートにチャレンジしてみたいけど初心者でもできる?」と疑問に思っている方、多いと思います。

 

そこで今回は、NFTアートの作り方をご紹介していきます。

またNFTアートを作るには何を使えばいいのか?おすすめのアプリを3つ見ていきましょう!

アートって聞くと難しそうだけど…僕でもできるのかな?

NFTアートの作り方

まず始めに、NFTアートの作り方をご紹介したいと思います。

 

NFTアートの作り方は想像以上にシンプルです。

「Photoshop(フォトショップ)」や「Illustrator(イラストレーター)」などの画像加工/作成ソフトを使って、png/jpeg画像を作るだけ!

基本的な画像作成スキルは身につける必要がありますが、今はYouTubeで検索をすれば絵を描く方法はいくらでも学べます。

 

そして、技術より大切なのが『どんなNFTアートを作るか?』ですね。

自分だけのコンセプトを持って独創的なアートを描いてみて下さい。

これだけでNFTアートを作れるんだ!?

結構簡単にできるんだね♪

 

NFTアートはアンドロイドとiPadで違う?

NFTアートを作成する上でオススメの端末は

「iPad Air」×「ApplePencil」

この2つになります。

iPhoneやandroid端末でも作ることは可能ですが、細かい作業が難しいので本格的に作りたいなら揃える方が良いでしょう。

 

初期投資が結構かかると思われますが、後々回収ができるので思い切って購入してはいかがでしょうか?

良いアートを作るためにも揃えるのがいいよね♪

 

NFTアートを作るおすすめアプリ3選

ここでは、NFTアートを作るためのおすすめアプリを3つご紹介していきましょう。

「Photoshop(フォトショップ)」や「Illustrator(イラストレーター)」の他にも、簡単にNFTアートを作れるアプリがあります!

 

シンプルなドット絵アプリ:8bit Painter

『8bit Painter』は、シンプルで簡単な操作性でドット絵を描くことができるアプリです。

ドット絵初心者でもすぐに使えるので、ドット絵作成に最初に使うアプリとしておすすめです。

キャンバスサイズは7種類から選べ、画像をインポートしてドット絵に変換することも可能。

 

万能イラストアプリ:ibisPaint X(アイビスペイントX)

『ibisPaint X』は、無料で使える高性能なイラストアプリです。

イラストだけでなく漫画も描けますし、コミュニティサイトもあるのでユーザー同士つながることが可能。

有料ソフトに負けず劣らずの機能が備えられていて、高度な絵も描くことができます。

 

イラスト寄りの本格的な作品が作りたい方におすすめです。

 

高性能ドット絵アプリ:Pixelable – ドット絵エディター(App Store、Android)

『Pixelable』は、高機能なドット絵が作れるアプリです。

『8bit Painter』は初心者でもすぐに使える反面、高度な機能がありません。

一方、『Pixelable』ではレイヤー編集機能やキャンバスサイズ任意設定機能など…より高度な機能があります。

無料でも本格的にドット絵を描きたい方におすすめです。

僕でもドット絵なら描けそうだな…!

 

NFTアートの作り方とアプリ3選!無料でアンドロイド版とiPad?まとめ

今回は「NFTアートの作り方とアプリ5選!無料でアンドロイド版とiPad?」について書きました。

意外とNFTアートが簡単に作れることが分かりましたね!

最初はipadやペンシルを揃えるのが大変かもしれませんが、本格的に始めたいのなら準備をしてみるといいかもしれません^^*

絵を描くことが苦手な方でも、簡単にチャレンジできるドット絵から始めるのもアリですね♪

NFT
しゅとブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました