NFTのホワイトリストとは?やり方やメリット・ミントや獲得条件!

NFT

非代替性トークンとも呼ばれるNFTが話題になっています。

とんでもない値段でやり取りされるデジタル資産の話なども耳にしますよね。

そんなNFTの取引でよく聞く「ホワイトリスト」とは一体なんのことなんでしょうか?

ホワイトリストを獲得することで、有利な売買ができるのですが、そのやり方や獲得条件が気になりますよね!

 

そこで今回は、NFTのホワイトリストについて解説していきます。

メリットや獲得条件、獲得する方法もお教えしますよ!

キョウ
キョウ

ホワイトリストって何が良いの?

 

ホワイトリストの獲得には取引所が必要になりますので、サクッと登録しておきましょう!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

コインチェック

 

NFTのホワイトリストとは何か解説

ホワイトリストとは、NFTの購入優先権のことです。

分かりやすく説明すると、ブラックリストの逆で、警戒する必要がなく、購入を優先的に行う権利を持った人のリストのことを意味しています。

NFTプロジェクトの初期段階では特に、抽選を行ったりしてホワイトリストを配ることが多くあります。

ホワイトリストを獲得していれば、一般販売よりも早くお得にNFTを購入することができますよ!

 

なぜホワイトリストがあるのか?

ホワイトリストを配ることによって、プロジェクトの運営側にも、

・NFTプロジェクトの知名度を上げる
・コミュニティの規模を大きくする

といったメリットがあります。

ホワイトリストを配るときはTwitterを利用することが多いのですが、フォローやRTなどを通じて、広告やマーケティング活動にも繋がっているようです。

 

ホワイトリストのメリット

ホワイトリストを獲得することによって、通常価格よりも安くミントすることができます

ミントとは、NFTを新規に発行・作成することを言います。

そもそも人気のNFTの売買は非常に競争が激しいものです。

ホワイトリストを獲得して安くNFTを購入することで、転売などの方法で利益が出せるという仕組みになっています。

 

また、人気のNFTの一般販売には購入者が殺到するので、ガス代と呼ばれる手数料が高騰する可能性があります。

ホワイトリストを獲得して優先的に購入することで、ガス代を抑えられるというメリットもありますよ。

 

ホワイトリストの獲得条件

ホワイトリストの獲得は、基本的にはTwitterで開催されているホワイトリストギブアウェイに参加することになります。

ただしその前に、いくつかの準備が必要です。

・仮想通貨取引所の口座
・ウォレット
・NFTの売買に使う暗号資産

全くの初心者には、アプリダウンロード数No1コインチェックの口座がおすすめですよ。

無料で口座開設することができます。

ウォレットは、暗号資産やNFTを入れるデジタル上の財布のようなものです。

こちらも初心者であれば、メタマスクがおすすめですよ。

 

暗号資産に関しては、NFTのやりとりにはイーサリアムなどが使われることが多いようです。

これらの準備ができれば、獲得する条件はある程度クリアです。

他に、各種SNSを使う必要があるので、次から紹介していきます。

 

WLGiveawayに参加

ホワイトリストは、Twitterで開催されるWLGiveaway(ホワイトリストギブアウェイ)に参加するのが基本です。

Twitterで「Giveaway」「WLGiveaway」「ホワイトリスト」などと検索すると、多くの募集が出てきますよ。

それぞれの案件で、フォローやRTなどが条件になっているので、その条件をクリアして応募していきましょう。

 

Discordの登録

Discordは、簡単なチャットツールです。

Twitterで行われているWLGiveawayでも、Discordの参加や招待、発言などが条件になっているものが多くあるので、事前に登録しておくと良いでしょう。

 

Telegramの登録

Telegramは無料のメッセージアプリです。

こちらもプロジェクトによっては、同じように必要になることもありますよ。

 

NFTのホワイトリストとは?やり方・作り方やミントと獲得条件!まとめ

今回は、NFTのホワイトリストについて、メリットややり方、獲得条件などを書いてきました。

ホワイトリストとは、NFTの購入優先権のことです。

・仮想通貨取引所の口座
・ウォレット
・NFTの売買に使う暗号資産
・Twitterの登録
・Discordの登録
・Telegramの登録

などを準備することで、ホワイトリストの獲得やその後のNFTの売買が可能になります。

ただし、発信者が公式サイトであることを確認することは大切です。

きちんとプロジェクトの精査をした上で、ホワイトリストの獲得とNFT売買を行いましょう!

 

ホワイトリストの獲得には取引所が必要になりますので、サクッと登録しておきましょう!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

コインチェック

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT
Good Mix

コメント

タイトルとURLをコピーしました