ランジャタイの名前の由来とネタはどっち?つまらないOR面白い?

ランジャタイの由来 お笑い芸人

「ランジャタイ」と言う名前のお笑い芸人をご存じでしょうか?

男性2人のお笑いコンビで、かなりインパクトのあるネタは必見です!

毎回どんな事をやってくれるのかワクワクさせてくれるコンビですね。

今回はそんなランジャタイのプロフィールやコンビ名の由来などについて調査しました。

この記事では

・ランジャタイのプロフィール
・名前の由来
・ネタはどっちが作ってる?
・つまらないOR面白い?

について書いていこうと思います!

ランジャタイのwikiプロフィール

ランジャタイは男性2人で結成されたコンビです。

・伊藤 幸司(いとう こうじ)
・国崎 和也(くにざき かずや)

この2人のプロフィールについて見ていきましょう!

ランジャタイ・伊藤 幸司のプロフィール

名前:伊藤幸司(いとうこうじ)
生年月日:1985年11月18日
出身地:鳥取県岩美郡
特技:水泳

黒色の衣装と髪型が特徴的なツッコミ担当。

ランジャタイ・国崎 和也のプロフィール

名前:国崎 和也(くにざき かずや)
生年月日:1987年9月3日
出身地:富山県氷見市
特技:バスケットボール

黄色の衣装が特徴的なボケ担当。

ドラえもんと同じ誕生日です。

ランジャタイの意味や由来は?

「お笑いで天下を取りたい」と言う思いを込めてつけられた芸名だそうです。

コンビ名にもなっている「ランジャタイ」ですが、ランジャタイは漢字で「蘭奢待」と書き、天下を取った人物だけが切り取ることのできる香木のことを言います。

キョウ
キョウ

意外と素敵な由来だったw

ランジャタイの経歴は?

ランジャタイの経歴を見ていきましょう!

2006年 2人ともNSC東京校12期生として入学
2007年 ランジャタイ結成
2015年 オフィス北野に所属が決まる
2018年5月 オフィス北野を退所
2019年9月 グレープカンパニー所属
2020年 M1グランプリ敗者復活15位
2021年 M1グランプリ決勝進出

事務所をいくつか転々としながらも、芸人としての活動をずっと続けてきた2人。

下積み時代は相当苦労したのだとか。

2007年に結成してるので、おそらく2022年のM1グランプリがラストイヤーになると思われます。

ぜひ結果を残して欲しいですね!

ランジャタイのネタはどっちが作っている?

ネタ作りはすべて国崎さんが作っているようです。

しかし、国崎さんだけのネタ作りでは、独特すぎる世界観に仕上がるため、伊藤さんが一般向けに軌道修正しているような感じだそうです。

土台は国崎さんが作り、最終的な仕上がりは2人で行われているようですね!

ランジャタイのネタはつまらないOR面白い?

ランジャタイのネタについて、みなさんはどのように思っているのでしょうか。

ランジャタイの印象としては、「よく分からない」「不思議な世界観」と言った印象を持たれている方が少なくはないようです。

でも、そんな独特なセンスが多くのファンの心をつかむのでしょうね。

ランジャタイの名前の由来とネタはどっちまとめ

ランジャタイの名前の由来とネタはどっちが作っているかについてお伝えしました。

ランジャタイは「お笑いで天下を取りたい」と言う意味を込めてつけられたコンビ名のようです。

ネタはすべて国崎さんが考え、伊藤さんの意見も取り入れて完成するようですね。

2人の仲が良いからこそできる独特な世界観なのだと思います。

2021年のM1グランプリの結果はどうなるのでしょうか。

これからの活躍も楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました