ランブロックス(RunBlox)の始め方は?初期費用や稼ぎ方!

NFT

ランブロックス(RunBlox)は、歩いたり走ったりするだけで稼げるNFTゲームです。

今話題のランブロックスをプレイしたいけど、「始め方がわからない」「初期費用や仮想通貨の稼ぎ方」「将来性」が気になるという方も多いのでは?

ランブロックスの靴の値段はいくらなのか。

今回はランブロックス(RunBlox)がどんなゲームなのか、解説していきます!

  • 初期費用
  • ゲームの始め方
  • 進め方・稼ぎ方
  • 将来性

についてもまとめて紹介いたします。

 

ランブロックスを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

コインチェック

 

ランブロックス(RunBlox)とは?


ランブロックス(RunBlox)は、Move to Earnと呼ばれる種類のNFTゲームです。

Move to Earnゲームではランニングやジョギング、ウォーキングなど運動をすることでゲームトークンを稼ぐことができます!

今、そんなMove to EarnゲームがSNSなどで話題に。

さっそく、ランブロックスの概要や特徴を見ていきましょう。

ランブロックス(RunBlox)の概要は?

ゲーム名 ランブロックス(RunBlox)
対応機種 iOS/Android
トークン RUX/OBX
ブロックチェーン Avalanche(アバランチ)
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter 公式Twitterはこちら

Avalanche(アバランチ)チェーンは、処理が高速でガス代(手数料)が安いことが特徴です!

 

ランブロックス(RunBlox)の特徴は?

ランブロックス(RunBlox)には以下のような特徴があります。

  • 歩くだけで稼げる
  • スマートウォッチに対応予定
  • OpenBloxが開発

ランブロックスは歩いたり走ったりするだけで稼げるゲーム。

他のMove to Earnゲームアプリと併用もできます!

ですので、すでにSTEPNなどのMove to Earnアプリで稼いでいる方は、ランブロックスも始めることでさらに収入を増やすことも可能。

 

また、ランブロックスはアップルウォッチなどのスマートウォッチにも対応予定

スマホを持って運動するのは大変ですよね。

スマートウォッチに対応すれば時計だけ着用すればいいので、これまでMove to Earnゲームが続かなかった方も継続できるかもしれません!

 

そして、ランブロックスはOpenBloxが開発しています。

OpenBloxは、NFTゲームのプラットフォーム。

ZOZOの創業者である前澤友作さんが設立したファンドも、OpenBloxへの投資を発表しています!

このため、ランブロックスは日本でも注目されていますよ。

 

ランブロックス(RunBlox)の初期費用は?

ランブロックス(RunBlox)を始めるためには、NFTスニーカーの購入が必要です。

NFTスニーカーは、1足あたり6AVAX(約2万円)のよう。(2022年8月時点)

スニーカーやAVAXの価格は日々変動するので、購入時に確認してくださいね!

 

ランブロックス(RunBlox)のゲーム内容

ランブロックス(RunBlox)ゲーム内容はシンプルで、歩いたり走ったり運動するだけでトークンを稼げます。

ゲームをプレイするのに必要なNFTスニーカーは以下の3種類。

スニーカーの種類 対応スピード
Walk 2~7㎞/h
Jog 5~11㎞/h
Run 7~20㎞/h

スニーカーには以下の4つのステータスがあります。

  • Attack(トークンの稼ぎやすさ)
  • Luck(運)
  • Speed(速さ)
  • Hitpoint(ダメージに耐えられる値)

AttackやHitpointが高いスニーカーで運動すると、効率よく稼ぐことができますよ!

また、スニーカーのレアリティは以下の5つ。

  • Common
  • Rare
  • Epic
  • Hero
  • Legendary

レアリティが高いLegendaryのスニーカーを着用して運動すると、稼げるトークンも多くなります!

 

そして、ランブロックスで採用されているトークンは以下の2種類。

  • RUX:ゲーム内トークン
  • OBX:ガバナンストークン(OpenBloxのトークン)

OBXはBybit(バイビット)などの海外取引所に上場しています!

 

ランブロックスを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

コインチェック

 

ランブロックス(RunBlox)の始め方は?

それでは、ランブロックス(RunBlox)の始め方をみていきましょう。

手順は以下の通りです。

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. 仮想通貨取引所でリップルを購入する
  3. バイナンスの口座を開設する
  4. バイナンスに仮想通貨を送金する
  5. バイナンスで仮想通貨をAVAXに交換する
  6. アプリをダウンロードしAVAXをアプリ内ウォレットに送金する
  7. NFTを購入する

ひとつずつ解説していきますよ!

 

STEP①仮想通貨取引所の口座を開設する

ランブロックスに限らず、NFTゲームを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必要です。

国内取引所は複数ありますが、初心者におすすめはコインチェック

アプリが使いやすく、無料で口座開設ができます。

 

STEP②仮想通貨取引所でリップルを購入する

リップル(XRP)は、処理速度が速く、手数料が安いのが特徴です。

リップルを使えば、速く安く仮想通貨の送金ができるのでおすすめ

ゲームを始める際に必要となるNFT購入のために仮想通貨を使うので、事前に準備しておきましょう。

 

STEP③バイナンスの口座を開設する

バイナンス(BINANCE)は、仮想通貨の海外取引所

基本的にNFTゲームを始める時には、バイナンスなど海外取引所の口座が必要になります。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要な仮想通貨は、海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所で、日本語にも対応しているので、口座開設も難しくありませんよ!

バイナンスの口座開設がまだの方は、こちらの記事を参考にしてください。

>>バイナンスとは?メリット・デメリットや口座の開設方法まで紹介!

 

STEP④バイナンスに仮想通貨を送金する

バイナンスは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

バイナンスに仮想通貨を入金する方法はいくつかありますが、国内の取引所から送金するのが手数料が安く済むのでおすすめ。

ですので、最初に開設したコインチェックやビットフライヤーなどの国内仮想通貨取引所からバイナンスの口座へ、仮想通貨を送金しましょう。

 

STEP②でリップル(XRP)を購入するとしましたが、ここではリップル以外の仮想通貨でもOKです!

コインチェックからバイナンスに送金する方法の記事で、送金におすすめの通貨についても説明しています。

 

STEP⑤バイナンスで仮想通貨をAVAXに交換する

ランブロックスではAVAXという仮想通貨が必要になります。

STEP④でバイナンスに入金した仮想通貨を使って、AVAXを購入します。

購入手順は

1. 仮想通貨をUSDTに交換
2. USDTをAVAXに交換

となります。

 

STEP⑥アプリをダウンロードしAVAXをアプリ内ウォレットに送金する

次にランブロックスアプリをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、バイナンスで購入したAVAXをアプリ内ウォレットに送金します。

 

STEP⑦NFTを購入する

アプリ内ウォレットにAVAXが入金されたら、NFTの購入が可能になります。

まずは、マーケットプレイスでNFTスニーカーを購入します。

あとは歩いたり走ったりすることで、RUXトークンを獲得できます!

 

ランブロックス(RunBlox)の進め方・稼ぎ方は?

ランブロックス(RunBlox)の進め方・稼ぎ方は以下の3つです。

  • 歩いて稼ぐ
  • NFTを売る
  • RUXをプールする

順番に説明していきますね。

 

歩いて稼ぐ

ランブロックスの基本となる、歩いて稼ぐ方法です。

購入したNFTスニーカーを装着してウォーキングやランニングをすることでトークンを稼げます。

稼げるトークンはRUX

装備する靴によってRUXを稼げる能力が変わってきます。

レベルの高いスニーカーの方が稼げる可能性が高いですが、費用も高くなるので注意してください!

 

NFTを売る

2つ目はNFTスニーカーを売って稼ぐ方法です。

利益を得るには、以下の2つの方法があります。

  • NFTスニーカーのレベルを上げる
  • NFTスニーカーをミントする

高レベルなスニーカーは高額で取引される可能性があるので、利益を得られるかも。

また、ミントとは2足のスニーカーを使って新しくNFTスニーカーを作成すること。

ミントしたスニーカーを売却することも可能です!

 

RUXをプールする

3つ目は獲得したRUXをTrader Joeでプールする方法です。

Trader JoeはAvalanche(アバランチ)チェーンのDEX(分散型取引所)。

RUX/AVAXの流動性プールが設けられているので、稼いだRUXをAVAXと一緒に預けることで、年利に応じた利益が得られるかもしれません。

ただし、トークンの価格が下がり続ける可能性もあるので、慎重に検討してください。

獲得したけど使用しないRUXが貯まっている場合、プールして稼ぐのも一つの方法かもしれませんね。

 

ランブロックス(RunBlox)の将来性は?

ランブロックス(RunBlox)は将来性ありだと考えます!

その理由は以下の2つです。

  • ロードマップが明確
  • 一般層への普及

それぞれ見ていきましょう!

ロードマップが明確

ランブロックスは2022年第4四半期までのロードマップを公開しています。

2022年の第3四半期には、スマートウォッチにも対応予定。

「より身軽にウォーキングやランニングを楽しめるようになる」と期待されています。

今後のロードマップが明確に決まっているので、将来性はあるといえますね。

プロジェクトが順調に進んでいるのか、ロードマップで進捗を確認することも重要ですよ。

 

一般層への普及

今後Move to Earnゲームは仮想通貨に関心のない方まで普及していくといわれています。

STEPNが爆発的な人気を得て、Move to Earnゲームが現実的に可能だと証明されたことが理由のひとつ。

特にランブロックスは前澤友作さんが投資したことで、多くの方に注目されています。

NFTゲームの市場拡大とMove to Earnゲーム人気に後押しされて、ランブロックスも今後さらに人気を集める可能性はありそうですね!

 

ランブロックス(RunBlox)の始め方は?初期費用や将来性!まとめ

今回はランブロックス(RunBlox)の始め方は?初期費用や将来性!について書きました。

ランブロックスのゲーム内容や初期費用、将来性をまとめると以下のとおりです。

  • 初期費用:NFTスニーカーの購入代金
  • 進め方・稼ぎ方:歩いて稼ぐ、NFTの売却、RUXのプール
  • 将来性:ロードマップが明確であること、一般層への普及により将来性が期待できる

また、ランブロックスの始め方も解説しました。

ランブロックスはまだ始まって間もないプロジェクト。

早く始めることで先行者利益も得やすくなりますよ!

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

ランブロックスを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

コインチェック

 

NFT
Good Mix

コメント

タイトルとURLをコピーしました