サンナ・マリンの生い立ち経歴!若き首相の名言や旦那・子供は?

サンナ・マリンの生い立ち 芸能人・有名人

世界最年少で首相に就任した、フィンランドのリーダーサンナ・マリン首相。

着ている服や結婚、ジェンダー平等や政策、発言など様々なことで注目を集めていますね。

2022年5月には、訪日されていて岸田首相とも会談されていました。

そんなサンナ・マリン首相の生い立ちや経歴、名言、旦那、子どもまで幅広く調べてみました。

キョウ
キョウ

確か、34歳という若さで首相になった方だよね。どんな生い立ちなんだろ~。

サンナ・マリン首相のwikiプロフィール

名  前:サンナ・ミレッラ・マリン( Sanna Mirella Marin)
生年月日:1985年11月16日
出  身:ヘルシンキ
職  業:第46代フィンランド首相・フィンランド社会民主党代表

 

サンナ・マリン首相の生い立ちは?wiki経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sanna Marin(@sannamarin)がシェアした投稿

サンナ・マリン首相はヘルシンキで生まれ、父親が経済的困窮からアルコール依存症になり離婚。

両親の離婚後は、母親と同性パートナーに育てられています

3人での生活は経済的に貧しく、学生時代はスーパーマーケットでレジ打ちのアルバイトをしながら生活費を稼いでいたようです。

2007年に、タンペレ大学へ進学しています。ん?貧しかったのでは?と疑問になりますよね。

フィンランドは、教育の費用が無償となっていて、大学、プレスクール、大学院まで学費がかかりません。このおかげで、大学進学して首相が生まれていますから、日本でも見習いたい制度ではありますね。

2012年27歳のとき、フィンランド地方選挙でタンペレ市議会の議員に選ばれ政治家の道へと進みます。

2017年行政科学(Administrative Sciences)の修士号を取得して卒業。

2018年1月、元サッカー選手のマルクス・ライッコネンさんとの間に娘のエマを出産。

2019年12月3日、アンティ・リンネ首相がサウリ・ニーニスト大統領に辞表を提出。社会民主党の党内の投票が実施され、首相に就任しました。

マリン首相の内閣には、男性7人、女性が12人の大臣で構成されています。政治への女性進出率がすごい国ですね。

2022年2月から、ロシアがウクライナ侵攻を開始し、フィンランドではNATO加盟を支持する世論が高まっています。

2022年5月10日、マリン首相は日本を訪問し、岸田首相と会談。NATOへの加盟に関して「おそらく申請するだろう」と伝えていました。

12日には、ロシア外務省が「フィンランドのNATO加盟の動向については、報復措置を取らざるを得なくなるだろう」と述べています。

北欧諸国とロシアの対立も深くなりそうです。これからの、首相の手腕に期待したいですね。

 

サンナ・マリン首相の名言は?

名言は、まとめてみました。

・私は娘や世界の全ての子供達、将来世代にとって、世界をより良い場所にしたいのです。
もちろん私たち政治家は、政治を子供達のためにやっています。
・私にとって人々は常に平等です。意見の問題ではありません。
・私はすべての子供が何にでもなることができ、すべての人が尊厳をもって生き、成長できる社会  をつくりたいと考えています。

また彼女は首相就任から、「大事なのは問題点。そして、それに対する取り組み。首相は、誰がやったっていい。」という立場をとっています。

なんだか彼女の言葉や立ち振る舞いを見ていると、日本の政治家と全然違うように感じてきます。

 

サンナ・マリンの旦那・子供は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sanna Marin(@sannamarin)がシェアした投稿

旦那様は、 元サッカー選手のマルクス・ライッコネンさん。

このマルクス・ライッコネンさんとは、幼馴染で18歳から生活を共にするような関係だったみたいです。お二人はこの関係をパートナーと呼んでいます。

とっても、あこがれますよね。

2020年8月には、首相公邸ケサランタで挙式。コロナ禍ということもあり大々的には行っていないようでした。

そんなお二人の結婚式の写真が上の写真です。とっても、幸せそうですね。

2018年1月彼との間には娘のエマちゃんが誕生しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sanna Marin(@sannamarin)がシェアした投稿

 

サンナ・マリンの生い立ち経歴!若き首相の名言や旦那・子供は?まとめ

今回は、サンナ・マリン首相の生い立ちや経歴・名言や旦那様・子どもまで書いてみました。

大学で勉強しながら、政治の仕事も両立されていて本当の尊敬できる方でした。

フィンランドでは、女性進出率が高く教育の水準でも日本と違うことが実感できました。

旦那様との関係も18歳からと長く、これからますます公私にわたっての活躍が期待できそうですね。サンナ・マリンの生い立ち経歴!若き首相の名言や旦那・子供は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました