佐藤隼輔は何がすごい?経歴成績や球種・スカウト評価も徹底解剖!

佐藤隼輔 何がすごい 経歴 球種 野球

プロ野球界の1大イベントの1つ、ドラフト会議が10月11日に行われます!

各球団が将来の成長を見込める選手や、即戦力となるルーキを指名していくわけですが、僕が注目しているのは、筑波大学の佐藤隼輔(さとう しゅんすけ)選手です!

佐藤俊輔選手はキレのある最速ストレートの加え、鬼曲がるスライダーが武器の本格派左腕であり、ドラフト上位指名が確実でしょう。

そこでこの記事では、佐藤隼輔選手の

・wikiプロフィールや経歴
・何がすごいのか?
・スカウトの評価

について書いていこうと思います!

佐藤隼輔のwikiプロフィール

気になる佐藤隼輔さんのプロフィールを見てみましょう!

名前:佐藤隼輔(さとう しゅんすけ)
生年月日:2000年1月3日
年齢:21歳(2021年10月時点)
出生地:山形県
身長:181cm
体重:81kg
投打:左投左打
ポジション:ピッチャー
身長はプロ野球界だとちょうど平均くらい、体重は平均より3kgくらい軽いですね!
顔は芸人の劇団ひとりに似てるという声がありましたw

佐藤隼輔の経歴

佐藤隼輔さんの経歴はこのようになっています!

・仙台市立愛子小学校(愛子スポーツ少年団)
・仙台市立広瀬中学校(折立スパローズ → 広瀬中野球部)
・仙台市立仙台高校
・筑波大学
佐藤隼輔さんは、今に至るまでどのように成長していったのか見ていきましょう!

愛子小学校時代

佐藤隼輔さんは小学校4年生の時に野球を始め、愛子スポーツ少年野球団に入ります。

始めてすぐにポジションはピッチャーだったようですね。

また、小学6年生の終わり頃から、リトルリーグの折立スパローズに入り、全国選抜大会で優勝しています!

2年間で普通ここまで上手くなりますかね。

僕も小学生の頃に野球をしていましたが、明らかずば抜けて上手い人がいた記憶があります。思った通り、その人は後にプロに行ってました。

佐藤隼輔さんも、その類の人だったんでしょうね!

広瀬中学校時代

中学1年までは折立スパローズで野球を続けていましたが、その後中学校の野球部に入部することになります。

キョウ
キョウ

てことは、硬式から軟式に転向したことになるのか。

中学でもピッチャーとして活躍し、東北大会で準優勝を果たします。

その後、宮城県選抜にも選出されていますね!

仙台高校時代

佐藤隼輔さんは仙台高校に進学しています。

仙台高校では1年時の夏から、背番号18で公式戦に出場していました。県大会1回戦では9回10安打、9K3失点の力投で初完投勝利を飾りました。

この時の球速は、高校1年にして135km/hを計測していたそう。

2年生の時に、コントロールを崩し負けた試合を機に、制球力をあげるトレーニングを始めたと語っています。佐藤隼輔さんの制球力の高さは、ここにつながってくるんですね!

高校3年春の地区予選では、30回35Kの力投を見せ、プロスカウトから素材の良さを高評価されていました。

また、宮城大会2回戦では、当時自己最速の144km/h計測しています。

プロ10球団のスカウトが視察に訪れていた、夏の大会初戦・名取北戦では、自己最多18K、5対0完封の快投を見せ、3回戦まで完封勝利を挙げる計29イニング連続無失点をマークしました。

佐藤隼輔さんはドラフト候補として名前はあがっていたものの、プロ志望届を提出せず大学進学を選択しました!

その時の心境を、本人はこのように語っています。

進路についてはギリギリまで悩みましたが、高校でしっかり勝ち切れなかったというのが1つ。それに当時は、プロに行って活躍できるというほどの自信がなかった。プロ野球は、迷いがある中で行くような世界ではないですし、高校生だろうと大学生だろうと、プロに行く選手は行くという言葉もいただていたので、4年後に良い形でいければという思いで、大学進学を決めました。引用:4years大学スポーツ

しっかり自分と向き合い、4年後にプロに行くという熱い気持ちがすごく感じられますね!

筑波大学時代

筑波大学に進学した佐藤隼輔さんは、1年生の秋からリーグ戦に出場していますね!

開幕から2番手の先発として起用され、3勝0敗、防0.00(1位)でベスト10入りを果たします。武蔵大2回戦では初登板で東海大6回無失点に抑え、初勝利をおさめました。

1年時の秋から翌2年の春にかけて、44.2回連続無失点の記録をたたき出しました。

大学4年の時には球速をさらに伸ばし、152km/hを計測しています!

佐藤隼輔は何がすごい?

佐藤隼輔さんは何がすごいのかというところで、注目ポイントがいくつかあります。

・国立大学出身でドラフト1位の可能性
・日本代表に選出されている
・かなり曲がるスライダーが武器

国立大学出身でドラフト1位?

もっとも注目すべき、国立大学出身で史上2人目となるドラフト1位の可能性があること。

大学に進学する場合は、指定校推薦などがある私立大学に行くことが多く、高校から注目されていた選手は高校卒業後プロになることも多い。

そんな中、国公立の筑波大学からドラフト1位をもらう可能性があるとされており、非常に注目を集めています!

そうなると、史上1人目は誰かが気になると思いますので、ご紹介しておきますね。

その方はすでに現役を引退されていますが「杉本友」選手です!

高校卒業後、一浪して筑波大学に入学し、3年次には首都大学リーグの大東文化大学戦でノーヒットノーランを達成するなど、輝かしい成績を残し注目を集めました。

1996年のドラフト会議でオリックスから1巡目指名を受け入団するも、なかなか結果が残せず、2000年オフに横浜ベイスターズに移籍。

2003年オフに横浜ベイスターズから戦力外通告を受けて、ヤクルトスワローズにテスト入団するも、2005年に再び戦力外通告を受けて現役を引退しています。

キョウ
キョウ

過去に前例があったということも、筑波大学を選んだ理由の1つだったかも知れないね。

武器となる球種はスライダー

佐藤隼輔さんの得意とする球種はスライダーです!

本人もスライダーを自信に持っており、ストレートと同じ感覚で腕を振れるそう。

球種自体は、ストレートスライダーチェンジアップとシンプルな組み合わせですが、投球が組み立てられる投手として評価が高いです!

ストレートの球速が152km/hと速い上に、コントロールがよく変化球も上手く混ぜてこられたら、打者も非常に打ちにくいでしょうね。

佐藤隼輔のスカウトからの評価

佐藤隼輔さんは、スカウトからも非常に高い評価を得ているようですね!

もしかしたら、指名が入るかも知れない球団スカウトの評価を紹介しておきます。

・DeNA(河原スカウティングディレクター)
「ソフトバンク和田投手のようなイメージ。チェンジアップも速い球も抜いた球を投げ分けられている。1位指名の能力、ポテンシャルは十分にある」
・ロッテ(榎康弘アマチーフスカウト)
「丁寧に投げている。序盤は外角中心で後半は内角を使って、投球の幅が広い。(右打者に)クロスに入ってくるボールが良かった」
・ヤクルト(小川GM)「(けがは)練習があまりできなかった影響もあるのかもしれないけど、上位候補であることに間違いない。(1位候補の)12人に入ってくる可能性もある」
・中日(小山スカウト)「負けないピッチング。すごい丁寧に投げている」

・西武(渡辺久信GM)
「左投手でバランス良く投げることができる。150キロ以上のボールもあり、上位で(指名が)来る」

佐藤隼輔のwiki経歴まとめ

いかがだったでしょうか。

佐藤隼輔さんは小学4年生からスタートし、すぐにその才能を開花させていることがわかります。

迷いが残った状態で高校からプロになるのではなく、自分の力を伸ばした4年後にドラフト1位を目指すという、熱い思いと先を見据える計画性が彼の魅力ですね!

スカウトの評価も高いですし、スペックの高い左腕ですので、上位で指名が来ることは間違い無いでしょう。

スカウトが視察していた試合での怪我は、ドラフトにどう影響するか不安なところですが、これまで努力した結果がぜひ実って欲しいと思っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました