Sunflower Landの始め方や稼ぎ方は?初期費用や将来性!

今年1月に閉鎖された人気NFTゲームのサンフラワーファーマーズ(Sunflower Farmers)

その続編となるサンフラワーランド(Sunflower Land)が5月に発表されました。

 

改めてどんなゲームなのか、どうやって始めるのかを知りたいと思いませんか?

そこで今回は、サンフラワーランドの始め方について解説します。

・初期費用
・ゲームの始め方
・進め方・稼ぎ方
・将来性

についても見ていきましょう!

 

サンフラワーランドを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

コインチェック

 

1.サンフラワーランド(Sunflower Land)とは

サンフラワーランド(Sunflower Land)は、play to Earnという種類のNFTゲームです。

プレイヤーが育てたNFT(食物)と、事前にショップで仕入れたNFT(種)の差額が利益になると言えば分かりやすいでしょうか?

 

何となく地味に感じる方も多いかもしれません。

ところが、SNS上ではリリースから3カ月以上が経過した現在も根強い人気を保っているようです。

それはなぜなのか、気になるサンフラワーランドの概要や特徴を見ていきましょう!

 

サンフラワーランド(Sunflower Land)の概要は?

ゲーム名 サンフラワーランド(Sunflower Land)
対応機器 PC/スマホ
トークン MATIC/SFL
ブロックチェーン Polygon(ポリゴン)
公式サイト こちち
公式Twitter こちら

サンフラワーランドは、食物が育つまで収穫を待たなければいけません。

これだけ聞くと放置ゲームかと思われるかもしれませんが、収穫するアイテムが10種類もあります。

 

しかも、収穫するまでの時間は1分~24時間と幅広いです。

まずは、利益にこだわらず、自分の思いのままに畑を作って楽しむこともできます。

収穫した作物はそのまま売ったり、用途によっては料理に使用したりすることもあるんですよ。

 

サンフラワーランド(Sunflower Land)の特徴

サンフラワーランドには、以下の特徴があります。

・Open Seaで自分の作成したNFTを販売できる
・人気ゲーム「Sunflower farmers」の続編

Open Seaは世界でもっとも有名なNFT専門店です。

1カ月の取引量は日本円で約6000億円!

そんなお店で、自分の作成したNFTが並ぶことを想像すると、夢があるように感じませんか?

 

また、冒頭で少し触れたように人気ゲーム「Sunflower farmers」の続編としても話題ですね。

前作は高い人気を誇っていたゲームでした。

ただ、1人のユーザーに対して複数のアカウントが得られる仕組みのために問題が発生します。

 

取引が多くなるのと比例して、手数料も通常の最大20倍まで上昇してしまったのです。

これが問題となり、「Sunflower farmers」は閉鎖されました。

 

「Sunflower Land」は前作の反省を生かし、1人のユーザーにつきアカウントが1つに制限されています。

使用できるアイテムの数が増えたことも、ユーザーの心を掴んでいるようですよ。

 

2. サンフラワーランド(Sunflower Land)の初期費用は?

サンフラワーランドを始めるには、10MATICが必要です。

日本円に換算すると約1,000円になります。

これは、NFTゲームの中でもっとも安いものの1つと考えて良いでしょう。

 

初期費用にかかる金額が大きいと、それを回収しなければと気持ちが焦ることもありますよね?

癒し系のゲームをプレイしていても、心からまったりとした気持ちになれないと思います。

このゲームに関しては、こつこつと続けていけば遅くても数カ月で初期費用は回収できるはず!

 

さて、初期投資に関して良いことばかりでなく、注意点も紹介しましょう。

少し注意したいことは、ゲーム内で得られるトークンのSFLは、MATICとは全くの別物だということです。

 

徹底的にコストを抑えたい場合、特に安くなったタイミングでMATICを購入するのもありでしょう。

さて、次はいよいよゲームの内容について詳しく見ていきますよ!

 

3. サンフラワーランド(Sunflower Land)のゲーム内容は?

サンフラワーランドは、プレイヤーが農場のオーナーになって、色々な方法で利益を得ていくゲームです。

まずは、農場で収穫できる作物を紹介します。

 

詳細、及び収穫までにかかる時間は以下のとおりです。

・ひまわり    1分
・ポテト     5分
・カボチャ    30分
・ニンジン    1時間
・キャベツ    2時間
・ビーツ     4時間
・カリフラワー  8時間
・パースニップ  12時間
・ラディッシュ  1日
・小麦      1日

以上が、収穫できる作物全10種類の詳細です。

これだけたくさんの種類があると、何から手をつけていいのか分かりませんよね?

 

まず小さな農場があり、ひまわりが3つ咲いているのが目に入るはずです。

それを収穫し、ショップで売りましょう。

そうすることによって、ゲーム上で使えるトークンであるSFLを手に入れることができます。

 

そして、SFLを使ってひまわりの種を買い、とにかくたくさん育てましょう。

買う、育てる、そして売る!

この3つの作業を繰り返していると、だんだんトークンがたまってくるはずです。

 

トークンがたまると、ひまわり以外の作物を育てることができるようになります。

作物を収穫したら、ぜひゲーム上のキッチンで料理をつくってもらって下さい。

 

例えば、カボチャが5つと調理代のSFLを持った状態でキッチンを選択したとしましょう。

そうすると、パンプキンスープが作れるんですよ。

それを、農場にいるゴブリン(緑色の小鬼)に渡すと、農場の面積を広くしてくれます。

 

こんな風に、こつこつと自分の農園を作りながら利益を得ていくゲームです。

短時間で気楽にプレイできそうな、癒し系のゲームだと思いませんか?

 

サンフラワーランドを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

コインチェック

 

4.サンフラワーランド(Sunflower Land)の始め方は?

ほのぼのとした雰囲気のサンフラワーランドですが、始めるまでに少し手間がかかります。

手順は以下の通りです。

・仮想通貨取引所の口座を開設する
・仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する
・バイナンスの口座を開設する
・バイナンスに仮想通貨を送金する
・バイナンスでをMATICを購入する
・メタマスクに登録して公式ページと接続させる
・公式ページにアクセスして10MATICを払う

1つずつ解説していきます!

 

STEP①:仮想通貨取引所の口座を開設する

サンフラワーランドを始めるには、仮想通貨取引所の口座が必要です。

国内の取引所では、アプリが使いやすいコインチェックがおすすめです。

口座開設も無料でできて、9/30まで1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンも展開中ですよ!

 

STEP②:仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する

イーサリアム(ETH)は、サンフラワーランドで作成されたNFTをOpen Seaで売買する際に必要になります。

事前に購入しておきましょう。

 

STEP③:バイナンスの口座を開設する

サンフラワーランドで使用する仮想通貨のMATICとSFLは、日本で取引されています。

しかし、まだ流動性が低く、世界最大規模の取引量のあるバイナンスで口座を開設する方が適切だといえるでしょう。

日本語にも対応しているので、安心して手続きができますよ。

 

バイナンスの口座開設がまだの方は、こちらの記事を参考にしてください。

>>バイナンスとは?メリット・デメリットや口座の開設方法まで紹介!

 

STEP④:バイナンスに仮想通貨を送金する

バイナンスは日本円に対応していません。

そのため、海外で購入した仮想通貨をバイナンスへ送金する必要があります。

 

その際、送金アドレスを間違えて、仮想通貨が消えないように注意しましょう!

少しの仮想通貨を送金して、アドレスが正しいことを確認する習慣がつくと良いですね。

コインチェックからバイナンスに送金する方法の記事で、送金におすすめの通貨についても説明しています。

 

STEP⑤:バイナンスでMATICを購入する

MATICはバイナンスで取り扱われている仮想通貨なので、直接購入が可能です。

STEP④でリップルやビットコインを使用していた場合は、MATICとコンバート(交換)する方法もあります。

 

STEP⑥:メタマスクに登録し、公式ページと接続させる

多くの仮想通貨のウォレット(サイフ)として知られるメタマスク。

前作のサンフラワーファーマーズはスマホでプレイすることができませんでした。

 

しかし、今作ではメタマスクと紐づけることでスマホでもゲームを楽しめるようになりました。

今回のウォレットはメタマスク一択です。

ネットワークの初期設定にpolygon(ポリゴン)にして、バイナンスから送金することも大切!

 

メタマスクの登録がまだの方は、こちらの記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?登録や入金・ネットワーク設定!

 

STEP⑦:公式ページにアクセスして10MATICを払う

最後に、公式サイトにアクセスし、10MATICSを払えばゲームを開始することができます。

ここで注意点ですが、公式サイトには公式ツイッターからのリンクからアクセスしましょう。

Googleなどで検索した場合、詐欺サイトが上位に表示されて個人情報が盗まれることがあります。

 

5.サンフラワーランド(Sunflower Land)の稼ぎ方は?

サンフラワーランドの稼ぎ方には、前述した野菜や料理の売買に加え、資源を集めるという方法もあります。

資源を得るためには、木を切って材木にしたり、石を叩いて鉱石を手に入れることが必要です。

 

資源がたまると、珍しいアイテムを入れることができます。

ここで、1つ具体例を挙げましょう。

材木と鉱石それぞれ5つずつに加え、材料費の5SFLを持って鍛冶屋(Craft)を選択します。

 

そうすると、農場を拡張するためのハンマーを作ることができるのです。

レアアイテムは、Open Seaでも数千円以上の値段で売買されているそうです。

 

しかし、最初から珍しいアイテムを作ることを目標することはあまりおすすめできません。

その理由は、このゲームで得られる利益がお小遣いの範囲を出ないだろうと言われているからです。

 

個人的にも、このゲームの売りは気軽に遊べることことだということを見失いそうだと思いました。

 

6.サンフラワーランド(Sunflower Land)の将来性は?

サンフラワーランドの将来性は大いにあると思います。

なぜなら、サンフラワーファーマーズの改善点を克服してリニューアルされているからです。

 

前作は、複数のアカウントが乱立することが原因で閉鎖されました。

そこで、今作では1人のユーザーが2つ目のアカウントをメタマスクに登録すると、それまでのアカウントが消えるという分かりやすい対策が提示されました。

 

これにより、それぞれのプレイヤーが得られる利益は大幅に減りました。

しかし、浮き沈みの激しいイメージのあるNFTゲームのなかで、とても安定感のある印象が強まったのではないでしょうか?

 

なお、現在このゲームは日本語の対応をしていません。

しかし、日本からの参加者が増えれば状況が変わるかもしれません。

 

SFLとSLFが日本で取引されているので、日本での多く流通するようになれば、サイトの日本語訳等が検討されるかもしれませんね。

サンフラワーランドの今後の展開に注目していきましょう!

 

7.サンフラワーランド(Sunflower Land)の始め方や稼ぎ方は?初期費用や将来性!まとめ

今回は、サンフラワーランドの始め方や初期費用、将来性について書いてきました。

人気ゲームだったサンフラワーファーマーズの続編なので、前作とどのような変更点があるのかに注目してこの記事を読まれた方が多いのではないでしょうか?

それに加えて、ゲームに参加する前の注意点や新しく加わった魅力も伝わっていれば嬉しいです。

どうぞ安全にゲームを楽しんで下さい。

 

サンフラワーランドを始めるには、仮想通貨取引所が必要になります!

初心者におすすめなのは、アプリが使いやすいコインチェック

コインチェック

 

NFT
Good Mix

コメント

タイトルとURLをコピーしました