鈴井貴之の自宅住所は?赤平のアトリエやどうでしょうハウスとは?

鈴井貴之の自宅住所 芸能人・有名人

J1リーグに所属する、北海道コンサドーレ札幌の社外取締役の就任で話題になっている鈴井貴之(すずい たかゆき)さん

北海道発のバラエティ番組「水曜どうでしょう」の企画・出演者で、「ミスター」「会長」としても有名ですよね。

そんな鈴井さんの自宅住所は一体どこなんでしょうか?

 

出身地でもある北海道・赤平市という場所に住んでいて、アトリエも構えているという噂もあります。

そこで今回は、鈴井貴之さんの自宅住所はどこなのか場所について調査し、プロフィールや経歴とともに紹介します。

「どうでしょうハウス」についてもどんなものなのか、お教えしますよ!

 

鈴井貴之のwikiプロフィール

・名前:鈴井貴之(すずい たかゆき)
・生年月日:1962年5月6日
・年齢:59歳(2022年4月現在)
・出身地:北海道・赤平市
・身長:178cm
・血液型:O型
・活動期間:1982年~
・所属劇団:OOPARTS
・事務所:CREATIVE OFFICE CUE

 

鈴井貴之のwiki経歴

北海道の赤平市で生まれた鈴井貴之さん。

小さい頃から8ミリカメラで映画を撮るのが好きだったそうです。

北海学園大学法学部に入学しますが、酒と演劇に溺れて中退しています。

 

その後はいくつも劇団を立ち上げ、演劇界にその名を知られるようになっていった鈴井さん。

1992年に、CREATIVE OFFICE CUEを設立して、代表取締役社長に就任しました。

現在では、全国的に有名になった大泉洋さんや安田顕さんも所属する「TEAM NACS」など、多くのタレントが所属する事務所です。

 

鈴井さんが全国的に人気となったのが、大泉洋さんと出演し、企画構成もしたHTBの「水曜どうでしょう」です。

鈴井さんは、大泉洋さんが呼び始めたのをきっかけに「ミスター」という愛称で親しまれるようになり、現在は映画監督やタレント、プロデュース業と様々な分野で活躍しています。

 

鈴井貴之の自宅住所は?

鈴井貴之さんの自宅はどこにあるのでしょうか。

また、「どうでしょうハウスって何?」と気になる人もいるかもしれません。

次から説明していきます。

 

北海道の野原を開拓

鈴井貴之さんは芸能事務所の取締役ながら、地元である北海道・赤平市に1万坪もの土地を買って、自ら野原を開拓しているようです。

インタビューでも、完全に森の中だと語っていました。

チェーンソーで木を切ったり、草刈り機で草を刈って土地を開拓しているんだとか。

 

自宅住所は赤平のアトリエ?

自宅住所は公開されていませんでしたが、もしかすると「何番地」といった住所もないような森の中なのかもしれません。

自宅兼アトリエとして使っているようで、なんとフットサルのコートまで作られているようですよ!

 

「どうでしょうハウス」は、鈴井さんの住んでいるところとは別のものです。

2019年から2020年にかけて放送された「水曜どうでしょう」の企画「北海道で家、建てます」の舞台で、こちらも赤平市。

水曜どうでしょうメンバーで2年以上を費やして作ったもので、2022年の7月16日から一般公開も始まるようですよ。

 

鈴井貴之が赤平のアトリエに住む理由は?

鈴井さんは結局、地元である赤平市のことが好きなんですよね。

2011年頃から赤平に土地を買って住んでいるようですが、

「森の中、自然の中で暮らしたいと思ったんです。色々なことに疲れたんですよ(笑)」

とも語っていました。

北海道の人なので、土地を買って開拓したいという気持ちもあったのかもしれません。

 

鈴井貴之の自宅住所は?赤平のアトリエやどうでしょうハウスとは?まとめ

今回は、コンサドーレ札幌の社外取締役の就任でも話題になっている鈴井貴之(すずい たかゆき)さんの自宅住所や、どうでしょうハウスについて書いてきました。

地元でもある北海道・赤平市に住んでいる鈴井さん。

自宅は自分で森の中を開拓し、アトリエやフットサルのコートまであるそうです。

どうでしょうハウスは、「水曜どうでしょう」の企画で2年以上かけて作られたレイクサイドリゾート。

2022年7月16日から一般公開もされるようですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました