高橋克典の父の職業は指揮者で母は?筋肉俳優は音楽一家で育った?

高橋克典 父 職業 芸能人

多くのドラマや映画に出演している、高橋克典(たかはし かつのり)さん。

実は両親は音楽家であり、小さい頃から音楽に触れていたそう。自身も歌手デビューするなど、様々な分野で活躍を続けています!

そんな高橋克典さんの父・母の職業が気になりますよね?

そこでこの記事では、

・高橋克典さんの父・母の職業は?
・高橋克典さんの生い立ち

について書いていこうと思います!

高橋克典の生い立ち

名前:高橋 克典(たかはし かつのり)
生年月日:1964年12月15日
年齢:56歳(2021年6月時点)
出身地:神奈川県横浜市港区日吉
血液型:O型
身長:175cm
体重:68kg
事務所:ケイダッシュ
配偶者:中西ハンナ

高橋克典さんと言えば、”渋かっこいい“を代表する俳優さんですよね!

奥さんの中西ハンナさんとは2004年に結婚しており、2009年には第1子となる男児が誕生しています。

今でもドラムで活躍し続ける高橋克典さんですが、僕の中での印象は「サラリーマン金太郎」や「特命係長 只野仁」が強いですね!

特命係長は少し大人な雰囲気の作品でもありましたので、小さい頃の僕には少し刺激が強かったのを覚えています(笑)。作中では”格闘シーン“や”肉体美“を披露していましたね!

高橋克典の経歴

高橋克典さんは俳優のイメージが強いですが、実は歌手としてもデビューしているんです。

両親が音楽家ということもあり、4歳からピアノの英才教育を受けて育ちました。13歳ではバンドをはじめ、1993年に「抱きしめたい」で歌手デビューしています。他にもいくつか作品を残しているみたいですよ!

今のイメージとは少し違う歌声です▼

キョウ
キョウ

俳優としても歌手としても、センスが光りますね。

高橋克典さんは小学校から、いわゆるボンボンらが集まる青山学院初等部に通い、そのままエスカレーター式に青山学院大学まで進んでいます!

しかし、芸能活動を本格的に始めていたこともあり、大学にはほとんど行ってなかったそう。そのまま27歳の時に大学を中退していますね。この時も母が同系列の教諭をしていたこともあり、なかなか退学届も受理されなかったのだとか。

それは、ここまで高いお金を払って、最終的に大学を中退する道を選ぶなんて、親からしたら考えられなかったのでしょう。結果的に、今では超人気俳優になっていますからね。

俳優としては下積みの期間が長く、当初は加山雄三さんの父・上原謙さんの付き人をしていた過去も。ショーに参加する有名女優さんを「弁当屋のおばさん」と勘違いしたなどのやらかしエピソードもあり、付き人は自体は3日でクビになっています。

高橋克典の父親は指揮者?

高橋克典さんの父・高橋勝司(たかはし かつし)さんは秋田県の地主の家系に生まれ、過去に特攻隊員に選ばれたことがあります。生きて戦後を迎えましたが、その後音楽の世界にのめりこんでいきました。

音楽との出会いは「聖パウロ教会」を訪れた時に合唱に誘われたことがキッカケ。そこから音楽に魅力を感じ、秋田師範学校に入学しています。

卒業後は上京し東京藝術大学を目指すも、神経痛で楽器が弾けなくなってしまったため断念。国立音楽大学に進み、卒業されています!

その後は高田三郎(作曲家)さん金子登(指揮者)さんの教えを受けて、横浜市立南高校の教諭を務めました。

ユニークなキャラクターが生徒にウケ、ちょっとした名物教師だったといいます。いつも黄色のジャンパーを着て授業をし、エッチ系ギャグをかますことから、ついたあだ名は”イエローエッチ“(笑)

教諭を辞めてからも合唱団の指揮者として活動を続けており、数々のオペラの合唱指揮をはじめ、「第九」や「森の歌」の合唱を10年以上指導されています。

また「赤い鳥混声合唱団」の指揮者としても知られ、「赤い鳥」童謡全八集を、混声四部合唱曲に編曲するなどの活動も行っています。

音楽活動での地域貢献が評価され、横浜市教育委員会表彰を受賞するなど、最後まで現役の音楽家でした!

キョウ
キョウ

高橋克典のお父さんの人生、なかなかパンチきいてるなー。彼のユーモアのセンスは父親ゆずりだね。

高橋克典の母親は音楽の先生?

父親は有名な指揮者でしたが、実は高橋克典の母親も音楽家のようです!

母の高橋好子(たかはし よしこ)さんは、東京藝術大学を卒業後は声楽家として活動し、青山学院女子短期大学の名誉教授も務めました

好子さんと勝司さんが初めて出会ったのは大学進学前だったようです。結果的に2人は違う大学に通うことになりましたが、大学4年の頃に結婚をしています!

キョウ
キョウ

同じ目標に向かう者同士、引かれ合ったんだね。

好子さんはアメリカに移民した一族の生まれで、旧姓は角田という。好子さんの父は満州鉄道に勤務し、最終的には幹部にまでなっています!終戦を迎えた後は日本に帰国し、新しい生活を始めたようです。

また好子さんの父がアメリカ大使館の政治顧問だったことから、毎年帝国ホテルでアメリカ大使館の集まりがあったのだとか。高橋克典さんはその時間が退屈だったようで、ひたすらメロンを食べていたというエピソードも語っていますね!

高橋克典さんの両親はどちらも激動の時代を生き、あまり接点のなかった音楽の世界に足を踏み入れたことがうかがえますね!

高橋克典は梅宮辰夫の親戚?

高橋克典さんが梅宮辰夫さんの親戚にあたるというのは有名な話ですよね!

高橋克典さんの母方の祖母梅宮辰夫さんの母が姉妹のようです。つまり梅宮辰夫さんの娘である梅宮アンナさんとは、”ハトコ”の関係にあたります!

親戚に梅宮辰夫さんがいるのであれば、”コネ“の1つや2つは使えたと思うのですが、高橋克典さんはそれに頼らなかったといいます。

そして「特命係長 只野仁」で梅宮辰夫さんとの共演も果たしているのです!この時は梅宮さんも嬉しかったのではないでしょうか。

キョウ
キョウ

自分の力で芸能界を這い上がっていこうとする心意気が、男としてめっちゃかっこいいですね。

高橋克典の両親は音楽家のまとめ

高橋克典さんの両親と彼の生い立ちはいかがだったでしょうか。

両親ともに有名な音楽家であり、小さい頃から厳しい英才教育を受けたのだと思います。それだけ期待も大きかったことでしょう。

今では俳優として第一線で活躍していますが、下積み期間も長いことがわかりましたね!

本人も「好きなことを仕事にしたいと思ってきた」と語っており、それだけ俳優業に情熱を注いでいることがうかがえますね!

これからも彼のドラマや映画での活躍を楽しみにしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました