田中将大の年俸推移のグラフがすごい!2020年までの年度別成績も公開

スポーツ

今シーズン(2021年)から古巣の楽天に復帰することが決まった田中将大(たなか まさひろ)投手が、再び注目を集めています!

メジャーリーグ界、日本球界を幾度となく沸かせてきた田中投手ですが「彼はいったいどのくらい稼いできたのだろうか」というのが気になりますよね?

そこで今回は田中投手の年俸の推移年度別の成績について見ていこうと思います!

田中将大の年俸推移

田中将大の年俸は以下のように推移しています。

年度 年齢 所属チーム 年俸
2007年 19歳 楽天イーグルス 1500万円
2008年 20歳 楽天イーグルス 6000万円
2009年 21歳 楽天イーグルス 9500万円
2010年 22歳 楽天イーグルス 1億8000万円
2011年 23歳 楽天イーグルス 2億円
2012年 24歳 楽天イーグルス 3億2000万円
2013年 25歳 楽天イーグルス 4億万円
2014年 26歳 ニューヨークヤンキース 23億円
2015年 27歳 ニューヨークヤンキース 23億円
2016年 28歳 ニューヨークヤンキース 23億円
2017年 29歳 ニューヨークヤンキース 23億円
2018年 30歳 ニューヨークヤンキース 23億円
2019年 31歳 ニューヨークヤンキース 23億円
2020年 32歳 ニューヨークヤンキース 23億円
2021年 33歳 楽天イーグルス 9億円

グラフでも見てみましょう!

田中将大は楽天にドラフト1位指名で入団し、この時の契約金は1億円です!

初年度の年俸は1500万円ですが、2年目から右肩上がりにぐんぐん上がり、7年目の2013年には4億円プレーヤにまで育っています!

2014年からはニューヨークヤンキースに7年間所属し、総額1億5500万ドル(約161億円)を稼ぎました。4億円でも「すごい!」と思うんですが、やはりメジャーリーグは桁が違いますね!

2021年から楽天に復帰することが決まっていますが、年俸の9億円は国内リーグでは最高額になります!

2021年までの年俸を通算してみたところ、182億7000万円という結果になりました!もう金額が大き過ぎてよくわかりませんね。

田中将大の年度別成績

田中投手はかなり稼いでることがわかったのですが、もちろんこの金額に見合うだけの成績をちゃんと残しています!

こちらが年度別の成績になります。

年度 所属チーム 勝敗 勝率 防御率
2007年 楽天イーグルス 11勝7敗 61.1% 3.82
2008年 楽天イーグルス 9勝7敗 56.3% 3.49
2009年 楽天イーグルス 15勝6敗 71.4% 2.33
2010年 楽天イーグルス 11勝6敗 64.7% 2.50
2011年 楽天イーグルス 19勝5敗 79.2% 1.27
2012年 楽天イーグルス 10勝4敗 71.4% 1.87
2013年 楽天イーグルス 24勝0敗 100% 1.27
2014年 ニューヨークヤンキース 13勝5敗 72.2% 2.77
2015年 ニューヨークヤンキース 12勝7敗 63.2% 3.51
2016年 ニューヨークヤンキース 14勝4敗 77.8% 3.07
2017年 ニューヨークヤンキース 13勝12敗 52.0% 4.74
2018年 ニューヨークヤンキース 12勝6敗 66.7% 3.75
2019年 ニューヨークヤンキース 11勝9敗 55.0% 4.45
2020年 ニューヨークヤンキース 3勝3敗 50.0% 3.56

田中将大は1年目から11勝の功績を残し、松坂大輔以来8年ぶりの、高卒1年目で新人王を受賞しました!

その他にも「最優秀防御率」「最多奪三振」「ゴールデングラブ賞」「沢村賞」など数々のタイトルを総なめにしています!

さらになんといってもすごいのが2013年。前人未踏の「シーズン無敗の24連勝」を成し遂げ、これはギネス世界記録となりました!

2013年は防御率も「1.27」と低く、田中がマウンドに上がると、対戦相手はだいたい1点に抑えられてしまうということなので、かなり手強い相手だったでしょうね!

国内リーグでの平均防御率は「2.30」、メジャーリーグでの平均防御率は「3.74」となっています。本当に素晴らしい活躍ですね!

田中将大投手のまとめ

いかがだったでしょうか。

田中投手は1年でサラリーマンの生涯年収をはるかに超える金額を稼いでいますね。

彼のようなトップ選手になれば「これほど稼げるのか!」とプロ野球を目指す人たちに”夢”を与えたのは間違いないでしょう。

これからまた国内リーグで田中投手を見れるということなので、素晴らしい活躍を期待しています!

 

タイトルとURLをコピーしました