トラビスジャパンはデビュー決定?発表はなにわ男子とどっちが先?

トラジャ デビュー決定 トラビスジャパン

ジャニーズJr.のグループであるTravis Japan(トラビスジャパン)は、昨年デビューしたSnow Man(スノーマン)やSixTones(ストーンズ)らと共にジュニアを盛り上げてきましたが、なぜかトラビスジャパンだけデビューができず、取り残された形になったのです。

「2021年こそは!」というトラジャファンの方も多いと思いますが、2021年でのデビューはあるのでしょうか。また、現在人気急上昇中の“なにわ男子”との同時発表という噂もあるようです。

そこで今回は、

・トラジャがデビューできなかった理由
・今後のデビューの可能性
・なにわ男子が先にデビュー?

について書いていこうと思います!

トラビスジャパンがデビューできなかった理由5つ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Travis Japan(@travis_japan_official)がシェアした投稿

ジャニーズジュニアの中でもSnow Man、SixTones、Travis Japanは同世代の戦友であり、兄組と呼ばれていました。

昨年のストスノのデビューに対して、トラジャは色々な思いがあったようですが、なぜトラビスジャパンだけデビューができなかったのでしょうか。

そこにはいくつか考えられる説があるようです。

トラジャがデビューできなかった理由①:平均年齢が少しだけ低い

1つ目は平均年齢が低いという説です。

トラジャは兄組と呼ばれていた他の2組に比べると、少しだけ平均年齢が低かったことで、もう少しデビューは遅くてもいいよね?となった可能性があります。

こちらが各グループの2021年5月時点の年齢です。

<SixTONESメンバーの年齢>
名前 生年月日 年齢 平均年齢
ジェシー 1996年6月11日 24歳 25歳
京本 大我 1994年12月3日 26歳
松村 北斗 1995年6月18日 25歳
髙地 優吾 1994年3月8日 27歳
森本 慎太郎 1997年7月15日 23歳
田中 樹 1995年6月15日 25歳
<Snow Manメンバーの年齢>
名前 生年月日 年齢 平均年齢
岩本 照 1993年5月17日 28歳 26.1歳
深澤 辰哉 1992年5月5日 29歳
ラウール 2003年6月27日 17歳
渡辺 翔太 1992年11月5日 28歳
向井 康二 1994年6月21日 26歳
阿部 亮平 1993年11月27日 27歳
目黒 蓮 1997年2月16日 24歳
宮舘 涼太 1993年3月25日 28歳
佐久間 大介 1992年7月5日 28歳
<Travis Japanメンバーの年齢>
名前 生年月日 年齢 平均年齢
川島如恵留 1994年11月22日 26歳 24歳
七五三掛龍也 1995年6月23日 25歳
吉澤閑也 1995年8月10日 25歳
中村海人 1997年4月15日 24歳
宮近海斗 1997年9月22日 23歳
松倉海斗 1997年11月14日 23歳
松田元太 1999年4月19日 22歳

これを見ると確かに他のグループよりも1、2歳若いですが、実際のところどうなのでしょうか。

みんな同じように頑張っているのであれば、活動歴の長いグループを早くデビューさせたいという気持ちはわからなくないですけどね。

トラジャがデビューできなかった理由②:身長が低い

2つ目は身長が関係しているという説です。

Snow Man、SixTones、Travis Japanの3組の平均身長を見てみると、トラジャは少し低いことがわかります。

<グループの平均身長>
①Snow Man:177.4cm
②SixTONES:176.6cm
③Travis Japan:168.9cm
キョウ
キョウ

日本人成人男性の平均身長が172cm前後だから、168.9cmはちょっと小さく感じるな。

今回は“2組同時”という戦略によりデビューを飾りましたが、そうなると2組同時にテレビに映ることは想定されますよね。

2グループが並んだ時に、身長差があったら見栄え的に印象が良くない?と思われた可能性がありそうです。

トラジャがデビューできなかった理由③:舞台班としての期待

3つ目は舞台班としての期待が高いという説です。

ジャニーズは大きく「舞台班」と「テレビ班」に分かれており、あなたが普段テレビで目にしているジャニーズは、いわゆるテレビ班のメンバーが多いです。

テレビ班はジャニーズを世間に広める広告塔であるため、キラキラした華のある姿やトーク力などが求められますし、舞台班はテレビへの露出はあまりないですが、歌や踊りなどの芸を磨く場所であり、芸がなければ舞台に上がることはできない競争の世界です。

トラジャはシンクロダンスなどキレのあるパフォーマンスに定評があり、舞台班としての期待が高いということですね。

2020年にはトラジャの出演舞台である「虎者 NINJAPAN 2020」が行われましたが、全日程で即日完売するほどの人気だったとか。

また舞台で長年芸を磨いたメンバーがメディアに出た時に、その実力の高さが注目されるということは良くありますね。元嵐の大野くんやキンプリの岸くんなどがいい例です。

トラジャのメンバーを、ドラマやバラエティで目にすることが多くなっていますので、CDデビューはしてなくとも、十分な活躍をしていける可能性はありますね。

キョウ
キョウ

トラジャの実力が世間に知れわたるのは楽しみだな。

トラジャがデビューできなかった理由④:人気度

4つ目は人気度が足りなかったという説です。

ジャニーズJr.にはyoutubeチャンネルが存在しており、そこでは各グループの動画が視聴できるようになっています!そうなると自ずと視聴回数という数字で、人気度が測られるわけですよね。

そこで動画の視聴回数が遥かに多く、注目を集めていたのがSnow ManとSixTonesだったわけです。ジャニーズJr.の人気動画ランキングが掲載されていますが、ほとんどこの2組が上位を占めていますね。

ランキング1位の動画は現時点で2800万回生されています。恐るべし。

もちろんトラジャの動画も再生されていますが、相対的に人気がなかったというところでしょうか。

再生回数が多い=ファンの母数が多いというのは自然とわかることですので、再生回数の多いグループをCDデビューさせた方がいいのはおわかりかと思います。

トラジャがデビューできなかった理由⑤:社長のお気に入り問題

5つ目はSnow ManとSixTonesが社長のお気に入りだったという説です。

この要因も結構大きいのではないかと、個人的には思っているのですが、Snow Manがジャニーズアイランドの社長である、滝沢 秀明(たきざわ ひであき)さんのお気に入りであることは、あなたも知っているのではないでしょうか。

タッキー自身が手がけてきた「滝沢歌舞伎」を継がせたのもSnow Manですし、ジャニー喜多川社長にデビューを直訴したという話も有名ですよね。もっともジャニー社長は”デビューさせない”意向だったらしいですが。

SixTonesはというと、こちらはジャニー社長のお気に入りだったようですね!

こういったところから2020年のCDデビューは、自身のお気に入りだったSnow Manとジャニー社長のお気に入りだったSixTonesを、話題性が出るような形で同時デビューさせたのではないかと思われます!

トラビスジャパンはデビューできる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Travis Japan(@travis_japan_official)がシェアした投稿

とはいえ、1日でも早くトラジャのデビューを待ち望んでいるファンの方は多いことでしょう!

2021年こそはトラビスジャパンがデビューの有力候補だと言われておりますが、今後のデビューの可能性はあるのでしょうか。

トラジャデビューの可能性①:公式インスタの開設

公式インスタ“の開設により、デビューに希望を見出したファンの方は多そうです!

というのも、2020年にデビューしたSixTONESも、同時期に公式インスタを開設しておりますので、デビューを期待する声が高まったとか。

ちなみにSnow Manはインスタグラムじゃなくて、中国のSNSであるweiboの公式アカウントがあるみたい。

キョウ
キョウ

ジャニーズの情報発信はweiboの方が主流らしい。

トラジャデビューの可能性②:トラジャメンバーの活躍が注目されている

トラジャメンバーは今やドラマやバラエティにも出演するなど、活躍の場を広げています!直近だとネプリーグ、特捜9に出演するメンバーがいますね。

2020年3月には「銀のさら」のCMに起用されていますし、ジャニーズJr.初となる女性ファッション誌「ViVi」の表紙を飾っています!

また2020年でも人気だった舞台「虎者 NINJAPAN 2021」も10月〜12月で決まっておりますので、メディアでも舞台でも、ますますトラジャの活躍が拝めますね!

トラジャデビューの可能性③:テレビでの紹介

関西ローカルの情報番組『せやねん!』にリーダーの宮近海斗さんがVTRで出演し、ドラマの宣伝を兼ねたインタビュー映像が放送されました。この際、ナレーションで

「今後デビューを控えるTravis Japan」

と紹介されたことがきっかけで、SNSでは「もうデビュー確定ってこと?」という声が飛び交いました。確かに捉え方によっては、そうともとれそうな言い方ですよね。

デビューがすでに確定しているのか、まだデビューしていないということを伝えたかったのかは不明ですが、トラジャのデビューには期待が集まっていることがうかがえます!

トラビスジャパンとなにわ男子のデビューはどっちが先?

2021年デビューの有力候補はトラビスジャパンと言われる中、それと同じく有力候補と言われているのが、関西Jr.で活躍しているグループ「なにわ男子」です。

東のトラビスジャパン、西のなにわ男子と呼ばれるほど、比べられることが多い。

なにわ男子は2018年に結成され、事務所から“推されている”ユニットと言われています!

めざましテレビでレギュラーコーナーが始まったり、主演の連続ドラマ「メンズ校」がスタートしたり、2020年には全国ネット初の冠バラエティ「なにわ男子と一流姉さん」がレギュラー放送されました。

2021年には「まだアプデしてないの?」が放送されています!

キョウ
キョウ

ここまで聞くと、なにわ男子の方がトラジャより先にデビューする気がしますね。

また、中には同時トラジャとなにわ男子の同時デビューを心配しているファンの方もいますね!

どちらのファンにとっても、いい形でデビューが発表されるといいですね!

なにわ男子のデビューが決定!

そして来たる2021年7月28日に、なにわ男子のデビュー発表が行われました!この日は”なにわ“の日ですね。

気になるデビュー日は2021年11月12日。年に数回やってくる最も縁起がいいとされる日(天赦日)にデビューするそう。

そして2021年8月27日にはファンクラブ会員の受付を開始しました!これまた”なにわ”です。

開設初日で8万人が登録し、キンプリやスノストの初日の記録を更新しました。そして今もなお、なにわ男子のファンクラブ会員数は増え続けているのです!

キョウ
キョウ

やっぱすごい人気だね!

そうなると、気になってくるのがトラジャファンの声。

トラジャのデビューを待ち望んでいた方は、どのようなことを思っているのか見てみましょう!

次こそはと思っているトラジャ担は多そうです。2022年は寅年なので、トラジャがこの年のデビューすると最高に粋ですね!

トラジャは絶対報われるので、歩みを止めずに頑張って欲しいです。

多くの方がトラジャ担を心配しているみたいです。確かに悔しい思いをしているかもしれないけど、ファンの方はしっかりと前を向いて、動き出しているということですね!

なにわ男子への祝福のコメントも!

お互い頑張ってきたから、感動しちゃいます。2022年はトラジャがデビューですね!

キョウ
キョウ

トラジャ担、ほんとにいい人ばかりだ!

トラビスジャパンのデビューまとめ

トラビスジャパンのデビューについての記事はいかがだったでしょうか。

共にジャニーズJr.を盛り上げてきたSnow ManとSixTonesがデビューを決めた時は、嬉しくもあり同時に悔しい思いも感じたはずです。

だからこそトラビスジャパンは、この1年間でとても強くなったと思いますし、芸を磨くことにもいっそう取り組んできたと思います!

2021年はなにわ男子がデビューしましたが、2022年こそは報われずはず。

どんな形であれ、彼らが1日でも早くデビューすることを願っております!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました