ツインレイのランナーとチェイサーが逆転?入れ替わるケースとは?

ツインレイ

ツインレイのサイレント期は、一般的に男性がランナーで女性がチェイサーになることが多いと言われています。

しかし、女性がランナーで男性がチェイサーになることもあるのか気になりますよね。

ツインレイランナーが女性の場合のサイレント期間はどうなるのでしょうか。

ここでは

・ツインレイのランナーとチェイサーが逆転?
・ツインレイの入れ替わるケースとは?

これらについてお伝えしていきます。

ツインレイのランナーとチェイサーが入れ替わるケースとは?


ツインレイのランナーとチェイサーは、性別によってそれぞれの立場が固定しているわけではありません。

基本的にはランナーが男性、チェイサーが女性という場合が多いですが、必ずしもそうだとは限らないという事ですね。

ランナーが女性に、チェイサーは男性にと立場が逆転して入れ替わることがあります

少し前までは、男性は社会的な現実世界をうごかし、女性は精神世界で男性を癒し導いていくという役割があったのです。

男性が仕事をして、女性が家を守る暮らしが本来の形だと言われており、当たり前になってきましたが、

近年、時代の変化とともに男女の役割も変化してきています。

その影響からか、ランナーとチェイサーの役割も逆転していることが多くなっています。

ランナーとチェイサーの性別がどちらであったとしても、

お互いが信じあい、愛をもってそれぞれの役割を果たすことが、サイレント期間でのもっとも大事な課題と言えます。

ツインレイのランナーが女性になる理由は?


ツインレイ女性がチェイサーではなくランナーになるには何か理由があるのか、その理由について下記でいくつか挙げてみました。

ツインレイ女性も男性から逃げたくなる時がある

ツインレイ女性がランナーになるもう1つの理由として、逃げたいと思うのはツインレイ男性だけではないという事です。

ツインレイ女性だって男性から逃げたくなる時があるんです。

「男性だから」「女性だから」という言葉は関係なくなっていますよね。

男性だからこうあるべき!女性はこうでなくてはいけない!などと言った性別だけで物事が決まることはありません。

ツインレイ女性も、男性から逃げたくなることがあってもおかしくないという事が分かりますね。

ランナーとチェイサーの関係がたまたま逆だっただけで、ツインレイ同士ではないんじゃないかと心配することもありません。

色々なツインレイ同士の形が存在するんですね!

 

男性性が強い女性の場合

ツインレイ女性がランナーになる理由に男性性が強いからと言う理由があります。

男性性の強い女性も存在します。

仕事をこなして必要なお金を稼ぐのが男性性の強い人の考えだと言われ、物事を感覚的に捉え、相手を精神的に支えて2人を愛情深い関係へと導くのが女性性の強い人の考え方だと言われています。

男性性が強い女性のツインレイは、必然的に女性性が強い男性という事になります。

そうやってお互いにないものを補い合って成立していくのです。

身体的な性別は関係なく、体に入っている魂の性が優位に現れ、2人の関係のバランスを保っています。

ランナー女性の特徴

ツインレイ女性がランナーの場合、ツインレイ女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

自分がランナーなのかチェイサーなのかを知りたい時の参考にしていてください。

 

ツインレイ男性に尽くしたくなる

ランナーになる女性は、ツインレイ男性を幸せにしたいと言った思いが強く、自分よりも相手の幸せを優先します。

サイレント期間に入ると、自分に自信を無くしているので、自分ではなく他の人の方があなたにふさわしいと考えてしまいます。

自分が身を引くことで相手が幸せになれると思い込み逃げてしまう事が、女性のランナーの特徴だと言えます。

 

魂のレベルに差を感じる

ツインレイ男性の方が女性よりも魂のレベルが高い場合は、女性がランナーになることが多いです。

2人の魂レベルに差があり過ぎると、相手のレベルの高さについていけず、一緒にいて疲れてしまい、離れたくなる傾向にあります。

 

愛情不足やトラウマを抱えている

ツインレイ女性にトラウマがあったり、愛情不足を感じるなど、過去の経験から人を愛することに憶病になっている場合に、ランナーとなることがあります。

些細な出来事でも自信を無くし、逃げ出してしまうのです。

ここでいう過去の経験は、前世でのトラウマの場合もあるので、2人で一緒に試練を乗り越えなければいけません。

 

ツインレイ男性が既婚者

ツインレイ男性が既婚者で女性が独身の場合、女性がランナーになります。

相手が既婚男性の場合は、相手の幸せを壊さないために身を引くこともあり、結果的に逃げる形となるので、ランナーの役割に当たるのです。

ツインレイが既婚者であることから試練になるので、お互いに支え合い、納得する結果を見つけていかなければいけません。

サイレント期間中の女性の心理


サイレント期間中の女性ランナーはどんな風に思い悩んでいるのか気になりますね。

男性ランナーとはまた違った悩みを抱えているのでしょうか…。

 

追いかけてきてほしい願望が強い

自ら別れを告げたにもかかわらず、追いかけてほしい、引き止めてほしいと考えます。

それによって、相手を試してしまいがち。

好きな感情を一切感じなくなったから離れたわけではないので、相手が追ってきてくれない現状に苦しみ、自分の精神面の弱さに気付き、覚醒へと向かっていきます。

 

自分の未熟さを思い知る

自分の未熟さに直面すると、ランナー女性の精神はボロボロになります。

困難から逃げだすことで、より自分が嫌いになったり自分に価値がないと思い込んでしまうのです。

ランナーのツインレイ女性は、相手から逃げることで、自分の未熟さを感じて自己嫌悪になり精神的にボロボロになっていきます。

相手から逃げるのではなく、離れた後も自分自身の感情や想いとしっかり向き合っていくことで、覚醒へと向かっていきます。

 

ツインレイと認めることが出来ない

素直にツインレイと認められないことで、ランナー女性は自分自身を追いつめます。

「相手はツインレイだ」と本能では理解しているものの、自分から別れを切り出したことから、相手が本当にツインレイなのか疑問に感じてしまいます。

相手がツインレイだと認めることで、自ら別れを決めたことが間違いだったことを認めなければいけません。

別れた後の苦しみの中で自分の欠点を見つめることが出来ると、精神的に大きな成長を遂げて覚醒へと近づいていきます。

 

ツインレイのランナーとチェイサーが逆転?入れ替わるケースとは?まとめ

今回は「ツインレイのランナーとチェイサーが逆転?入れ替わるケースとは?」についてお伝えしました。

基本的にはツインレイ男性がランナーになり、ツインレイ女性がチェイサーになることが多いと言われています。

女性がランナーになる理由には、男性性が強いことと、ツインレイ女性も逃げたくなることがあるから。

女性ランナーは珍しい存在のように思われていますが、身体的な性別と魂の性が必ず同じだとは限りません。

大事なのは、ランナーとチェイサーがどちらかという事ではなく、お互いに困難を乗り切ることが試練なのです。

こんなんを乗り切って真実の幸せを見つけていってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました