ツインレイに丹光が見えるのはなぜ?光って見える理由や光の仕事!

一つの魂が二つに分かれた、魂の片割れの運命の人と言われているツインレイ

相手が光って見える」この現象をスピリチュアルな言葉で「丹光」というのですが、この丹光とはどういうものなのでしょうか?

そもそもツインレイとは「twin+ray」つまり「対の光」で、丹光とはとても繋がりが深いものなのです。

今回はツインレイが光って見える「丹光」のスピリチュアルな意味、理由や光の仕事・使命について調べましたので見ていきましょう!

 

<ツインレイとの統合を果たしたいなら>

本物のツインレイ占いであなたの運命を鑑定してみませんか?

◎今の彼がツインレイか確かめたい

◎今世ツインレイと結ばれる運命なのか知りたい

◎サイレント期間がツラく、乗り越えられるか不安

そんなあなたのために、おすすめの当たるツインレイ鑑定士をまとめました

1人で悩まずにプロの先生に相談してみてください
あなたの未来はきっといい方向へと進みますよ

>>当たるツインレイ鑑定士の先生を見てみる

 

丹光のスピリチュアルな意味とは?

ここでは、丹光のスピリチュアルな意味について見てみます。

丹光とは?

ツインレイとはスピリチュアル的に特別な存在であることから、不思議な体験をすることもよくあります。

中でもツインレイの多くが体験する現象の一つが、目を瞑っていてふとした時に瞼の裏に浮かぶ光「丹光」。

スピリチュアル的には、第三の目サードアイと呼ばれ、「生命エネルギーの色やイメージそのもの」と言われているのです。

しかし、丹光は一般的にも珍しい現象ではなく、瞼の裏に光が見えたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか。

科学的に視神経の錯覚や残像、光視症という視覚の異常等によっても起こるのですが、視覚的な現象や医学的な原因のいずれにも当てはまらない場合、スピリチュアル的なものと考えられるそうです。

ですが、ツインレイではなくても、瞑想・ヨガ等を繰り返すことによって、覚醒に至り丹光を見ることができると言います。

 

丹光とチャクラの関係とは?

そもそもチャクラとは何なのかご存知でしょうか?

チャクラとは人体にある7つのエネルギーポイントのことで、簡単に言うと人のエネルギーが集結し、出入りしている場所のことなのです。

チャクラの名称と場所についてはこのようになっています。

第1チャクラ ムーラダーラ 骨盤の底、会陰部、頸部
第2チャクラ スワーディシュターナ 尾骨、下腹(子宮、丹田)
第3チャクラ マニプーラ 腰、へその後ろ
第4チャクラ アナーハタ 心臓の後ろあたり
第5チャクラ ヴィシュッダ 喉の後ろ
第6チャクラ アージュナー 頭部の中心、眉間、第三の目、松果体
第7チャクラ サハスラーラ 頭頂、身体の外

丹光のスピリチュアル的な名称、第3の目・サードアイとは、第6チャクラ・脳の松果体に位置する「心の目」を指します。

このサードアイが活性化することで、本来は目に見えない、あなたの生命エネルギーの色や特徴がイメージ(丹光)として浮かび上がるのです。

 

ツインレイが丹光を見るのはどんな時?

 

冒頭で「ツインレイと丹光はとても関係が深いもの」とお伝えしました。

何度も転生を繰り返し、今この世で男女として巡り合うことになった2人ですが、ここでは単に愛し合う関係では済まないのです。

2人が一度サイレント期間に入り、霊的な覚醒を始めた時、同じようなタイミングで丹光を見ることになります。

そもそもサイレント期間とは、各々が自分の魂をレベルアップさせるために自己と向き合い、日常生活の中で自分が転生した使命・目的を理解するべき時間なので、この目的を理解すると、霊的な覚醒が始まっていることから丹光が見えてくるわけです。

 

丹光の色の意味

丹光を見ていると、時々見る色が変わっていることに気付きます。

明るい輝きを放っている場合は良いメッセージ、色がくすんでいたり暗い感じの色ならそのチャクラに浄化が必要であることを示しているということで、色の意味を見ていきましょう。

 

丹光の色が白の場合

ソウルスター(宇宙との交信を司るもの)を意味しています。

  • 色鮮やかな白:高次の存在からのメッセージを受け取りやすい状態
  • 薄かったりくすんだ白:メッセージを受け取りにくい状態

を意味しています。

 

丹光の色が青の場合

スロートチャクラ(コミュニケーション能力を司るもの)を意味しています。

  • 色鮮やかな青:良い人間関係を築くことができる状態
  • 薄かったりくすんだ青:人間関係に亀裂が入る可能性がある状態

を意味しています。

 

丹光の色が黄色の場合

ソーラープレクサスチャクラ(感情を司るもの)を意味しています。

  • 色鮮やかな黄色:あなたの感情はとても明るく良い状態
  • 薄かったりくすんだ黄色:感情のコントロールができていない状態

を意味しています。

 

丹光の色が緑の場合

ハートチャクラ(無償の愛を司るもの)を意味しています。

  • 色鮮やかな緑:今のあなたは愛に満ち溢れている状態
  • 薄かったりくすんだ緑:あなた自身の愛が足りていない状態

意味しています。

 

ツインレイが丹光をみる時は何の意味がある?

ツインレイの相手との霊的交流が始まる時、丹光を見るようになったということがあります。

この霊的交流とはテレパシーのようなもので、2人が感応できるのはサイレント期間中に霊的な進化を遂げたからなのです。

そしてツインレイが丹光を見るようになった時、自己の魂が成長し、本来の1つの魂になろうとする過程で、相手に対する執着心や嫉妬心を手放して生活することができるようになります。

丹光が見えるようになった時のツインレイの2人は、正に魂の統合の始まりの証と言えるのです。

 

ツインレイの光の仕事・使命

ツインレイが再会した時や一緒に生きるという道が拓けた時、女性は男性からは光って見えるのです。

しかし、男性の準備がある程度まで進んでいないと、その光の美しさが怖くなり逃げてしまうということもあります。

ツインレイの2人は、違う道だとしても同じゴールを目指して進んでいるのですが、人生経験の差によって進むスピードにズレが生じることもあるのです。

今までは世間体や権威、物質的なものに囚われてきた時代でしたが、そのズレゆえに喧嘩別れしてしまったり、諦めてしまうケースも多かったのではないでしょうか。

時代が変わった今、宇宙は一組でも多くのツインレイの2人で光を補い、光の使命をスタートしてどんな社会的な壁が現れても、その怖れを超えて欲しいと願っているはずです。

 

ツインレイに光が見えるのはなぜ?光って見える理由や光の仕事・使命!まとめ

今回は、ツインレイに光が見えるのはなぜ?光って見える理由や光の仕事・使命!について書いてきました。

丹光を見たことがある、という方は少なくないのですが、ツインレイとして丹光を見るとサイレント期間に霊的な進化を遂げ、更には統合の始まりを知らせていることがわかりました。

ツインレイの2人が辛い修行の期間を終え、どんな困難が待ち受けていようとも同じゴールに向かっているので壁を乗り越えながら進んでいけると良いですね!

 

ツインレイと結ばれたいなら、プロの先生に相談してみるのがおすすめ!

後から後悔しても遅いです。

ツインレイ鑑定に強い洋潤(ようじゅん)先生なら、あなたの悩みをすぐに解決します。

今なら初回10分無料で鑑定を受けることができますよ!

今すぐ無料で鑑定する

コメント

タイトルとURLをコピーしました