※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

夢グループの怪しい女の人は歌手?CMが気持ち悪いしやめてほしい?

夢グループの怪しい女の人は誰 芸能人・有名人

夢グループのCMでは、さまざまな家電製品などを紹介しています。

そんな、夢グループのCMを一度は見たことがあるでしょうか?

ネットでは「夢グループの怪しい女の人は誰?」とよく聞くのですが、この女性が何者なのか気になりますよね。

また「CMが気持ち悪いしやめてほしい!」などといった声もありますがどういうことなのでしょうか。

 

ここでは

・夢グループの怪しい女の人は誰?
・CMが気持ち悪いしやめてほしい?

これらについてお伝えしていきます。

 

夢グループの怪しい女の人は誰?

夢グループのCMに出ている怪しい女の人の正体が気になりますよね?

誰なのか調べたところ、保科 有里(ほしな ゆり)さんという歌手の方でした。

夢グループに所属して30年になるそうですよ!

所属アーティストで給料制だから制作費が安く済むと言う理由で、彼女がCMに抜擢されるようになったそうです。

経費削減のために選ばれたなんて驚きですね。

 

歌手デビュー前は地元の石川県でOLをしていた保科有里さんは、27歳で上京し1993年に歌手デビューを果たします。

師事で作曲家の『三木たかし』さんに『40歳を過ぎてから良い歌を歌えるようになる』と言われ、音楽業界に入りました。

世間一般的には27歳で初めて音楽業界に入るのは遅咲きと呼ばれていますが、師匠である三木たかしさんの言葉は保科有里さんにとって大きな勇気になっていたと思います。

 

歌手として30周年を迎える保科有里さんですが、知名度はそこまで有名ではないようです。

しかし、東日本大震災後に被災地で歌った際、保科有里さんの歌で涙を流す人がいるほど彼女の歌声に勇気づけられる人もいたのだとか。

この美貌で60歳過ぎなことにも驚きですね!

 

社長との愛人関係の噂が?CMが気持ち悪いしやめてほしい?

保科有里さんと言えば「やすぅ~い」でお馴染みですが、このCMが若い世代の人には「気持ち悪い」と思われているようです。

また、保科有里さんと社長は愛人関係なのではないかと噂されていますが、社長曰く保科有里さんは“やさしく女性らしい説明をする“”とのことで特に年配の方に支持されているのだとか。

夢グループのCMには対象年齢があるようで、「CMが気持ち悪いしやめてほしい?」の声は若い世代の声が多いようです。

一方で、年配の視聴者が見れば「わかりやすい・面白い・親しみやすい」と言う印象を持つのですね。

 

社長の愛人なのではないかということについて、保科有里さんはやんわりと否定していますが、保科有里さんは自身現在は結婚しておらずフリー

恋愛に年齢は関係ないので、この先素敵な出会いが待っている可能性もあるかもしれませんね。

 

夢グループのCMは面白い!

夢グループについて「気持ち悪い」という声も多いですが、「週刊さんまとマツコ」で取り上げられるほど人気で「面白い!」という声も!

「週刊さんまとマツコ」では2021年から始まった夢グループ特集は、すでに第4弾まで続く人気コーナーに。

そこまで特集を組むと、気持ち悪いと言っていた人もだんだんハマって、気が付いたら面白いと言ってそうですよね(笑)

夢グループは今後、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

 

夢グループの怪しい女の人は誰?CMが気持ち悪いしやめてほしい?まとめ

今回は「夢グループの怪しい女の人は誰?CMが気持ち悪いしやめてほしい?」についてまとめました。

夢グループの怪しい女の人は誰?という声が多かったですが、彼女は保科 有里(ほしな ゆり)さんという歌手の方です。

歌手になって30周年を迎える彼女は、今では60歳を超えているのだとか。

若い世代の方にはおばさんだと思われるかもしれませんが、60歳越えでこの美貌はすごいですね!

社長と愛人関係だと噂を否定している保科有里さんですが、彼女自身はまだ独身でフリーだそうです。

明るく美しく柔らかな口調でお茶の間に人気の保科有里さん、いい出会いがこれからあるかもしれませんね♪

 

タイトルとURLをコピーしました