生まれつきのあざと前世の因縁は?おしり・足首・腹など部位別に! 

生まれつきのあざや、消えない蒙古斑が気になったことはりませんか?

実は、これにはスピリチュアルな意味があるようです。

生まれつきのあざに、スピリチュアルな意味があると言われると気になりますよね?

 

ここでは

・生まれつきのあざと前世の因縁は?
・おしり・足首・腹など部位別のあざとスピリチュアルな意味について!

これらについてお伝えしていきます!

生まれつきのあざと前世の因縁は?

生まれてきた赤ちゃんにあざがあると、気になってしまいますよね。

原因は分からないけれど、あざがある赤ちゃんも少なくはありません。

怪我をしたわけでも痛みがあるわけでもない、生まれつきあるあざには、スピリチュアルな意味合いがあると言われています。

このあざのことを「バースマーク」と言い、前世からの記憶があざという形として現れていると言われているのだそう。

 

生まれつきのあざが身体から見えないところであれば特に問題はないと思うのですが、顔など目立つ場所にある場合はコンプレックスとして悩むこともあります。

今では手術をして消すこともできますが、その前にあざが持つスピリチュアルな意味について知っておきたいですね。

 

前世との関係

前世の記憶として残っているバースマーク。

前世からのメッセージがあざとなって残っていると言われています。

実は、生まれてきた赤ちゃんには前世の記憶があると言われており、その記憶は徐々に消えていくのです。

6歳になった頃には完全に記憶は消えていると言われていますね。

 

しかし、前世の自分からの忘れないでほしいと言った想いが強いことから、記憶は消えてもあざはずっと残ります。

あざがある場所によってそれぞれに意味が違うようですが、どんな意味があるのか気になりますよね。

あざには前世でどんな人生を送ってきたのかが関係しているようです。

 

前世でどのような死因で亡くなったのか、苦しみや悩みの原因についてが深く関係しているようです。

来世である現在でも同じあやまちを繰り返さないようにとメッセージが送られているとも言われています。

 

生まれつきのあざの意味

前世とも深い関係を持つ、生まれつきのあざですが、他にももう一つ意味を持っています。

バースマークが持つもう一つの意味には、前世での役割を果たすためとあります。

前世で繋がりのあった相手と現世でも会えるようにと、あざという目印を残したのではないとも言われていますね!

 

もしそれが見える場所にあるとしたら、無理に隠そうとはせずに見せている方が相手があなたのことを見つけてくれるかもしれません。

前世からつながりのある運命の人ってなんだかロマンティックな感じもしますね!

また、前世で繋がっていた同士、同じところにあざがあるかもしれません。

 

おしり・足首・腹など部位別のあざとスピリチュアルな意味

生まれつきあるあざには、どこにあるかによってその意味が変わります。

・首のあざ
・顔のあざ
・額のあざ
・肩や背中のあざ
・腕や手のあざ
・胸のあざ
・お腹のあざ
・おしりのあざ
・足首のあざ

あざの意味には多くの意味があるのが分かりますね。

これらの部位にあるあざの意味についてお伝えしていきます。

 

首のあざ

前世では、人とは違った個性を持っていた人かもしれません。

個性はその人の魅力ではあるのですが、変わり者として孤独な人生を歩んできた可能性も高いようです。

現在でも個性的な人は多いようですが、自分に自信をもって人生を歩んでいってほしいと言ったメッセージが込められています。

 

顔のあざ

顔のあざには本質を見抜く力があることを意味しています。

前世では本質を見抜けず、騙された経験など辛い思いをしたことがあったようです。

来世でも同じことがないように魂からのメッセージとして顔にアザという形で残っているようですね。

自分自身の洞察力を信用し、周りをしっかり見まわすことで、今までとは違った見方をすることが出来、明るい未来を切り開くことができるようになりますよ。

 

額のあざ

額には大きなエネルギーを持つ第三の目があると言われています。

額にあざがある人はすぐれた能力を持って生まれた人と言われており、どんな困難も乗り越えられる力を持っています。

過去では困難に押しつぶされた経験があったようですね…。

 

肩や背中のあざ

前世で人のために自分を犠牲にして人生を捧げた人が、現世ではもっと自分を愛しなさいとメッセージを送っていると言われています。

自分を大事にできる人は相手のことも同じように大事にできるとも言いますよね。

人に尽くし過ぎて疲れ切った人生を送らないように、自分のこともしっかり愛して充実した人生を送りましょう。

 

腕や手のあざ

腕や手にあざのある人は、前世では腕を使う作業で命を落とした過去を持っているそうです。

現世ではもっと注意深く行動しなさいと言うメッセージの現れのようですね。

おっちょこちょいな人は特に要注意!

 

また、前世で人を気付くけてしまった過去を持っていることもあり、戒めのためにつけられたとも言われています。

人のためにできる職業が天職なのかもしれません。

 

胸のあざ

愛情が十分ではなかった前世を持つ人が愛に溢れた人生を送ってほしいと、胸にあざをつけたと言われています。

人から愛情をもらうだけではなく、同じように人を愛しなさいと言うメッセージが送られているようですね。

また、自分は誰からも愛されていないと卑屈になってしまう人も少なくはないようですが、そんなことはありません。

人を愛し、人から愛されるために生まれてきたことを忘れないでください。

 

お腹のあざ

お腹にあざがある人は、前世でもスピリチュアルな分野に携わっていた人である可能性が高いです。

人生において人に進むべき道を諭してきた経験がある人も少なくはないようですね。

現世でも、直感的センスが発揮される職業に就くとその力を存分に発揮することができると言われています。

 

おしりのあざ

腰やおしりにあざがある人は、前世で銃で撃たれた痕の可能性があります。

また、前世は動物だった可能性も高いようですね。

前世は動物でハンターに捕まった過去だったのかも!?

 

また、子宝に恵まれた人生を過ごすことができると言ったメッセージも込められているようです。

子どもに恵まれて幸せな人生を歩むことでしょう。

また、保育士や小児科での勤務など、子供に携わる職業も天職なようです。

 

足首のあざ

足首にあざがある人は、前世でも自分が本来持っている才能をしっかりと発揮できた過去を持っています。

そして、現世でもその才能が受け継がれており、人の役に立つことに使ってほしいと言ったメッセージが込められています。

人の役に立つことをすることで、幸福な人生を歩むことができるようですね。

 

仕事面についてはサービス業が天職なようです。

リーダーシップもあり、チーフリーダーや社長など、上に立つこともあるかも!?

積極的な行動が成功の秘訣と言ってもいいでしょう。

 

生まれつきのあざと前世の因縁は?おしり・足首・腹など部位別に!まとめ

今回は「生まれつきのあざと前世の因縁は?おしり・足首・腹など部位別に!」についてお伝えしました。

生まれつきのあざには前世とのつながりが深いことが分かりました。

前世からのメッセージをしっかりと受け止め、行動することで、悔いのない幸福な人生を送ることができるようですね。

部位によっていろいろな意味合いがあるので、知っておくと新しい自分に出会うことができるかも!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました