ダルビッシュ有の年俸推移グラフ2022!年度別成績がすごい!

ダルビッシュ有の年俸 推移 野球

国内リーグで素晴らしい活躍を見せ、メジャー挑戦後もオールスターに選出されるなど、日本を代表する投手として知られるダルビッシュ有選手。

最近ではSNSなどでも注目を集めているダルビッシュ有選手ですが、これまでの年俸の推移や年度別の成績が気になりますよね?

そこでこの記事では、ダルビッシュ有の

・年俸推移グラフ2022
・通算年俸や通算成績

について見ていきたいと思います!

ダルビッシュ有の年俸推移2022

ダルビッシュ有投手の年俸推移は以下のようになっています。

年度 年齢 所属チーム 年俸
2005年 19歳 日本ハム 1500万円
2006年 20歳 日本ハム 3000万円
2007年 21歳 日本ハム 7200万円
2008年 22歳 日本ハム 2億円
2009年 23歳 日本ハム 2億円
2010年 24歳 日本ハム 3億円
2011年 25歳 日本ハム 5億円
2012年 26歳 レンジャーズ 5億円
2013年 27歳 レンジャーズ 9億円
2014年 28歳 レンジャーズ 10億円
2015年 29歳 レンジャーズ 10億円
2016年 30歳 レンジャーズ 10億円
2017年 31歳 レンジャーズ/ドジャース 11億円
2018年 32歳 カブス 27億円
2019年 33歳 カブス 20億円
2020年 34歳 カブス 21億円
2021年 35歳 パドレス 23億円
2022年 36歳 パドレス 23億円

グラフで見るとこのようになります。

 

国内リーグでの年俸推移

ダルビッシュ有投手は2005年のドラフト会議で、日本ハムに単独1位指名され、契約金1億円、年俸1500万円、出来高5千万円で仮契約を結びました!

これは、高卒新人として史上3人目の最高条件です。

ダルビッシュ有投手の成長は著しく、プロ入り4年目の22歳の時に2億円プレイヤーになっています!

 

2年目以降年俸は上がり続け、メジャーに行く前の2011年(当時24歳)には5億円を達成しています!

これはイチローの25歳を抜いて史上最年少での到達となり、先発投手で5億円を突破したのも史上初となりました。

 

ちなみに今の日本球界でも、5億円以上もらっている選手は数えるほどしかいませんので、当時からかなり期待されていたことがうかがえます。

<2022年度>
選手名 チーム 年俸(推定)
田中 将大 楽天 9億円
柳田 悠岐 ソフトバンク 6億2000万円
菅野 智之 巨人 6億円
千賀 滉大 ソフトバンク 6億円
坂本 勇人 巨人 6億円
山田 哲人 ヤクルト 5億円
浅村 栄斗 楽天 5億円

国内での最高年俸は田中将大選手。

田中将大投手は元々メジャーでも素晴らしい成績を残している上に、まーくんは野球界を賑わすほど人気が高いので、これくらいもらっていても自然でしょうか。

 

メジャーリーグでの年俸推移

国内リーグでも十分な年俸だったため、メジャーリーグに挑戦した初年度はそれほど上がり幅はなかったようですね。

しかし、1年目から16勝をあげ、期待以上の活躍を見せました!

2年目以降は毎年10億近く稼いでおり、2018年にはカブスと6年1億2600万ドル(134億円)で契約。

期待されるほど年俸が大きく跳ね上げるメジャーリーグは、やはり夢がありますね!

 

通算年俸

2022年までの年俸を通算してみたところ、約200億円という結果になりました!

ちなみに国内リーグでの通算年俸は14億1700万円、メジャーリーグでの通算年俸は200億8300万円となります。

国内リーグ7年間分の金額をメジャーリーグでは1年間で稼いでしまうので、スケールが違いすぎますよね!

2022年はパドレスに所属しています。

2023年には37歳となるダルビッシュ有選手ですが、その後も現役は続けるのでしょうか?

これからも続けるのであれば、通算年俸はさらに大きな金額になりますね!

ダルビッシュ有の年度別成績

次は年度別の成績について見ていこうと思います!成績は以下のように推移しています。

年度 所属チーム 勝敗 勝率 防御率
2005年 日本ハム 5勝5敗 50.0% 3.53
2006年 日本ハム 12勝5敗 70.6% 2.89
2007年 日本ハム 15勝5敗 75.0% 1.82
2008年 日本ハム 16勝4敗 80.0% 1.88
2009年 日本ハム 15勝5敗 75.0% 1.73
2010年 日本ハム 12勝8敗 60.0% 1.78
2011年 日本ハム 18勝6敗 75.0% 1.44
2012年 レンジャーズ 16勝9敗 64.0% 3.90
2013年 レンジャーズ 13勝9敗 59.1% 2.83
2014年 レンジャーズ 10勝7敗 58.8% 3.06
2016年 レンジャーズ 7勝5敗 58.3% 3.41
2017年 レンジャーズ/ドジャース 10勝12敗 45.5% 3.86
2018年 カブス 1勝3敗 25.0% 4.95
2019年 カブス 6勝8敗 42.9% 3.98
2020年 カブス 8勝3敗 72.7% 2.01
2021年 パドレス 8勝11敗 42.1% 4.22

 

国内リーグでの成績

プロ入り2年目で早くも12勝をあげ、それ以降はメジャーリーグに行くまで、常に2桁勝利を達成しています!

ダルビッシュ有は真っ向勝負が好きなイメージがあります!

中でも三振を取れる投手として、2007年(210奪三振)、2010年(222奪三振)、2011年(276奪三振)に「最多奪三振」のタイトルを手にしています!

対戦した打者の数を考えると、およそ4人に1人は三振に打ちとっていたことになりますね!

 

メジャーリーグでの成績

ダルビッシュ有投手はメジャーに挑戦した1年目から16勝をあげ、期待以上の活躍を見せました!

2013年に「最多奪三振」のタイトルを手にし、メジャーリーグでも奪三振の数は衰えてませんね。

2015年は故障した右肘の手術により登板はなく、以降はまずまずの結果となりました。

2018年ではカブスと大型契約を結ぶも、初年度は故障で離脱しました!「契約金が結果に見合ってない」という声がありましたが、2020年は「最多勝利」のタイトルを手にし、復活の兆しを見せています!

2021年以降は更なる活躍を期待できそうですね!

 

通算成績

国内リーグでの通算勝率は「71.0%」、通算防御率は「1.99」、メジャーリーグでの通算勝率は「55.9%」、通算防御率は「3.48」となっています!

素晴らしい数値ではあるものの、やはりメジャーリーグの壁は高いですね。投手の徹底的な研究や、中4日という過酷のスケジュールのため、思うように結果が出せない投手も多く存在するようです!

 

ダルビッシュ有の年俸推移グラフ2022!年度別成績がすごい!まとめ

今回は、「ダルビッシュ有の年俸推移グラフ2022!年度別成績がすごい!」を書いてきましたが、いかがだったでしょうか。

ダルビッシュ有選手は、日本でも輝かし成績を残し、メジャーに挑戦しています。

メジャーでも不調なシーズンもありますが、それでも世界が注目するトッププレイヤーであることは間違いありませんね!

年齢的には体力的にどうかなと思いますが、今後のさらなる活躍を期待したいと思います!

野球
Good Mix

コメント

タイトルとURLをコピーしました