SnowManとSixTONESの違いや格差とは?どっちが人気?

SnowManとSixTONESの違いや格差 SnowMan

2020年1月22日に同時にデビューしたジャニーズグループSnow ManとSixTONES。

テレビなどでもよく見かけるので、人気グループということはわかりますよね!

この2つのジャニーズグループには、どんな違いや格差があるんでしょうか?

今回は、Snow ManとSixTONES

・どっちが人気なのか
・歌唱力やダンスなどパフォーマンスの違い
・それぞれの人気の理由
・人気格差の理由

について紹介していきます!

SnowManとSixTONESはどっちが人気?

2組同時デビューはジャニーズでも史上初。

人気や活躍も当然比べられてしまいますよね。

今回は、人気の指標として3つの数字を比較してみました。

Snow ManとSixTONESはどっちが人気なのでしょうか?

 

SnowManとSixTONESの格差①:CD売上で比較

デビューの楽曲「Imitation Rain/D.D」はSixTONESとSnow Manの両A面シングルとして発売されたので比較できませんが、それ以降のシングル売り上げを比較してみます。

Snow Man SixTONES
2枚目シングル KISSIN’MY LIPS/Stories 91.8万枚 NAVIGATOR 62.2万枚
3枚目シングル Grandeur 80.2万枚 NEW ERA 44.6万枚
4枚目シングル HELLO HELLO 80.6万枚 僕が僕じゃないみたいだ 43.1万枚
5枚目シングル Secret Touch 73.4万枚 マスカラ 49.6万枚
6枚目シングル ブラザービート 78.8万枚 共鳴 40.0万枚

数字はあくまで「初週売り上げ」ですが、Snow Manの方がCDは売れているようですよね。

 

SnowManとSixTONESの格差②:Youtube登録者数で比較

どちらのグループもYouTubeチャンネルを持っています。

登録者数を比べてみると、Snow Manが168万人SixTONESが154万人(2022年4月時点)と、こちらもややSnow Manの方が人気があるようでした。

どちらのチャンネルでも、MVやライブ映像、企画など様々な動画が見られます。

 

SnowManとSixTONESの格差③:FC会員数で比較

ファンクラブに入ると会員番号が付与され、その数字でファンクラブ会員数がわかるようです。

2022年4月時点、Snow Manが約66万人SixTONESが約47万人と、Snow Manの方が20万人程多いということがわかります。

数字の面で比較すると、SixTONESよりSnow Manの方が人気があると言えるかもしれません。

 

SnowManとSixTONESの歌唱力やダンスの違いは?

Snow ManとSixTONESのパフォーマンスの違いはどんなところにあるんでしょうか?

それぞれの特徴は、歌とダンスにあると思います。

SixTONESは歌唱力が、SnowManはアクロバットなダンスが凄いです。

 

SixTONESの歌唱力は広く認められており、話題のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にも出演しているんですよ!

デビュー曲の「Imitation Rain」を歌った動画は、1000万回再生を超えています。

 

一方のSnow Manは、ダイナミックなアクロバットダンスを得意としているグループです。

デビュー曲の「D.D」のMVでも、激しいダンスやバク宙を披露しています。

キョウ
キョウ

どっちもすごくかっこいいな!

SnowManとSixTONESの人気格差の理由を考察!

数字の面で判断すると、Snow Manの方が人気があるようです。

それぞれの人気の理由と、人気格差の理由を考察してみました。

 

SnowManはグループでの親しみやすさがある

Snow Manは、個々のキャラクターがはっきりしているイメージがあります

グループとしてのバラエティ力も高く、冠番組などで露出も多いです。

指標からもわかるように、人気が高い方がメディアには呼ばれやすいということでもあるでしょうが、テレビ出演がさらなる人気に繋がることもありますよね!

最近はメディアでよく見かけるため、「SnowManの人気がすごいけどなんで?」と感じている人は、少なからずいるようです。

 

SixTONESはコアなファンが多い

一方、SixTONESは個々の仕事が多いです。

それぞれのメンバーが俳優としてドラマや映画に出演することなども、コアなファンがつきやすい要因だと思われます。

 

音楽性で言うと、Snow ManとSixTONESの2グループは所属レコードレーベルが違います。

・Snow Man:MENT RECORDING
・SixTONES:ソニー・ミュージックレーベルズ

SixTONESはロック系な楽曲が多く、海外にも目を向けていると言われています。

一方で、SnowManはトレンドに乗っかった楽曲が多いイメージ

多くのファンが付きやすいのは、バラエティ番組で活躍出来て、トレンドに乗った楽曲が親しまれやすいSnow Manの方なのかもしれませんね。

 

SnowManとSixTONESの違いや格差とは?どっちが人気?まとめ

今回は、Snow ManとSixTONESという同時にデビューした2つのジャニーズグループ

・どっちが人気なのか
・歌唱力やダンスなどパフォーマンスの違い
・それぞれの人気の理由

について書きました。

Snow Manはバラエティ番組の出演や活躍が多く、アクロバットなダンスが得意、トレンドに乗った親しまれやすい楽曲が多いという特徴。

一方SixTONESは、ドラマなどで個々の活躍が多く、高い歌唱力が魅力的で、海外を意識したロックな楽曲が多いという特徴がありました。

数字の面ではSnow Manの方が人気があるようですが、それぞれに魅力がある2つのグループ。

今後も切磋琢磨しながら、お互いに活躍していってほしいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました