ツインレイは相手の子供が欲しくなる?メッセンジャーの役割とは?

ツインレイ

この世に唯一無二の存在である、魂の片割れ「ツインレイ」

そんな運命の相手との間に生まれる子供たちも、やはり特別な存在です。

 

ツインレイと出会うと、その相手との子供が欲しくなることが多いと言われています。

また、ツインレイの子供たちは「メッセンジャー」とも呼ばれ、特別な役割を持って生まれてくるのです。

 

今回の記事では、

・ツインレイの子供が欲しくなる理由
・ツインレイの子供「メッセンジャー」とは何か

という2点について、お伝えしていきますね。

ツインレイの子供が欲しくなるのはなぜ?

冒頭でもお伝えしたように、ツインレイと出会った多くの人は、「この人との子供が欲しい」と思うようになります。

いったいなぜ、ツインレイとの子供が欲しくなるのでしょうか。

 

それは、ただただ純粋な「ツインレイとの子供が欲しい」という気持ちです。

ツインレイが「相手の子供を産みたい」「自分の子供を産んでほしい」と思うのは、ごく自然なことであり、ある意味当たり前でしょう。

 

一般的に多い、「親に孫の顔を見せてあげたいから」とか、「自分たちの老後の面倒を見てほしいから」などという理由ではないことがほとんど。

ツインレイとの子供が欲しくなるのは当然で、そこに理由は要らないということです。

 

ツインレイが子供を産む割合は?

ツインレイ同士が子供を産む割合は、比較的低めだと言われています。

これは、ツインレイと出会った時点で、片方もしくは両方が既婚だったり、既に子供がいたりする場合が多いからです。

簡単に不倫という状況に足を踏み入れるわけにもいかず、子供を産む段階までたどりつけないツインレイも多く存在するでしょう。

 

また、離婚などの手順を踏んだとしても、時間がかかるとさらに別の問題が出てきます。

現実として重くのしかかってくるのが、次の見出しでお伝えする「年齢」です。

 

年の差で子供ができないこともある?

現世でツインレイと出会うのは、40代以降になってからが多いと言われています。

現実的に考えると、高齢での出産は危険を伴うという問題があるのです。

そのため、特にツインレイ女性が年上である場合は、2人の子供を産まないという選択に至るケースが多いでしょう。

 

しかし、子供を持たない選択をした場合は、それが2人の運命であるわけです。

子供を持たないツインレイにはもちろん他の使命が与えられているので、その使命を2人で乗り越えていくことになるでしょう。

 

ツインレイとの子供が欲しくなるのは、とても自然なことなのね!

 

ツインレイとの子供はメッセンジャーだった?

運命の相手ツインレイとの子供だなんて、もちろん特別な存在に決まっていますよね。

ツインレイの子供たちについて知っておくべきことは、こちらの3つ。

・ツインレイの子供は「メッセンジャー」
・メッセンジャーの役割は「統合のサポート」
・出産や子育てが「試練・使命」であることも

 

ツインレイの子供たちは、ツインレイ同士の統合を手伝ってくれる「宇宙のメッセンジャー」とも言われています。

それはツインレイの子供たち全員に共通していて、ツインレイと出会う前に生まれた子供でも、ツインレイとの間に生まれた子供でも、同じです。

 

ツインレイのもとに生まれてくる子供たちは、ツインレイの存在はもちろん、ツインレイが現世で統合を目指していることも、すべて知っています。

そのうえで、2人を助けるために、統合をサポートするために、ツインレイのもとに生まれてきてくれたのです。

統合へと近づくためには、子供たちがくれるヒントを信じることが大切になります。

 

 

また、子供を産みやすい年齢でツインレイと出会った場合は、2人の使命を示唆していると思ってもいいでしょう。

つまり協力して子供を産み育てることが、その2人に与えられた試練・使命である可能性が高いということなのです。

 

ツインレイの子供は、統合をお手伝いしてくれる存在なのね。

 

ツインレイは相手の子供が欲しくなる?メッセンジャーの役割とは?まとめ

以上、「ツインレイは相手の子供が欲しくなる?メッセンジャーの役割とは?」でした。

ツインレイとの子供が欲しくなるのは自然な感情で、子供たちは宇宙のメッセンジャー。

協力して子供を産み育てることも、ツインレイの試練のひとつと考えていいでしょう。

 

もちろん、子供を産み育てること以外にもツインレイの使命はあります。

すべてのツインレイが「子供を産むこと」にこだわりすぎる必要はないのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました