ツインレイランナーの後悔や降伏とは?ボロボロ・限界で戻りたい?

ツインレイ

ツインレイと関係を育むにつれて、2人はいずれ「サイレント期間」に入ります。

この期間には2人は、一時的に音信不通になるの期間とも言われていますが、この期間中に、ツインレイはランナーとチェイサーに分かれて、自分自身と向き合います。

その過程でランナーは、大きな後悔を抱えるそうですが、どういうことなのか気になりますよね。

ここでは、

・ツインレイランナーの後悔や降伏とは?
・ツインレイランナーの精神状態はボロボロ・限界で戻りたい?

これらについてお伝えしていきます。

ツインレイランナーの後悔とは?


ツインレイのランナーはサイレント期間中に最も後悔すると言います。

その理由は、愛しているのにパートナーから逃げてしまったことに対して。

本来は愛している人とは一緒にいたいもの。

しかし、自分に自信を無くしてしまい、愛する人と一緒にいることに耐えられなくなってしまいます。

その結果、愛する人から逃げてしまうのですが、思っていることと真逆の行動をしてしまったことに酷く後悔するのです。

愛する人と向き合う事から恐れてしまい、逃げてしまうんですね。

ツインレイランナーが後悔してボロボロになる理由は?


ツインレイのランナーが後悔する原因として、自分は相手にふさわしくないと言った思いが大きくなり、自信を失うのです。

ものすごくマイナス思考が大きくなっていくんですね…。

 

自分に自信が持てず、相手により多くを求めてしまう

ツインレイランナーは、相手に対してより多くのモノを求めすぎることから、逃げた後、ボロボロになって苦しんでしまうと言われています。

逃げた際に、ランナーたちの心には、チェイサーである相手への恐怖でいっぱいです。

その一方で、物足りなさや欲求の心もあるようです。

自分に自信がなく、相手にいろいろなものを求めすぎてしまう傾向が強くなると、最終的には心が疲れてしまいます。

頑張りすぎたけれど思っていた成果にはまだ及ばないと知った時に、ボロボロの状態でさらにダメージが強くなります

 

自分の浅はかさに気付かされる

ツインレイランナーは、実はチェイサーよりもずっと苦しみます。

自分から離れていくランナーに対して、どうして離れていってしまったのか、自分のどこが悪かったのかなど、しばらく思い悩みます。

しかし、ランナーはチェイサーよりもさらに複雑に悩むのです。

サイレント期間に突入した後、自分を見つめ直す期間としていろいろと気持ちの整理をしていくのですが、この行動は正しかったと頑張って自分に言い聞かせていきます。

しかし、心のモヤモヤが残り、苦しむのです。

更に時が経つと、正しいと思い聞かせていた選択は違うものだと気づいていきます。

チェイサーから逃げたランナーは、趣味や仕事に没頭してチェイサーの事を忘れようとします。

しかし、逃げる理由なんてなかったと後々気づいていくのですが、その時には戻りたくても戻れない状況になっていることが多いのです。

結果的に大きなダメージを追い、精神的にも不安定になってしまうでしょう。

精神的にボロボロになってしまうランナーですが、同時に前進するためのきっかけにもなっていきます。

 

ランナーが降伏しサイレント期間が終わりを迎える時はいつ?

チェイサーから逃げるランナーですが、その期間が一生続くわけではありません。

どこかで終わりが来ます。

では終わりが来るタイミングはどんな時なのでしょうか。

 

心が成長する

チェイサーから逃げ、自分自身の事で精一杯だったランナーも、ある程度時期が過ぎ去ると自分の気持ちに冷静に向き合うことが出来るようになっていきます。

お互いに心が成長していくタイミングでサイレント期間に終わりを迎えようとします。

お互いの心が成長すると、ありのままを受け入れることが出来る余裕が生まれ、トラブルが起こっても、以前とは違う冷静な判断で立ち向かうことが出来ます。

そして、今度こそ2人は穏やかに関係を築いていくことが出来るようになるのです。

辛い過去があるからこそ、お互いに成長することにつながるんですね。

 

お互いに信頼しえる関係へ

サイレント期間が本当に終わりを迎えるのは、お互いへの信頼が以前よりも深まっているかどうか。

お互いに魂のランクを上げ、精神的にも肉体的にも新しく生まれ変わっているかが重要になります。

どちらかだけが成長していても、どちらかが変わっていなければサイレントの終わりとは言えません。

一旦よりを戻したとしても、またお別れする時が訪れます。

お互いに成長しなければそれの繰り返し…という事になりますね。

お互いに成長していくことで、お互いの欠点を受け入れることが出来るようになっていきます。

欠点を欠点として感じなくなる場合もあるかも!

お互いの欠点を受け入れることが出来るようになっていくと、信頼関係もより高まっていき、お互いに魂から成長をすることが出来て、サイレント期間に終わりを告げようとするのです。

 

サイレント期間中にチェイサーにできること

サイレント期間は、ランナーは傷ついて精神的にボロボロになっていきます。

しかし、チェイサーも全く傷ついていないわけではありません。

サイレント期間中にチェイサーが出来ることとは何でしょうか。

ただランナーを待っているだけでは成長できません。

チェイサーも成長するために、自分を磨かなければいけません

 

チェイサーも自分から逃げないこと

ランナーがチェイサーの元を離れると、チェイサーはランナーへの執着心でいっぱいになります。

執着する気持ちが大きくなると、チェイサーは自立することから逃げてしまうのです。

サイレント期間は、自分を成長させる期間でもあり、この期間に自立をするようになることが目的でもあります。

サイレント期間中は、お互いに執着から離れて、自分を磨くことに専念しましょう。

執着を手放すことで、再会の時期が急速することでしょう。

 

ツインレイランナーの後悔とは?ボロボロ・限界で戻りたい?まとめ

ツインレイが後悔する理由として言われるのが、自信を失い、愛するパートナーから逃げてしまったこと。

チェイサーはランナーガ離れたことで執着する気持ちが大きくなってしまいます。

執着する気持ちを捨てて、今までと変わらずツインレイを愛し、自立するために自分を磨きましょう。

ランナーが後悔するのは、チェイサーの事を愛しているからです。

お互いに、今の現状を受け止め、再開に向けて自立できるように進んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました