浦島坂田船が炎上した理由は?メンバーの問題行動も暴露!

浦島坂田船の炎上理由 浦島坂田船

2020年9月6日に男性音楽グループの「浦島坂田船」のファン(=crew)同士が結婚をしたことから、crew婚と言う言葉がSNS状で話題になりました。

「浦島坂田船」がどんな音楽グループなのかを調べてみると、過去に炎上していたことが大きく話題になっています。

「浦島坂田船」の炎上についていろいろな理由での炎上があるようですが、詳しく調査しました。

今回は

・「浦島坂田船」が炎上した理由
・メンバーの問題行動

についてお伝えしていきます。

浦島坂田船が炎上した理由は?

「浦島坂田船」が炎上した理由についていくつか挙げてみました。

炎上①:メジャーデビューで炎上?

2016年にビクターエンタテイメントよりアルバム「CRUISE TICKET」を発表しメジャーデビューを果たしました。

しかし、このメジャーデビューが炎上を引き起こしています。

その理由は、歌が下手だと言われていること。

実際に聞いてみましたが、特別下手と言う印象は受けませんでした。

下手ではないけど、CDデビューするほどでもないよねと言ったところでしょうか…。

これからどんどん成長していくのかもしれませんね。

キョウ
キョウ

イケメンでダンスが上手なのも魅力の一つなのかな!

炎上②:チャンカパーナで炎上?

「浦島坂田船」が、NEWSのチャンカパーナをカバーし、ネットで炎上しました。

6月2日に「浦島坂田船」が、ジャニーズNEWSの曲「チャンカパーナ」をニコニコ動画で披露した際に起こりました。

「浦島坂田船」のファンからは、「めっちゃ感動した」「もはやアイドルじゃないですか」「すごい良かったです」など、称賛の声があがります。

一部の「浦島坂田船」信者から、「本家よりこっちの方がよい」「NEWSよりも上手に感じた」「ジャニーズよりもやっぱり上手い」などと発言したことからNEWSファンから反論的な声が殺到し、炎上しました。

これは、「浦島坂田船」のファンが炎上を引き起こしていますよね…。

炎上③:イナイレで炎上?

TVアニメ「イナズマイレブン オリオンの刻印」のEDテーマを担当することになった「浦島坂田船」。

浦島坂田船がアニメのEDを担当することに対し、彼らのファンであるcrewからは称賛の声が上がった一方、イナズマイレブンのファンから批判的な意見が殺到しました。

浦島坂田船が名指しで批判されたことにcrewが激怒し、イナズマイレブンのファンとcrewの間で喧嘩が勃発し、浦島坂田船は両者の小競り合いに巻き込まれ炎上する結果に…。

ファンもアンチも、歌い手に迷惑をかけないようにマナーは守らなければいけないと思います…。

炎上④:crewとすとぷリスナーの炎上?

浦島坂田船のファン(=crew)とすとぷりのファン(=すとぷリスナー)と対立していることから炎上が起こりました。

2グループとも歌い手が集まって結成されており、似ていることからも、ファン同士が対立することは多いようですね!

炎上を起こしているのは「すとぷリスナー」なのでしょうか?

キョウ
キョウ

すとぷりも炎上が多いって聞くよね。

炎上⑤:オキニリストが不正入場で炎上?

「オキニリスト」と言う言葉を一番最初に聞いたときは、頭の中が「?」になると思います。

これら言葉は、新米アイドルオタクがぶち当たる壁「オタク用語」や「ジャニーズ用語」とも言われている共通言語であり、お気に入りの略のことを言います。

つまり、自分たちのお気に入りのファン2人を、不正入場させたという理由で炎上したというわけです。

ここに関しては、運営会社が不正入場の事実を認め一段落しましたが、crewの間ではしばらく話題になっていましたね。

本人たちはその2人との関係を否定していますが、真偽は不明です。

浦島坂田船メンバーの炎上は?

上記では「浦島坂田船」の炎上についてお話ししましたが、下記ではそれぞれメンバーの炎上についてお伝えします。

うらたぬきの炎上は?

うらたぬきの炎上理由はなんだったのでしょうか?

炎上①:A24さんを相手にした炎上

A24さんとは、うらたぬきさんが組んでいたグループ「銀塊ラバーズ」のメンバーです。

A24さん相手に巻き起こした炎上は2011年に起こりました。

うらたぬきさんが女性ファンや女性配信者に手を出していると、あらぬ噂がたったことがあり、その女性というのがあろうことか未成年だったというのです。

そのことに関して、うらたぬきさんは完全に否定こそしました。

しかし、A24さんはこの噂に対して厳重に受け止め、「銀塊ラバーズ」の活動休止と共にうらたぬきさんとの今後一切の付き合いを止めることを公言し、解散を発表してしまったのです。

このことに関して、SNS上では

「一方的すぎる」「ガセネタを真に受けすぎ」
という否定的な意見と、「当然のこと」
と言った肯定的な意見とで、2つの意見に分かれました。
そして、意見が分かれたファン同士で、荒らし合うという事態に発展してしまったことから、A24さんは歌い手を一度引退する決意をしました。

A24さんは思い詰めるタイプの人なのでしょうか。

もう少しうらたぬきさんの意見を尊重すればよかったのかもしれませんね!

炎上②:リスナーを相手に巻き込み動画が炎上?

この炎上が起こったのも2011年の話です。

内容としては、うらたぬきさんが二周年を記念した自分の動画チャンネルの生配信中にリスナーの顔写真を無断で放送してしまったことから炎上が起こりました。

リスナーとしてはうらたぬきさんを信頼して顔写真を送っているにもかかわらず、無断で生放送されてしまったら炎上しますよね…。

志麻の炎上は?

志麻の炎上理由はなんだったのでしょうか?

炎上①:冬梨との交際による炎上騒動

2009年ごろ、ニコ生主の「冬梨(ふりゅ)」という、当時17歳の女性と交際していました

付き合っていることを視聴者にも公表し、祝福されるほどだったのですが、志麻さんは当時未成年の冬梨と行為をし、そのあとに別れを告げています。

この「ヤリ捨て」とも取れる行動に、大炎上しました。

さらに、冬梨が「妊娠したのでは?」と視聴者の間で噂され、炎上はさらに加速します。

さらに加速した騒動について、冬梨は結局妊娠していなかったのですが、志摩が避妊もせずに行為を行ってしまったことは事実とし、志摩は謝罪をして自身のコミュニティを閉鎖しました。

冬梨も無防備な面があったと、視聴者から批判的なコメントを受け、騒動後に引退宣言をして引退しました。

この騒動は2021年の今でも、志摩のアンチのなかで語られています。

炎上②:リスナーと、5年間におよぶオフパコ関係が暴露され炎上

2つ目の炎上は「女性リスナーとのオフパコ」が暴露されたこと。

オフパコが暴露されたきっかけは、暴露系ユーチューバーのコレコレの配信に、

「志麻と5年間関係があった」という女性リスナーが登場し、志麻とネット上で交流を持ち、イベントで初めて会って、その後オフパコしたと暴露しました。

しかし、その女性リスナーは、志麻と「付き合う」などの話しも出ましたが、実際にお付き合いはしていませんでした。

実際には志摩はオフパコはしていないと、騒動を否認しています。

オフパコしている証拠もないので、デマなのではないかと思われます。

実際にないことで炎上されるのは本人にとったら迷惑な話ですよね…。

となりの坂田の炎上は?

となりの坂田(あほの坂田)さんが中国産のものを購入し、Twitterにて

「中国産には気を付けよう」とツイートしたことから炎上しました。

コメントでは「中国産を悪く言うな」「お前が使っているグッズも中国産だろ!」
などの批判的なコメントを多くもらったそうです。

それに対し、となりの坂田さんは謝罪をしています。

センラの炎上は?

素顔がイケメンで有名なセンラさん。

センラさんにも過去に炎上がいくつかありました。

炎上①:センラの浮気

センラさんが浮気で炎上したのは2012年頃で、私生活でお付き合いしている人がいました。

ですが、お付き合いしている人がいながらも、ファンの女性と関係を持ってしまい、それが視聴者にバレて炎上してしまいます。

もちろん、そのことは彼女の耳にも入ります。

炎上に対してセンラさんは謝罪をし活動を一時休止!

現在は復帰されていますが、当時お付き合いしていた女性とは炎上してからお別れしており、現在はフリーなのだそうです。

炎上②:複数のリスナーとの関係

2016年の9月頃。

騒動のはじまりは、リスナーAが「センラと付き合っているのでは?

という噂から始まり、その直後に、ほかのリスナーたちからも、センラとのLINEやツイッターの会話をあげだします。

その結果、複数のリスナーに手を出していると、視聴者の間で炎上をしました。

この騒動をきっかけに、センラのファンを辞めると言い出す人まで出てきました。

しかしこの騒動に関し、センラさん自身は何も説明や謝罪はしていません。

リスナーAや、その他の女性と関係があったとする情報は、確定的な情報ではなく、あくまでも“視聴者の噂”なのでしょうね。

センラさん自身が原因ではないにしても、この炎上騒動は今も、アンチの間で語られています。

浦島坂田船の炎上理由まとめ

「浦島坂田船」の炎上理由についてまとめました。

「浦島坂田船」としての炎上もありますが、その多くはファンの行動によって炎上が起きたと言ってもいい内容も。

また、メンバーそれぞれにも炎上の理由がありました。

炎上が多い「浦島坂田船」ですが、それくらい人気があると言う意味にもとれるのでしょうか…。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました